木の家具UMEKAWA くらしの話 ティオペペタイムス

tiopepeume.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2016年 09月 12日

つゆくさ

今年は幾度も草刈りをしました。雨が降り、お日様にも恵まれ、雑草、畑の作物ともに元気でした。

この土地に住むようになって20年、初めの頃はあまりに石の多い土地でびっくり。
こんな所で野菜を作ったり、花を育てたりできるのかと不安になりました。
全くの不毛の土地の様な場所には、白クローバとケンタキーブルーグラスの種を混ぜせっせと蒔き、
石だらけの畑は、バケツを持って回り、石を抜き続けました。

10年も経つころには表面状は普通に見える土地になりましたが、ひと皮むけば石だらけ、
まだまだ潤いの乏しい状態だったような気がします。
それが気が付いたら、移植したミツバ、ドクダミ、植えた覚えも無いユキノシタ、ツユクサも生え出し、
いつの間にか豊な土地になっていました。

女房が庭の草刈りの時に、群生しているツユクサを少し摘みテーブルへ飾ってくれました。
庭にあっても良く見ることもなく、あらためてじっと見れる事が幸せを感じさせてくれました。

c0145438_6564156.jpg


この花もよく見ると実に個性的、写真には撮れなかった、ほんの小さなおしべの5弁の黄色い花。
花入れは、以前京都に行った時に骨とう品屋で手に入れたインドの石の鍋。
それにしても、この青の存在感、脱帽です、生きている宝石。
c0145438_65744.jpg


by Utiopepe | 2016-09-12 07:07 | | Comments(0)


<< まどろみのティオ      溝切り ゲタ? >>