木の家具UMEKAWA くらしの話 ティオペペタイムス

tiopepeume.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:田んぼ( 144 )


2019年 08月 16日

Wild

今年で二年目になりますが、ノギが長い品種のもち米です。

c0145438_18400601.jpg
知り合いから分けてもらったもので「長毛もち」と言っていましたが、
正式な名前なのかは分かりません。
とにかくワイルド、見た目が野生的で気に入っています。
写真の奥の方、山沿いの方にはうるちの「ヒトメボレ」が植えてありますが、
c0145438_18403471.jpg
こちらも穂が出揃うのにあと少し。
今日の台風の強い風で少し傾いてはいますが大丈夫でしょう。


by Utiopepe | 2019-08-16 18:41 | 田んぼ | Comments(0)
2019年 06月 29日

田の草取り

田植えが5月31日、苗も随分おおきくなり分株もすすんでいます。
油断をしていると雑草に負けてしまう、そろそろ草取りのタイミングです。
2枚やっている下の田のほうは今年はアミミドロや水草が全面を覆い、
ほとんど雑草の心配はなさそうです。
c0145438_06333155.jpg

いつもは家の前の下の田しか見ていませんが、上の田を見てみたら。
これはそろそろ限界、あまり大きくしてしまうと大変です。

c0145438_06334807.jpg
かき混ぜた後は水も濁り、雑草の子供も水面に浮いてきます。
c0145438_06340158.jpg

昔は這いつくばって手の指で土をかき混ぜたそうです、が。
立った姿勢で作業ができる「八反取り」と言うのがあり、それを使いました。
ずいぶん楽になっているとは思いますが、それでも大変。

広い50畳くらいの部屋の床をデッキブラシで丁寧にこするような感じ。
なおかつ足場が悪い、苗を傷めないように気を遣う、おまけに雨が降ったりやんだり。
恵みの雨ではありますが、雨具を着ると暑い、着なけりゃ濡れて寒い。
結構つらい作業ではありますが、田んぼの中は天国。

カエルは数知れづ、トンボになるやご、その他いろいろの虫、草、花。
すごい世界に自分がいることに驚きます、これで1年分のコメが取れる。
田んぼ、畑の世界は豊かです、あまり人間がかかわらなければ。


by Utiopepe | 2019-06-29 06:34 | 田んぼ | Comments(0)
2019年 01月 07日

ブータン王国に幸あれ

昨年9月29日のブログで寄付をお願いしました。
そのクラウドファンディングで758万円が集まり、ブータン王国に岩石を粉砕する機械が送られました。
先日お礼の冊子が届きましたので、その報告です。
c0145438_07164559.jpg

700万円を目標にしていましたが最終的には758万が集まったそうです。
トラクターは現地の物が使えれば使い、砕石機と搾油機の購入費用に充てるそうです。

稲葉光圀さんの文章がとてもよかったので載せます。
c0145438_07165520.jpg

天国に最も近い幸福の国ブータンが循環型の有機農業によって
自給率100%を実現できれば、日本を含めたアジアの国々の
模範となります。それは長い支配と従属、貧困と屈辱の歴史からの
決別でもあります。
50年後を夢見て前進したいと思います。
            2018、12   稲葉記


by Utiopepe | 2019-01-07 07:18 | 田んぼ | Comments(0)
2018年 09月 02日

あと一息

田んぼの水を切りました。
周りの田んぼはお盆過ぎにすでに水を止めています。
田植えの遅い我が田んぼは、やっとここまで来たといった感じです。
9月に入り雨勝ちの天気に変わり、この先のことが心配です。

今年は春の苗づくりで失敗。もち米は全滅で近所の人に苗をもらいました。
手前の背が高くて、色が少し黒いのがもち米。
c0145438_18035717.jpg

モミについているノギ(毛のような物)が長い品種で古代米に近いのかも。
c0145438_18041435.jpg
こちらがうるち米のヒトメボレ、もち米と随分違います。
c0145438_18042968.jpg




by Utiopepe | 2018-09-02 18:08 | 田んぼ | Comments(0)
2017年 09月 27日

稲刈り終了 2017年

晴天続きで、稲刈り日和。
機械の調子も良く、田んぼも乾いていて作業がしやすいベストコンディションでした。
朝から初めて、夕方5時ころ終了。
c0145438_9472162.jpg

翌朝の景色。ヒガンバナ・ハザ掛け・家。こちらにはまだお日様が来ていません。
c0145438_9474577.jpg
c0145438_948911.jpg

ヒガンバナとはよく言ったものだ、お彼岸の頃に咲くんですね。しかし、
毎年この花を見て不思議に思う、美しいのか?それでも引き付けられる。
ちょっと怖い感じもあり、異質な何か独特の空気感もあるような・・・
c0145438_9482478.jpg


by Utiopepe | 2017-09-27 10:10 | 田んぼ | Comments(0)
2017年 08月 29日

水を切る

28日、朝、水路の水を止め、水尻(水の出口)を全開にしました。
今年の稲、今一つの生育で、いつ水を切るか決定しかねていました。
この2・3日の晴天と高温でずいぶん生育が進みましたので、水を止める。
昨年は忘れていたら刈り取りの時苦労したので、畔シートも抜き取る。

畔の草刈りも例年であるならば盆前ですが、カメムシの害が気になりのびのびになっていました。
やっと昨日全面を刈り終わりましたが、草を刈りながら田んぼを見たら、
どうもイノシシが歩いた様子なので、合わせて電気牧柵を設置。

