木の家具UMEKAWA くらしの話 ティオペペタイムス

tiopepeume.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:仕事( 137 )


2019年 09月 01日

松本 蔵シック館 2019

すでに最終日。今日で終わりです。
なかなか良い感じに展示が出来ました。
Pelle のニットも、家具も建物になじんで見えました。

c0145438_09422258.jpg
c0145438_09423732.jpg
c0145438_09425127.jpg
c0145438_09430453.jpg
c0145438_09431605.jpg
c0145438_09432938.jpg
c0145438_09434868.jpg


by Utiopepe | 2019-09-01 09:44 | 仕事 | Comments(0)
2019年 08月 17日

自宅で展示会

仕事場2F展示室での展示会、始まりました。
思いもかけない人が来たり、久しぶりの展示会初日になりました。
明日の日曜日、来週の土日、そして松本市内の展示会と続きます。
c0145438_17555892.jpg
c0145438_17561596.jpg
c0145438_17564314.jpg
c0145438_17565711.jpg
c0145438_17563064.jpg


by Utiopepe | 2019-08-17 17:58 | 仕事 | Comments(0)
2019年 07月 22日

2019年 工房展

2019年 工房展

今年の2月よりターニング(西洋式ろくろ)を始めたことはブログで紹介していました。
今までに家具製作に使った色々な木の端材を使って、練習と制作をしてきました。
それなりの数もでき、皆様に見ていただけるような物もできたかなと思います。

我が家では自ら作った器を連日、様々な形で使っていますがなかなか良い物です。
自分で作る前は、木の器と言えば、東南アジアあたりの重量があり、
かなりの量産をしているであろう品物しか思いつきませんでした。
実際、日本の木で作って、使ってみたら、まず軽い、木目がきれい、料理に合う、
これは宣伝してみんなに使ってもらおうと思いました。

そこで工房展を計画しました。
新しく作った木の器、新作家具、まだ見ていただいていない家具など、など。
古い物は ディスカウント もしようと考えています。
c0145438_06163611.jpg

日程は下記のようになりますが、他の日時でも連絡をしていただければ、
見ていただけますので、ご相談をして下さい。

8月 17(土) 18()  土だけ午後1時より 観ていただけます。
   24(土) 25()  自宅仕事場の2階 展示室です

8月 30(金) 31(土)  9月 1(
この3日間は松本市中町にある「蔵シック館」での展示会です。
時間は10時~17時、 9/1最終日は16時までです。

蔵シック館 での展示は、現在ニット作品を制作・販売している娘との二人展になります。
見ていただける作品も沢山あると思いますので、是非お出かけ下さい。



by Utiopepe | 2019-07-22 06:19 | 仕事 | Comments(0)
2018年 07月 11日

再び赤松伐採 

あー、また、木を切ることになりました。
暑い、急斜面での作業はしんどい、とうぜん危険です。
たまたまカメラを人に任せて作業をしていましたが、変わった写真が撮れました。
一回シャターを押すと、色々なパターンの写真がセットで撮れてしまう。
あーあと思いましたが、家に帰って見てみて、びっくり。
なかなか面白い写真が撮れていました。

c0145438_06053438.jpg
c0145438_06060546.jpg
c0145438_06062516.jpg
c0145438_06071187.jpg
c0145438_06073360.jpg




by Utiopepe | 2018-07-11 06:10 | 仕事 | Comments(0)
2017年 12月 17日

伐採

自宅から車で5分とかからない所に山の神の祠があります。
山の神の鳥居の前は道路、その先はちょうど岬のように川原に突き出し、
そこに大きなもみの木が隠れています。

周りの木を整理して景観を良くするための伐採です。
が、これが大変。
人のやっているのを見るとそれほど大変そうに見えない。
いざ自分でやってみると、まったく手も足も出ない状態。
ちょうど、鶏を殺す時に頭がパニック状態になる様な感じ。
でかい木を目の前にして、どこから手を付けていいかわからず、うなってしまう。
どうしよう?少しずつ慣れては来るが、やはり大変な仕事でした。

c0145438_06545587.jpg
c0145438_06555206.jpg
こんなきれいな株立もありました。
c0145438_06563034.jpg
それにしても命がけの仕事です、軽い気持ちではできませんでした。



by Utiopepe | 2017-12-17 07:00 | 仕事 | Comments(0)
2017年 10月 31日

木の家具+Knit 展

初日は晴れ、2日目は雨、最終日は台風がまさに通過していきました。
土砂降りの雨の中、車へ家具を積み込み。家具も自分もびしょ濡れ。
積み込みが終わるころには雨が上がり、ラッキーなのかアンラッキーなのか。
とにかく無事に展示会も終了しまして、信州に帰ってきました。

今朝、家の外は真っ白、車の窓ガラスは凍り付きバリバリ、さすが信州です。
寒いけれど空気がうまい、やっと深呼吸ができました。

c0145438_112568.jpg
c0145438_11253382.jpg
c0145438_11255433.jpg
c0145438_11262286.jpg


狭い空間でしたが、自分なりに良い展示会ができたと思っています。

by Utiopepe | 2017-10-31 11:31 | 仕事 | Comments(0)
2017年 10月 04日

漆留め掻き

c0145438_19522312.jpg
c0145438_19524329.jpg

16回傷を付け、今日最後の大きな傷をもお一度付けて終了でした。
普通、一本の木から採れる漆は200cc程度と言われています。
今回は細かくはまだ計っていませんが、1000cc以上採れていそうです。
大きな木でなおかつ立地条件も良かったからでしょう。

