木の家具UMEKAWA くらしの話 ティオペペタイムス

tiopepeume.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 10月 21日

鬼無里 キルト小屋

10月31日 まで キルト展をやっています。
長野市鬼無里えら畑5363 ☎026-256-3173
昨日、久々に行ってきましたけれど、昔の物から最新作までいっぱい展示してありました。
キルトも部屋の飾りつけも一見の価値あり、随所にこだわりが感じられます。
c0145438_07312764.jpg
c0145438_07400936.jpg
c0145438_07314574.jpg
c0145438_07321625.jpg
c0145438_07324317.jpg
c0145438_07331299.jpg
c0145438_07333610.jpg
c0145438_07342887.jpg
c0145438_07350035.jpg

行く途中の奇怪な景色、小川村のオリンピック道路沿いにあり、ビックリ。
作りものかと車で通りすぎましたが、確かめに戻りました。本物の山羊でした。


# by Utiopepe | 2018-10-21 07:41 | その他 | Comments(0)
2018年 10月 18日

そば 脱穀 2018

なかなか上手くいかないものです。今年の蕎麦、初期成育は良かったと思います、が、その後の雨で背丈が伸びすぎ、横に倒れて
再び立ち上がり、茎がからまり放題。挙句に今年の天候は雑草に合っていたのか伸び放題。
すべてがからまって、刈り取りには一苦労でした、その後何とかほどほどの天気が続き、脱穀となりましたが、またまた問題。天気は良かったのですが今一つ乾いていません。カラカラに乾かないと蕎麦たたきは難しい。

例年のように蕎麦たたきでは脱粒してくれそうにないので、足踏みの脱穀機で試してみました、が、駄目でした。
実と一緒に茎やら葉っぱやらが一緒に取れてしまいゴミが多すぎるし、大きな房はそのまま取れてしまい、後の処理が面倒になるだけとわかりました。

何とか工夫して写真のようにして脱穀を終了しました。なかなか良いアイディアでした。
コンテナボックスの上に乗っているのは、古くなった玄関の足ふきマット、この状態のところに蕎麦の束を一束ずつたたきつけます、ほとんど金網状態になっていますが、これが良かったのでしょうか?具合よく脱粒してくれました。来年もこの方式かな?

c0145438_07234987.jpg


# by Utiopepe | 2018-10-18 07:24 | | Comments(0)
2018年 09月 29日

よろしくお願いします。

米を作るようになって早くも15年になります。
稲作の右も左も分からない我が家にとって、稲葉光圀さんの書いた あなたにもできる「無農薬。有機のイネつくり」は
まさにバイブル。よくぞこの様な素晴らしい本を作ってくれました、言葉にできないくらい感謝をしています。
c0145438_11585804.jpg
c0145438_11591056.jpg
その稲葉さんがブータン王国で農業指導をしていて、困っている様子です。
出来れば少しでも協力したいと思い、このブログに載せました。
興味を持たれた方は、ホームページにアクセスしてみて下さい、よろしくお願いします。

https://readyfor.jp/projects/bhutan2020


# by Utiopepe | 2018-09-29 12:00 | Comments(0)
2018年 09月 26日

山が呼んでいる

稲刈りが23・24日で終了。晴れの日が続かず、雨ばかりで田んぼはぐちゃぐちゃ、田植えの時よりひどい。
一部の場所はバインダーで刈ることができましたが、半分以上を3人で刈り終えました。
バインダーでできるかなと思って入って行って、泥に埋まる、引き上げるのに大変な思いをする。
何度も繰り返し、時間と体力の消耗が半端じゃない、いっそ雨が降る前に手で刈ってしまえと頑張りました。

明けて翌日、案の定雨、やっぱ雨だよな、よく降っていました。稲刈りで疲れてはいましたが、なんとなく山が呼んでいる。
田んぼのすぐ横の山に入ったら、ありました。ほーら待っていました茸さん。
最初に会ったのは、初めてお会いしましたウラベニホテイシメジ、美味そうなんだな、これが。
一応とってきて、図鑑で調べてから、村のキノコ博士のところへも見てもらいに行きました。
c0145438_10114291.jpg
c0145438_10120046.jpg
次にお会いしたのはアカヤマドリさん、今年すでに小さいのを2回いただきました、たぶんあるはずと思っていましたが、
ありました。すごい存在感です。
c0145438_10121435.jpg
色々なキノコが散らばって生えている、毒キノコも食べられるのも混ぜこぜ、一本づつよく見て採ってきました。
左上 アミタケ 右上 大きなアカヤマドリ
右下 ウラベニホテイシメジ 右下 ボロボロの初茸
アミタケは茹でてから冷凍、ウラベニホテイシメジはすき焼き風にしていただきました。

追伸: 翌日、お宮への散歩道でそっくりなキノコを3本採りまして、昨日のすき焼き風鍋の残りに足して食べました。
   3人とも茸にあたったようです、おう吐と下痢。特に女房は重症、一番軽かったのが自分でひんしゅくをかいました。
   とうぶんキノコ禁止、当然の結果です。後の祭りとは思いますが、たぶんクサウラベニタケを食べたようです。


