木の家具UMEKAWA くらしの話 ティオペペタイムス

tiopepeume.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2019年 08月 17日

自宅で展示会

仕事場2F展示室での展示会、始まりました。
思いもかけない人が来たり、久しぶりの展示会初日になりました。
明日の日曜日、来週の土日、そして松本市内の展示会と続きます。
c0145438_17555892.jpg
c0145438_17561596.jpg
c0145438_17564314.jpg
c0145438_17565711.jpg
c0145438_17563064.jpg


# by Utiopepe | 2019-08-17 17:58 | 仕事 | Comments(0)
2019年 08月 16日

Wild

今年で二年目になりますが、ノギが長い品種のもち米です。

c0145438_18400601.jpg
知り合いから分けてもらったもので「長毛もち」と言っていましたが、
正式な名前なのかは分かりません。
とにかくワイルド、見た目が野生的で気に入っています。
写真の奥の方、山沿いの方にはうるちの「ヒトメボレ」が植えてありますが、
c0145438_18403471.jpg
こちらも穂が出揃うのにあと少し。
今日の台風の強い風で少し傾いてはいますが大丈夫でしょう。


# by Utiopepe | 2019-08-16 18:41 | 田んぼ | Comments(0)
2019年 08月 15日

天然酵母のパン

おー、ぎりぎりセーフでした。
仕事に夢中になっていて、ころっと忘れてダメにするところでした。

c0145438_06210563.jpg
1年ほど前から、ご飯の入ったパンを焼いています。
 
焼く前日の仕込みは
 全粒粉(自家製)200g 玄米ご飯 300g サトウ大さじ 1杯
 水300cc  ここにとっておいた種(鬼無里の酵母)

翌日の朝一で
 強力粉(キタノカオリは製粉した北海道産)1,100g 前日に仕込んだ元
 サトウ大さじ2杯 塩小さじ 3杯 水425cc

一次発酵 夏は3時間ほどで2倍以上に膨らんでいます。
     冬になると6時間以上かかってしまいます。

c0145438_06211870.jpg
この時点で、次に使う「種」を少しとりわけ密閉容器に入れ冷蔵庫へ。
採り忘れると大変、絶対忘れてはだめ、今の「種」は分家先から帰ってきたり色々ありましたが、
10年くらいは使っています。何か所かに分家しています。     
成形は自宅のオーブンに合わせて4本のパン型に入れています。
型には、どういうわけかギー(インドの油)を塗っています、好きです。

2倍くらいに膨らんだら、焼きますが。
自宅のオーブンはリンナイのガスコンベックスオーブン。
外側の皮をあまり固くしたくないので、底に水を張った皿を置き。
焼く寸前に生地に水を霧吹きでかけます。

 オーブンは200度 30分 ソフト仕上げ のセットを忘れないようにします。

c0145438_06213325.jpg



# by Utiopepe | 2019-08-15 06:35 | 食卓 | Comments(0)
2019年 07月 28日

霧の鉢伏山

突然、思い立ち鉢伏山へ行ってきました。
c0145438_06234445.jpg
家から車で、がけの湯経由で1時間半。
家を出たときはまずまずの天気かなと出かけましたが、山の上は霧。
駐車場に着いた時は10メートルほどしか視界が無い、どうしようかと、
山頂までは800メートルほど、着くころには晴れ間があるかもと出発。
c0145438_06211203.jpg
c0145438_06201147.jpg
c0145438_06215361.jpg
c0145438_06213019.jpg

c0145438_06232279.jpg
c0145438_06221861.jpg
c0145438_06202772.jpg
c0145438_06205279.jpg
c0145438_06261161.jpg
c0145438_06263945.jpg
c0145438_06272192.jpg
c0145438_06274319.jpg
最初は歩道しか見えない状態でしたが、山頂では青空も見え、
時々は松本市、塩尻方面の下界もちらほら、帰りには高ボッチ経由で帰ってきました。
c0145438_06250667.jpg
c0145438_06244368.jpg
c0145438_06253998.jpg
c0145438_06280532.jpg
c0145438_06282793.jpg
c0145438_06225607.jpg

山頂への行きがけ、若い鹿が遠くの山からじっとこちらを見ていました。
帰りにも白いお尻を遠くの斜面に目撃、たぶん同じ鹿だろうと思いつつ下山。



# by Utiopepe | 2019-07-28 06:33 | その他 | Comments(0)
2019年 07月 22日

2019年 工房展

2019年 工房展

今年の2月よりターニング(西洋式ろくろ)を始めたことはブログで紹介していました。
今までに家具製作に使った色々な木の端材を使って、練習と制作をしてきました。
それなりの数もでき、皆様に見ていただけるような物もできたかなと思います。