家の田んぼは米ぬかを撒くので、その匂いに誘われてイノシシが来るのかな?
米作りも終盤戦、風で倒れないか、イノシシは大丈夫か?いつ刈るんだ?

c0145438_8203975.jpg

c0145438_820518.jpg
c0145438_821643.jpg


by Utiopepe | 2017-08-29 08:22 | 田んぼ | Comments(0)
2017年 06月 02日

田植えです

朝5時起床、雨。結構な降り方をしていました。
ネットで気象庁のHPを見て検討、3.4時間後には雨も上がりそう。
レーダーナウキャスや高解像度ナウキャスの情報はとても便利でよく使う。
早速、落水に行き、食事の後散歩、体操、田植えの下準備を終え、7時過ぎスタート。

先ずは線引き。基本になる紐を張り最初はそれに沿って線を付けます。
2回目からはすでに引いてある線に沿わせます。
c0145438_5404187.jpg

手前に見えるのが自作の線引き、2010年に作り少し改善しましたが基本的にはOK。
真っすぐに跡をつけるのはなかなか難しい、土が露出している部分では引っ掛かってしまう。
c0145438_5405942.jpg

縦の長手がすんだら横、なるべく線を踏まないように、足元に注意です。
c0145438_5411476.jpg

今年の苗。土を変えたので心配していましたが何とかなりました。
ご近所さんも皆、今年の苗は背が伸びないそうで、我が家も同じ。
しかし根張りも良いし、しっかりしたまずまずの苗に仕上がり、まずは第一関門を突破。
c0145438_5413280.jpg

既定の位置に苗を植えていきます。
c0145438_5415161.jpg

夕方、苗の植え揃った田んぼは、ほれぼれと見とれてしまう。
c0145438_542767.jpg

今年からの新たなやり方、水をポリのチューブで遠くに運び、温めてから田んぼに入れます。
その脇には、枯れ草を温水たい肥用に投入。
c0145438_5422933.jpg


by Utiopepe | 2017-06-02 06:10 | 田んぼ | Comments(0)
2017年 04月 28日

2017年 苗

4月18日に種まき、19日にトンネルに伏せこみました。
1週間で目が出たのを確かめ、そのままアルミ蒸着のシートをかけたまま置きました。
昨日の夕方に確かめたら、思っていたより芽が伸びていたので、本日水を張りました。

パレットを伏せこみ、その上にアルミ蒸着シートをべた掛け、
農業用ビニールでトンネルを作り、その上に保温シートをかぶせていました。
c0145438_20241472.jpg

保温シートと農業用ビニールを取ったところです。
c0145438_20243078.jpg

全てをはぎとり始めてお日様にあたった稲の苗。2センチくらいかな。
c0145438_20244540.jpg

パレットの上面まで水を張り今日の作業は終了。
昼間に水が温められ、夜間に湯たんぽの役目をしてくれます。
後は時々水を足し、苗が大きくなるのを待つだけです。
c0145438_2025058.jpg


by Utiopepe | 2017-04-28 20:33 | 田んぼ | Comments(0)
2016年 10月 07日

2016年 脱穀終了

まー何と言いますか、困った年でした。
ひと月前にバインダーで刈り取り、はざ掛けした稲から芽が出た人が続出。
お日様の拝めない日が続き、挙句に長雨、湿気が抜けなくてかびてしまった稲の話もあります。
昨日はまれにみる快晴、良く乾いたかなと言う事で、含水率を調べに農協に行って来ました。
山ぎわで登熟の遅れた場所① 平均的な場所② 朝一番に陽があたり出来の良かった場所③
想像していた結果でしたが、山ぎわ① は乾燥不足で工夫が必要です。
自家用の場合16%、販売目的だと14%から15%くらいが目安だそうです。
c0145438_1858274.jpg

10時前に準備は完了、問題が出なければ良いのですが。
c0145438_1944838.jpg

無事脱穀を終了、例年ですと一輪車でふた袋づつ坂道を運ぶか、耕運機にトレーラーを付け運んでいました、が今年は新しい働き手が来ました。
スバルのフォレスターです。女房が乗っていたR2とキャラバンをやめて一台にしました。
巷ではSUVとよばれるタイプの車ですが、うちでは MUV かな。
MUV マルチ ユーティリティ ビークル 家の生活にぴったりはまりそうです。
田んぼに入る大きなギャップもぜんぜん平気、これで蕎麦も運べそうです。
c0145438_195172.jpg


先日4日がかりで刈ったソバ畑は、島立てしてある物を10日ほどで脱穀します。
ソバ畑は耕転して、月末には小麦を蒔きます、秋は忙しいなー。
c0145438_19271084.jpg

雨が降ったら仕事もします、作りたいイメージも溜まってきますが、まずは農作業。
あとちょっとで仕事場にこもる季節になります、もうすぐです。

by Utiopepe | 2016-10-07 19:32 | 田んぼ | Comments(0)
2016年 09月 30日

彼岸花

マンジュシャゲ・曼珠沙華 どこか名前が恐ろしげ。
なかなか見ごたえのある花だとは思いますが、活けるのはちょっとためらう。
ネットで見たら、毒があるので要注意らしい、触らなくてよかった。

c0145438_18404521.jpg
c0145438_18412564.jpg


なかなか、かわいらしいでしょ。
花の命は短く、あとは白く変色して枯れ、花が見えなくなってから葉が出てきます。
c0145438_18414188.jpg


by Utiopepe | 2016-09-30 18:46 | 田んぼ | Comments(0)