木の家具UMEKAWA くらしの話 ティオペペタイムス

tiopepeume.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 07月 13日

現の証拠

c0145438_22182493.jpg

「げんのしょうこ」の花が咲きました。直径1センチほどの可憐な花です。
「現の証拠」という名前は、薬草で下痢などに対する効果が必ず現れるのでついたそうです。
夫は祖母が煎じて飲ませてくれた幼い頃の思い出があるそうです。
私は草木染めの染料として1度染めて見たくて、畑や庭で温存してきましたが大分増えたので、
茎葉500gを煎じて絹の帯揚げを染めてみました。鉄媒染で渋いねずみ色に染まりました。

SUMIYO

by Utiopepe | 2009-07-13 22:47 | | Comments(0)


<< キノコが出はじめました      大豆土寄せ >>