我が家では自ら作った器を連日、様々な形で使っていますがなかなか良い物です。
自分で作る前は、木の器と言えば、東南アジアあたりの重量があり、
かなりの量産をしているであろう品物しか思いつきませんでした。
実際、日本の木で作って、使ってみたら、まず軽い、木目がきれい、料理に合う、
これは宣伝してみんなに使ってもらおうと思いました。

そこで工房展を計画しました。
新しく作った木の器、新作家具、まだ見ていただいていない家具など、など。
古い物は ディスカウント もしようと考えています。
c0145438_06163611.jpg

日程は下記のようになりますが、他の日時でも連絡をしていただければ、
見ていただけますので、ご相談をして下さい。

8月 17(土) 18()  土だけ午後1時より 観ていただけます。
   24(土) 25()  自宅仕事場の2階 展示室です

8月 30(金) 31(土)  9月 1(
この3日間は松本市中町にある「蔵シック館」での展示会です。
時間は10時~17時、 9/1最終日は16時までです。

蔵シック館 での展示は、現在ニット作品を制作・販売している娘との二人展になります。
見ていただける作品も沢山あると思いますので、是非お出かけ下さい。



# by Utiopepe | 2019-07-22 06:19 | 仕事 | Comments(0)
2019年 07月 18日

7月の庭

色々な花が咲いています。
ハマユウ
c0145438_10181909.jpg
c0145438_10174179.jpg
アガパンサス
c0145438_10183847.jpg
c0145438_10185658.jpg
ザクロ
c0145438_10200729.jpg
c0145438_10202075.jpg

昨年植えた、アナベル
c0145438_10194073.jpg
c0145438_10195476.jpg
桔梗
c0145438_10192638.jpg
c0145438_10191072.jpg
それと、びっくり。桔梗にヤマカガシ
c0145438_10215699.jpg
エッ、とまたビックリ。まさかのビワの実が実りました。
c0145438_10220883.jpg
c0145438_10221808.jpg


# by Utiopepe | 2019-07-18 10:26 | | Comments(0)
2019年 06月 29日

田の草取り

田植えが5月31日、苗も随分おおきくなり分株もすすんでいます。
油断をしていると雑草に負けてしまう、そろそろ草取りのタイミングです。
2枚やっている下の田のほうは今年はアミミドロや水草が全面を覆い、
ほとんど雑草の心配はなさそうです。
c0145438_06333155.jpg

いつもは家の前の下の田しか見ていませんが、上の田を見てみたら。
これはそろそろ限界、あまり大きくしてしまうと大変です。

c0145438_06334807.jpg
かき混ぜた後は水も濁り、雑草の子供も水面に浮いてきます。
c0145438_06340158.jpg

昔は這いつくばって手の指で土をかき混ぜたそうです、が。
立った姿勢で作業ができる「八反取り」と言うのがあり、それを使いました。
ずいぶん楽になっているとは思いますが、それでも大変。

広い50畳くらいの部屋の床をデッキブラシで丁寧にこするような感じ。
なおかつ足場が悪い、苗を傷めないように気を遣う、おまけに雨が降ったりやんだり。
恵みの雨ではありますが、雨具を着ると暑い、着なけりゃ濡れて寒い。
結構つらい作業ではありますが、田んぼの中は天国。

カエルは数知れづ、トンボになるやご、その他いろいろの虫、草、花。
すごい世界に自分がいることに驚きます、これで1年分のコメが取れる。
田んぼ、畑の世界は豊かです、あまり人間がかかわらなければ。


# by Utiopepe | 2019-06-29 06:34 | 田んぼ | Comments(0)
2019年 06月 05日

軽井沢

マーク・ロスコを見に「セゾン現代美術館」に行ってきました。
群馬県の高崎に用事で行く途中ですが、しっかりと楽しませてもらいました。

まずは玄関までのアプローチがとても良い、林の中には作品が点在。
その中にはこれまた大好きなイサムノグチの作品も。
c0145438_07202529.jpg
前回の時に気になったカンデンスキーをゆっくり感じて、パウル・クレーもありました。
c0145438_07220596.jpg

c0145438_07213429.jpg
c0145438_07223497.jpg
自分のお目当てマークロスコの展示場所は前回とは変更になっていましたが、
新たな楽しみを発見。観覧者はほとんどいなくほとんど貸し切り状態。
ゆっくりとマークロスコと対面して、充実した時間を独り占め、なんと贅沢な。
c0145438_07230286.jpg
軽井沢を後にして碓氷峠の旧道のまさに百曲がりをゆっくり高崎方面へ。
途中、今は廃線になっている国鉄信濃鉄道の高架橋も見ることができました。
c0145438_07233125.jpg



# by Utiopepe | 2019-06-05 07:32 | Comments(0)