今日の作業を留め掻きと言いますが、本来ならもお一度、殺し掻きの傷を付けます。
その後、11月頃に水をあげなくなったら切り倒します。
今回はこのまま11月の末くらいまで置き、切り倒すつもりです。
傷だらけで気の毒です、自分で傷を付けましたが、お疲れさまでした。

by Utiopepe | 2017-10-04 20:09 | 仕事 | Comments(0)
2017年 08月 12日

漆掻き 9辺目

気象庁が梅雨明け宣言をしてから後、降り続いていた雨もひとまず終了した様子。
それでも気象庁の予報では、毎日にわか雨の予報になっています。

漆掻きに雨は禁物。葉先が濡れているのもダメ、幹が湿っているのもダメ、
傷を付けた後に傷口に雨がかかるのもダメ、この時期はタイミングがむずかしい。
最悪の場合、漆の出が止まってしまうそうです。

雨の合間をみて、中3日か4日もしくは5日くらいで山に行っています。
今回の漆の木、今までで一番の大木、沢の近くの立地条件もあり良く出ます。
普通、傷を付け3回ほど掻き採れば黒くなり、ほとんど漆は出なくなります。
しかし今回は違いました、下の幹に傷を付けた直後は噴き出るよう、
2回目もたっぷり溜まります、3回目・4回目と少しづつ減っていきますが、
10回以上採っても出てきます。
梯子を上り上の段、で主幹で5回、脇枝で2回か3回は掻き採っています。

たった一本の木ですが、2時間以上の作業が続きます。
立ったり座ったり、木に登ったり下りたり、傷を付け、掻き採りの繰り返し、
待ったなしの2時間は過酷です。がすでに9回目になりました。

c0145438_7501.jpg


c0145438_751577.jpg


by Utiopepe | 2017-08-12 07:05 | 仕事 | Comments(0)
2017年 06月 24日

漆 目立て

2008年6月13日、2012年6月26日 と二回やった漆掻き。
今年で3度目、先週に下見に行き、昨日目立て(辺付け)をしてきました。

家から車で5分、そこから山道を歩いて4分、沢沿いのくぼ地の漆の木。
知り合いの山のお墓への通り道にあり、邪魔者扱いされていた木です。
c0145438_6465237.jpg

逆側から見ると、山と一体化して見えます。
大きな木ですがどこにも傷もなく陽の良く当たる場所で沢沿いで湿気もあります。
周りにあまり木がないので、アケビの蔓がわずかに3本ほどからまっていただけでした。

c0145438_6471952.jpg

大きな葉っぱもほぼ全開、たくさんの漆が採れそうです。
c0145438_6473725.jpg

足回りの草を刈り、からんでいたアケビの蔓を外し、傷をつける場所を決め、
梯子を作り、少し皮をはぎ、小さな傷を付けて今日の作業は終了。
c0145438_6481986.jpg

高い所に上ったら、隣にも漆の木があるのを発見、2本から漆をいただきます。
c0145438_6483683.jpg


by Utiopepe | 2017-06-24 07:03 | 仕事 | Comments(0)
2017年 02月 25日

子供椅子

注文で子供椅子を作りました。
テーブルで使うものと、座卓で使う畳の上の椅子です。
テーブル用は初めて作りましたが、まったくイメージが出てこなくて困りました。
自分の家でテーブルで食事をするようになった時には、すでに子供たちは大きくなっていましたし、
最近は家にこもり切りで、あまり小さな子供に会う機会もありませんでした。

一体どのような感じで、子供が椅子を使うのかを観察しなければ、家具はできません。
ファミリーレストランに子供が来る時間帯に行って観察するか?どうしよう?
結局、知り合いの程よい年頃の子供がいる家にお邪魔しました。

やっぱり、「百聞は一見に如かず」とは言いますがまさにその通りでした。
子供椅子を使う年頃や、椅子の座り方、昇り降りのしかた、どうしたら良さそうか、
何をしてはいけないのか、それなりに理解できました。

しかし、参考になればと思い、ネットで検索して見てみましたが、困りました。
何を根拠の寸法なのか、着目点はどこなのか、かなりいい加減な子供椅子がほとんど、
どうも椅子の文化の無い日本では参考になる物がないらしい。

そこで海外の椅子を検索して見たら、参考になりそうなものがチラホラと出てきました。
たまたまテレビを見ていたら、ノルウェーのレストランの映像に良さそうな子供椅子が、
あるじゃないですか、自分の頭の中で少しずつ固まりだしたイメージのような物が。

大体のイメージが決まってから、人間工学の本を久々に引っ張り出し。
またまた難問、体格を何歳の子供に決めるか、どこかに決めないと先に進めません。
赤ん坊から子供へなる過程は成長が早すぎる、驚くほどの成長です。

結論から言えば2歳半から3歳が使い始めで、小学校入学前くらいまでと決めました。
何とか使い方のイメージも見えてきて、やっと制作にたどり着きました。

c0145438_7233381.jpg



c0145438_7254362.jpg


by Utiopepe | 2017-02-25 07:33 | 仕事 | Comments(0)