木の家具UMEKAWA くらしの話 ティオペペタイムス

tiopepeume.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2013年 09月 16日

ハツタケご飯

c0145438_8173940.jpg

9月になってからよく雨が降り、(ああ!降りすぎ)
散歩道にいろいろなきのこが生えはじめました。
今朝は“ハツタケ の生える道”になっていて、大収穫でした。
c0145438_8255958.jpg

ハツタケは身そのものはぼそぼそしていますが、煮出した汁は上品なよいうまみがあるので、
いつもはお吸い物のだしとして使っています。
今日はハツタケを豊富に使ってだしを取って、そのだしで発芽玄米を煮てみました。

材料 ハツタケのだし汁 3,5カップ  発芽玄米 1カップ オリーブオイル
    大根、人参のみじんぎり  納豆 みょうが、あさつき、天かす

作り方 
①鍋にオリーブオイル、大根、人参、発芽玄米を入れて炒める。
②ハツタケのだし汁をそそぎ、沸騰したら弱火で約1時間 煮る。
③途中様子を見ながら、塩、醤油少々で味をととのえ、好みの水分になったら火をとめる。
④蒸らしてから、納豆をあらくきざんで混ぜ、器にもり、みょうが、あさつき、天かすをトッピング。

リゾットというか、ピラフというか、まぜご飯というべきか、ハツタケのだし汁のうまみがつまった
しみじみした味わいのご飯は思わずよく噛んで、ゆっくり食べたくなる一品でした。

SUMIYO

by Utiopepe | 2013-09-16 08:57 | 食卓 | Comments(0)


<< 季節はうつろい      ティータイム >>