木の家具UMEKAWA くらしの話 ティオペペタイムス

tiopepeume.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2019年 01月 03日

月と星

昨日、朝6時過ぎ、台所の窓から見えた景色です。
数日前から、明けの明星(金星かな)が山のすぐ近くで目立っていました。
すぐ近くに月も現れ、どこかの国の国旗みたいでした。
低い位置に雲が垂れ込めている様子で、見えたかなと思うと、消えてしまいます。
何とか粘って写真にとることができました。
c0145438_07064148.jpg
c0145438_07065522.jpg


# by Utiopepe | 2019-01-03 07:10 | その他 | Comments(0)
2019年 01月 01日

2019年 おめでとうございます

明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。
昨年は全国的に災害の年でしたが、我が家の周りはぎりぎりセーフ。
大きな事柄もなく何とか年を越すことができました。
まさに無事、事もなしでしょうか、とにかくよかった良かった。

今年のお飾りは、庭の南天とソヨゴです。
c0145438_07350217.jpg


# by Utiopepe | 2019-01-01 07:35 | Comments(0)
2018年 12月 24日

おっと、ビックリ

そこのけ そこのけ 庭木が通る
ビックリしたなー、突然目の前に、それも道路の真ん中です。

今年最後の納品旅行、愛知県に行った帰り道、新城市での出来事。
これが見事に綺麗に剪定されている大きな庭木でした。
c0145438_06295825.jpg
c0145438_06302227.jpg
c0145438_06304680.jpg



# by Utiopepe | 2018-12-24 06:35 | Comments(0)
2018年 12月 09日

さて、どうなるかな

今年初めてビニールハウスを導入しました。
春に建て、屋根だけにビニールを張り、トマトなどを育てていましたが、これからが本番です。

一昨日、側にもビニールを張り、冬の準備ができました。
c0145438_07272575.jpg
早めに植えた、祝蕾(しゅくらい)・春菊・タアサイ・ホウレンソウ・冬菜。すでに大きくなっています。
c0145438_07281522.jpg
祝蕾(しゅくらい)・白菜・キャベツ・セロリ・菜花・ルッコラなど。
c0145438_07290269.jpg
後から種をまいたホウレンソウ・冬菜・なばな・なども良い感じで芽が出ています。
c0145438_07293518.jpg
レタス・キャベツ・セロリなどは畑で生育が遅かったものを移植してみました。
c0145438_07301564.jpg
これで上手く行けば冬の信州で葉物が確保できそうです。
c0145438_07303991.jpg


# by Utiopepe | 2018-12-09 07:41 | | Comments(0)
2018年 11月 25日

山は雪

お宮から見える景色が変わりました。
春に枯れた赤松が切られ、遠くの山も虚空蔵山も良く見えるようになりました。
すでに紅葉は終わり、寂しい景色になりましたが、これからは雪の山が楽しみです。
左の方に見えるのがアルプス、今年初めてかなと思える雪です。

c0145438_07105998.jpg
c0145438_07112023.jpg



# by Utiopepe | 2018-11-25 07:12 | Comments(0)
2018年 10月 21日

鬼無里 キルト小屋

10月31日 まで キルト展をやっています。
長野市鬼無里えら畑5363 ☎026-256-3173
昨日、久々に行ってきましたけれど、昔の物から最新作までいっぱい展示してありました。
キルトも部屋の飾りつけも一見の価値あり、随所にこだわりが感じられます。
c0145438_07312764.jpg
c0145438_07400936.jpg
c0145438_07314574.jpg
c0145438_07321625.jpg
c0145438_07324317.jpg
c0145438_07331299.jpg
c0145438_07333610.jpg
c0145438_07342887.jpg
c0145438_07350035.jpg

行く途中の奇怪な景色、小川村のオリンピック道路沿いにあり、ビックリ。
作りものかと車で通りすぎましたが、確かめに戻りました。本物の山羊でした。


# by Utiopepe | 2018-10-21 07:41 | その他 | Comments(0)
2018年 10月 18日

そば 脱穀 2018

なかなか上手くいかないものです。今年の蕎麦、初期成育は良かったと思います、が、その後の雨で背丈が伸びすぎ、横に倒れて
再び立ち上がり、茎がからまり放題。挙句に今年の天候は雑草に合っていたのか伸び放題。
すべてがからまって、刈り取りには一苦労でした、その後何とかほどほどの天気が続き、脱穀となりましたが、またまた問題。天気は良かったのですが今一つ乾いていません。カラカラに乾かないと蕎麦たたきは難しい。

例年のように蕎麦たたきでは脱粒してくれそうにないので、足踏みの脱穀機で試してみました、が、駄目でした。
実と一緒に茎やら葉っぱやらが一緒に取れてしまいゴミが多すぎるし、大きな房はそのまま取れてしまい、後の処理が面倒になるだけとわかりました。

何とか工夫して写真のようにして脱穀を終了しました。なかなか良いアイディアでした。
コンテナボックスの上に乗っているのは、古くなった玄関の足ふきマット、この状態のところに蕎麦の束を一束ずつたたきつけます、ほとんど金網状態になっていますが、これが良かったのでしょうか?具合よく脱粒してくれました。来年もこの方式かな?

c0145438_07234987.jpg


# by Utiopepe | 2018-10-18 07:24 | | Comments(0)
2018年 09月 29日

よろしくお願いします。

米を作るようになって早くも15年になります。
稲作の右も左も分からない我が家にとって、稲葉光圀さんの書いた あなたにもできる「無農薬。有機のイネつくり」は
まさにバイブル。よくぞこの様な素晴らしい本を作ってくれました、言葉にできないくらい感謝をしています。
c0145438_11585804.jpg
c0145438_11591056.jpg
その稲葉さんがブータン王国で農業指導をしていて、困っている様子です。
出来れば少しでも協力したいと思い、このブログに載せました。
興味を持たれた方は、ホームページにアクセスしてみて下さい、よろしくお願いします。

https://readyfor.jp/projects/bhutan2020


# by Utiopepe | 2018-09-29 12:00 | Comments(0)