タグ:蕎麦 ( 23 ) タグの人気記事


2015年 10月 14日

そば刈り 2015年

毎年のことながら悩みます、そば刈りのタイミング。
天候ももちろん考え、実の付き具合、実の色の具合などなどを考慮です。
今年は展示会も有り、帰ってから稲の脱穀、そしてそば刈りでした。
10日(土)に刈り取り、翌日は雨、それからは良い天気が続いています。
このまま晴れが続けば、2週間後に脱穀です、昨年までは10日間ほどで脱穀していました。
収穫後、石抜きと磨きを、粉ひき所にお願いするのですが、そこで含水率を測ってくれます。
毎年、水分がすこし多いと言われますので、今年から乾燥の日にちを延ばす事にしました。
刈るタイミング、ソバの状態、天日干しの天気・日数、なかなか奥が深い決断を迫られます。

今年は中盤に長雨があったため背ばかりが伸び、あまりひどくはないが倒れてしまいました。
茎が絡み合い、刈り取った時ひっぱると、実が落ちてしまいます。
そのため程の良い高さで刈り取り、立ちあがってからゆっくり引き上げる、これが疲れます。
最初は良いのですが、だんだんと足腰に効いてきて、夕方には立ち上がるのが大変でした。
c0145438_6453188.jpg

c0145438_6455083.jpg


朝の散歩道、空気も澄んだ、秋空に一本の杉の木
c0145438_6462388.jpg


by Utiopepe | 2015-10-14 07:27 | | Comments(0)
2015年 08月 29日

8月28日

昨日の朝の散歩の後、ソバと田んぼの写真をパチリ。
今朝は又また雨、夜中も雨音が響いていました、すでに秋雨前線が活発な様子。
連日の雨、日照不足、この後の作物の生育が心配です。

c0145438_6452395.jpg

数日前に土寄せをしましたが、雨が多く、とう立ちして倒れないか気がかりです。
写真を撮っていたら懐かしい羽音、探したらいました、日本ミツバチです。
家で飼っていた時は、羽音がうるさいくらいして、ハチミツの匂いがプンプンしていました。
今年になってから、家の庭や畑で観察出来たのも数回、絶対数が激減したのでしょう。
たぶん農薬のせいでしょう、ミツバチが居なくなったら、どんな事が起こるのか想像もできない。
c0145438_64606.jpg



c0145438_646192.jpg

稲の穂は日に日に充実、8月いっぱいは水を入れておくつもりです。
それでも、こう雨が多いと心配事が増えます。
早く水を切り、地面を乾かさないと稲刈りが出来ないとか、日照不足でいつまでも熟さないとか。
それでも自分ではどうする事も出来ない、お天道様まかせ、昔からずっと変わっていません。

稲穂の中に異物、これはクモの巣、黒い煙の中の黄色い点々ひとつ一つがひとつの命。
時期が来るとまさに、言葉の通りクモの子をちらす状態になります、すごいよ。
c0145438_6463391.jpg


by Utiopepe | 2015-08-29 07:30 | | Comments(0)
2013年 10月 15日

そば刈り2013年

12・13日の二日でそば刈りを終了。
今年は束ねてから運び、新しく出来た材木置き場に島立てしました。
今日、明日と台風の影響で雨が降る予報、うまく乾いてくれれば良いのですが。

昨日はそば刈り後の後かたずけをしてから、麦を蒔くためにトラクターで耕運。
田んぼに仕込んである堆肥(オカラ・米ぬか・稲わら)の切り返し。
漆部屋に置いてある今年の収穫米の袋詰め。

これでひと段落、さて仕事だ。
c0145438_627516.jpg


by Utiopepe | 2013-10-15 06:31 | | Comments(0)
2013年 08月 04日

大森くんのホットケーキ

c0145438_1632290.jpg

20年も会っていない大森くんの知人から電話をもらい、大森くんが東京でおそばやさんをやっていることや、
本を出していることを聞きました。夫は時々思い出したように「大森どうしてるのかなあ」と気になっていたので
元気そうな知らせに喜んで、早速本をとりよせました。
題名は「味覚革命」・・・過激な題名とともに、「その食事で、命と健康を守ることができますか?」とあります。
中身は読みやすくて、まるで大森くんが目の前で話をしているような気分で読みおわりました。
全く同感です。大森くん、よく本にまとめてくれました。・・・と思いました。

そこで、巻末の第10章 革命家のメニュー のレシピにあったホットケーキを焼いてみました。
昨日はレシピどおりに薄力粉で。ちょうど来た味にうるさい友人も絶賛でした。
今日は夫のリクエストでそば粉で。うーん、これはもう、我が家の定番おやつに仲間入りです。
ベーキングパウダーを使わずに、ふっくら、自然の味、素材のよさがきわだちます。