# by Utiopepe | 2018-09-26 10:14 | Comments(0)
2018年 09月 07日

メンガタスズメガ

大きく育って、実を結び、あとは充実するのを待つばかりのゴマ。
先日の台風21号の影響で倒れかけました。
少し前の段階で支柱をたて、間にヒモを張り補助をしていました。
これをしていなかったら、たぶん根元からほとんどが倒れていたことと思います。

何とか立て直しをと思い、最初に張ったヒモに固定してまわりました。
が、あ、何んだ?葉っぱがない。一部の場所の葉っぱが一枚も、無い。
どうしたんだと見まわしたら、見つけました。
凄いやつでした、青くて大きな奴、ブリブリと怒り、とても力持ちでした。

ネットで調べたら、メンガタスズメガの幼虫と判明しましたが、ん、どこかで聞いた名前。
嫌なイメージ、映画「羊たちの沈黙」のポスターの蛾でした。
レクター博士、全体のストーリー、どれも怖い、あー、やだやだ。

でも幼虫はきれいです、青リンゴ色、エネルギーいっぱいの青虫でした。
頭は下です、もう少しでサナギになると思います、大きさは10センチくらい。
c0145438_08225087.jpg
c0145438_08230703.jpg


# by Utiopepe | 2018-09-07 08:24 | Comments(0)
2018年 09月 02日

あと一息

田んぼの水を切りました。
周りの田んぼはお盆過ぎにすでに水を止めています。
田植えの遅い我が田んぼは、やっとここまで来たといった感じです。
9月に入り雨勝ちの天気に変わり、この先のことが心配です。

今年は春の苗づくりで失敗。もち米は全滅で近所の人に苗をもらいました。
手前の背が高くて、色が少し黒いのがもち米。
c0145438_18035717.jpg

モミについているノギ(毛のような物)が長い品種で古代米に近いのかも。
c0145438_18041435.jpg
こちらがうるち米のヒトメボレ、もち米と随分違います。
c0145438_18042968.jpg




# by Utiopepe | 2018-09-02 18:08 | 田んぼ | Comments(0)
2018年 08月 09日

霧ヶ峰

わーお、久々の霧ケ峰でした。
原村方面のギャラリーに行き、そのまま蓼科で泊りました。
行きと同じ高速道路で帰るのもつまらん、そうだ山越えをして帰ろ。
本当に久しぶりの霧ケ峰、ビーナスラインは無料になっていました。

はるか昔、40数年前になりますか、一人で歩いて行ったことがありました。
松本市内から美ヶ原まで歩き、美しの塔の中で野宿。
朝早く起き、美ヶ原のはずれの茶臼山まで行き、尾根伝いに霧ケ峰まで。
その日は七島八島湿原にある奥霧ケ峰山荘の外で野宿。
最終日は霧ケ峰のはずれ車山まで歩きました。

そのまま歩いて八ヶ岳縦断までできれば完璧でしたが、時間切れ。
いつか行きたいと思いながら時間が過ぎました。
とても懐かしいルート、今回は逆向きで車での観光でした。
c0145438_09442510.jpg
c0145438_09444428.jpg
c0145438_09451062.jpg



# by Utiopepe | 2018-08-09 09:47 | その他 | Comments(0)
2018年 08月 01日

なんて夏なんだ

c0145438_05371461.jpg
あつい、陽の当っているところには出たくない、外仕事は朝と夕方にしている。
昨日も33度を超えていた、こんなことは今まであまりなかった気がする。

今年は色々なことが起きている。
実はヒヨコから飼いだした鶏。鳥小屋に移しすくすく育っていた、が動物にやられた。
雨降りの真昼間、ほんの少しの隙間から侵入、3羽とも殺された。

家の裏に置いてある 玉ねぎ、ジャガイモがネズミにやられた。
ほんの少し前に収穫して風通しの良い場所に保管してあった物だ。

実は昨年ティオが死んでからのことを考えてみたらいろいろ出てきた、
家の周りの畑や、近くの山に動物が近づくようになってきた。
家の裏の方で、動物の気配を感じるようにもなった。

家の中に居ながら、ティオは番犬の仕事をしていたみたいだ。
夜中に何かに吠えることもよくあった、鈍い人間には感じられない何かに向かって。
散歩のときにも突然、遥か彼方に向かって吠えることがあった、見ると何かが動いていた。
とにかく耳が良い、目も見える、鼻もきく、本当に敏感な犬だった。

ふとしたことから思い出し、感謝をしたり、感動をしたり、とにかく懐かしい。
仰向けになって居眠りをしている姿、車に乗ってお出掛けの大喜びの顔、
心配そうな顔をしてみたり、宅急便の中身を興味深げにのぞき込んだり、思い出せば切りがない。
幸せだった、ティオと一緒にいた日々を思い出している。




# by Utiopepe | 2018-08-01 06:30 | その他 | Comments(0)