木の家具UMEKAWA くらしの話 ティオペペタイムス

tiopepeume.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 04月 24日

祝蕾(しゅくらい)

3月16日に伊豆に帰った時、友達の家の畑からいただいてきた中国野菜。
一月以上前の信州はまだまだ冬、緑の野菜は何もありませんでした。
畑で土を付けたまま抜き、そのまま鉢に移し持って帰り、日当たりの良い玄関に置きました。
レタスの代わりに外葉は生のままパンにはさんで食べ、
出てきた小さな芽は天ぷら、大きめの葉はザク切りで炒め物。
どのように食べても美味い。生の葉はレタスのように苦くならないし、
程よい苦みがなかなかのものでした。
遂に昨日、株元から切り、食べられそうなところは刻み、ひき肉と炒め食べつくしました。

味も良し、食べられる期間も長い、寒さにも強い、なかなか便利な野菜でした。
是非、今年の秋には育てたいな。


c0145438_06335845.jpg
c0145438_06341521.jpg


by Utiopepe | 2018-04-24 06:37 | | Comments(0)


<< ヒヨコが来た      高遠城址公園 >>