興味のある方は是非、大森大和著「味覚革命」風と空出版を読んでみてください。

SUMIYO

by Utiopepe | 2013-08-04 17:09 | 食卓 | Comments(0)
2012年 09月 24日

あとちょっと

蕎麦の進み具合、今年はどうも早目の様子。
10月に入ったら良く観察していて、ほど良く刈り取りをしたいと思います。
背丈もかなり高いので、風に巻かれたり、長雨が降ると倒れて、刈り取りがやっかいになりそうです。
c0145438_2161623.jpg

畑の一角には背丈ほどに伸びたコスモス。
c0145438_2163779.jpg


by Utiopepe | 2012-09-24 21:10 | | Comments(0)
2012年 08月 04日

そばの芽が出た

毎回、種を蒔くたび不安になります。本当に、ちゃんと、芽が出る?ほんと・・・・
こんなゴミみたいな、弱よわしい、たったこんだけの種で?
畑に全面、何時間かで種をまき終えてから、いつも不安に思いますが、芽は出ます。
c0145438_5425818.jpg

昨夕に見た時は、ところどころ、点々と小さく見えていました。
今朝、起きてすぐ、おー一斉に出ていました。黄色の葉っぱが夜のうちに出たぶん。
これで夕方までには、背丈も伸び、葉っぱも緑色に変っているでしょう。

by Utiopepe | 2012-08-04 05:50 | | Comments(0)
2011年 10月 22日

そばたたき新兵器

年ごとに量が多くなっていく穀物。少しでも楽がしたい。で、作りました。
めぐり棒・くるり棒・唐竿(カラサオ)と呼ばれる物です。何かで見た覚えがあり、ネットで探しました。
長さは、長い柄の方が150センチ、たたく方を80センチと決め、材は松とケヤキ、ジョイントはボルト。
昔の物は、すべて木製のようですが、ボルトでもうまくいきました。
c0145438_11494510.jpgc0145438_1150127.jpg

例年は右手一本でたたいていましたから、途中から無理をして仕事していました。
今年は全身運動。最初は戸惑いましたが、すぐに慣れ、それほど力がいるわけでもなく楽でした。
これで今年の大豆の収穫後の豆たたきにも使えそうです。
c0145438_1201254.jpgc0145438_12544630.jpgc0145438_1222919.jpg
c0145438_123034.jpgc0145438_12512338.jpgc0145438_12515392.jpg

by Utiopepe | 2011-10-22 12:59 | | Comments(0)
2011年 08月 05日

そば 2011

7月31日に種をまいたそばが、8月4日に芽を出しました。これは8月5日早朝撮影した写真。
c0145438_2151568.jpg

今年は種蒔きの新兵器を使ったため、早く種蒔きが終わりました。
新兵器はこちら・・・
c0145438_218339.jpg

筒の上部にペットボトルを切ったものをくっつけた道具。
立ったままで15センチおきに6,7粒づつ蒔くのに、とても具合がよく楽でした。
夫はこのほかにも、溝を掘る三角ホーの左右に定規がわりに、軽い針金状のものを取り付けて、
畝ごとに紐を張っていた作業もなくなり、はかどりました。
そばの種蒔きは暑さと腰をかがめての作業が過酷でしたが、
早朝のうちに終わってしまいました。もう、こわくない!


SUMIYO

by Utiopepe | 2011-08-05 21:24 | | Comments(3)
2010年 10月 20日

そばたたき

c0145438_19495952.jpg

そば刈りから8日め・・ですが、晴れ続きなので、今日はそばたたきをしました。
玄関前のスペースが平らで具合が良いので、ビニールシートで囲って、心地良い作業場を作りました。
朝8時から夕方4時ころまで、叩いて、ふるいを2段階かけるところまで終了しました。
c0145438_19572280.jpg

始めはドアをしめていたのですが、ティオペペのリクエストで、ドアを開けて。
結局、ティオはあきずにながめていました。好奇心旺盛なケアンテリアです。

そばは今までで1番の出来のようで、作業は大変でしたが、大地の恵みに感謝しつつ・・の楽しい作業でした。

SUMIYO

by Utiopepe | 2010-10-20 20:07 | | Comments(0)
2010年 10月 12日

そば刈り取り

昨日から始めました。昨日は大豆の畦間を刈り、今日から蕎麦畑です。
ある程度まとめて束にして、それを三つ集めて上の方をくくり、三又になった状態で立てます。
天気が良ければ1週間から10日でそば叩き(脱穀)となりますが、食べれるのはまだまだ先。
唐箕にかけ、石抜きをして、磨きをして、やっと製粉です。
c0145438_1885062.jpg


by Utiopepe | 2010-10-12 18:10 | | Comments(0)