木の家具UMEKAWA くらしの話 ティオペペタイムス

tiopepeume.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2018年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2018年 10月 21日

鬼無里 キルト小屋

10月31日 まで キルト展をやっています。
長野市鬼無里えら畑5363 ☎026-256-3173
昨日、久々に行ってきましたけれど、昔の物から最新作までいっぱい展示してありました。
キルトも部屋の飾りつけも一見の価値あり、随所にこだわりが感じられます。
c0145438_07312764.jpg
c0145438_07400936.jpg
c0145438_07314574.jpg
c0145438_07321625.jpg
c0145438_07324317.jpg
c0145438_07331299.jpg
c0145438_07333610.jpg
c0145438_07342887.jpg
c0145438_07350035.jpg

行く途中の奇怪な景色、小川村のオリンピック道路沿いにあり、ビックリ。
作りものかと車で通りすぎましたが、確かめに戻りました。本物の山羊でした。


by Utiopepe | 2018-10-21 07:41 | その他 | Comments(0)
2018年 10月 18日

そば 脱穀 2018

なかなか上手くいかないものです。今年の蕎麦、初期成育は良かったと思います、が、その後の雨で背丈が伸びすぎ、横に倒れて
再び立ち上がり、茎がからまり放題。挙句に今年の天候は雑草に合っていたのか伸び放題。
すべてがからまって、刈り取りには一苦労でした、その後何とかほどほどの天気が続き、脱穀となりましたが、またまた問題。天気は良かったのですが今一つ乾いていません。カラカラに乾かないと蕎麦たたきは難しい。

例年のように蕎麦たたきでは脱粒してくれそうにないので、足踏みの脱穀機で試してみました、が、駄目でした。
実と一緒に茎やら葉っぱやらが一緒に取れてしまいゴミが多すぎるし、大きな房はそのまま取れてしまい、後の処理が面倒になるだけとわかりました。

何とか工夫して写真のようにして脱穀を終了しました。なかなか良いアイディアでした。
コンテナボックスの上に乗っているのは、古くなった玄関の足ふきマット、この状態のところに蕎麦の束を一束ずつたたきつけます、ほとんど金網状態になっていますが、これが良かったのでしょうか?具合よく脱粒してくれました。来年もこの方式かな?

c0145438_07234987.jpg


by Utiopepe | 2018-10-18 07:24 | | Comments(0)