木の家具UMEKAWA くらしの話 ティオペペタイムス

tiopepeume.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2013年 01月 31日

タジン鍋で煮みそ

c0145438_16282918.jpg

煮みそは母がよく作ってくれた奥三河の郷土料理です。
いろいろな作り方、味があるとと思いますが、母のはだし汁を少なく、野菜から出る水分で煮たものでした。
簡単なようで、野菜の量、だし汁の量などがむずかしく、なかなか母の味にはとどきません。
きょうはタジン鍋で作ってみました。タジン鍋の、中で野菜の水分がこもって、下に降りてくるところ
が、煮みそ作りにぴったり。おいしくできました。

材料  
 大根、にんじん、ごぼう、里芋、ねぎ、こんにゃく、ねりものか油揚げ、だし汁、赤味噌、みりん

作り方  ①大根を大きめのささがきにして、鍋に敷く。
      ②ごぼうのささがき、にんじんのささがき、里芋の5ミリの輪切り、を大根の上に並べて
       その上にこんにゃくをちぎったもの、ひとくち大のねりもの、油揚げ、を並べ、
       ざくぎりのねぎを一番上に並べる。
      ③だし汁を50~100ccかけて、こまかくちぎった赤味噌適量を一面において、
       みりん少々をかける。
      ④弱火で20分~30分煮て、ふたをあけたら全体を混ぜ合わせる。
      ⑤七味とうがらしをかけてアツアツをいただく。
c0145438_1743666.jpg


SUMIYO

by Utiopepe | 2013-01-31 17:06 | 食卓 | Comments(1)
Commented by 転職の添え状 at 2013-06-28 02:28 x
とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!


<< 薪      仏壇の仮組 >>