木の家具UMEKAWA くらしの話 ティオペペタイムス

tiopepeume.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 09月 26日

山が呼んでいる

稲刈りが23・24日で終了。晴れの日が続かず、雨ばかりで田んぼはぐちゃぐちゃ、田植えの時よりひどい。
一部の場所はバインダーで刈ることができましたが、半分以上を3人で刈り終えました。
バインダーでできるかなと思って入って行って、泥に埋まる、引き上げるのに大変な思いをする。
何度も繰り返し、時間と体力の消耗が半端じゃない、いっそ雨が降る前に手で刈ってしまえと頑張りました。

明けて翌日、案の定雨、やっぱ雨だよな、よく降っていました。稲刈りで疲れてはいましたが、なんとなく山が呼んでいる。
田んぼのすぐ横の山に入ったら、ありました。ほーら待っていました茸さん。
最初に会ったのは、初めてお会いしましたウラベニホテイシメジ、美味そうなんだな、これが。
一応とってきて、図鑑で調べてから、村のキノコ博士のところへも見てもらいに行きました。
c0145438_10114291.jpg
c0145438_10120046.jpg
次にお会いしたのはアカヤマドリさん、今年すでに小さいのを2回いただきました、たぶんあるはずと思っていましたが、
ありました。すごい存在感です。
c0145438_10121435.jpg
色々なキノコが散らばって生えている、毒キノコも食べられるのも混ぜこぜ、一本づつよく見て採ってきました。
左上 アミタケ 右上 大きなアカヤマドリ
右下 ウラベニホテイシメジ 右下 ボロボロの初茸
アミタケは茹でてから冷凍、ウラベニホテイシメジはすき焼き風にしていただきました。

追伸: 翌日、お宮への散歩道でそっくりなキノコを3本採りまして、昨日のすき焼き風鍋の残りに足して食べました。
   3人とも茸にあたったようです、おう吐と下痢。特に女房は重症、一番軽かったのが自分でひんしゅくをかいました。
   とうぶんキノコ禁止、当然の結果です。後の祭りとは思いますが、たぶんクサウラベニタケを食べたようです。


by Utiopepe | 2018-09-26 10:14 | Comments(0)


<< よろしくお願いします。      メンガタスズメガ >>