木の家具UMEKAWA くらしの話 ティオペペタイムス

tiopepeume.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 06月 18日

たけのこ汁

c0145438_22565454.jpgc0145438_22192860.jpg


四賀の入り口に水、土曜日オープンする「しののめの道バザール」で、
今が旬のたけのこ(破竹)をどっさり買い、
無料サービスのたけのこ汁をごちそうになってきました。
帰宅後すぐに、ぬかをいれたお湯で茹でてアクをぬき、水煮のビン詰めを作りました。
夕食はたけのこ汁とビビンパ。
ビビンパは、たけのこ炒め、いりたまご、ひき肉いため、春菊ナムル、きざみレタスを
ごはんにのせて、コチュジャンであえていただきました。
ここ2,3年、6月にはこのたけのこ汁がかかせません。
身体が喜ぶ、山里の旬の味です。
 
作り方
    茹でてアクをぬいた破竹をできるだけ薄切りにする。
    鍋に水と破竹を入れて煮て、さば水煮缶をほぐして加える。
    信州味噌で味をととのえる。

たったこれだけの調理なのに、サービスのたけのこ汁を食べて思い出さないと
ついたけのこを厚く切ってしまい、ついさば水煮缶を入れすぎて、別物になってしまうのです。
新米信州人ですね。

SUMIYO

by Utiopepe | 2008-06-18 23:02 | 食卓 | Comments(0)


<< 木漏れ日のさんぽ道      スイカズラ >>