木の家具UMEKAWA くらしの話 ティオペペタイムス

tiopepeume.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:生き物 ( 28 ) タグの人気記事


2016年 07月 05日

ヤマドリタケモドキ

たまたま、今晩はポルチーニのリゾットにしようと思っていたら、ありました。
香りの乏しいポルチーニ、我が家の偽ポルチーニ、ヤマドリタケモドキ。

四本とれて、家に持ち帰り撮影。 よく見ると手前の小さな2本、傘の色がちがう、茎がささくれている。
別の種であろうが、細かな図鑑も無いので特定も出来ずに捨てました。

c0145438_6302725.jpg

この時期のきのこは虫が入り易いので、良い所のみを食用にしました。

田んぼに作った池の周りには毎晩たくさんのホタルが出ています。
6月末から見に行っていましたが、7月1日に初めて確認、日に日に増えて来ているように思います。
家から歩いて、わずか1・2分、毎晩幻想的な景色が出現します。
写真に挑戦しましたが、手持ちのカメラでは無理かな?
c0145438_6303823.jpg


by Utiopepe | 2016-07-05 06:32 | さんぽ道 | Comments(0)
2016年 06月 23日

つばめ

女房が地元の郵便局から帰り、つばめ よ つばめ。
何を言っているのか興奮気味、細かく聞くと郵便局の出入り口近くにつばめ。
子育て中で、子供たちが代わる代わる外にお尻を出し糞をする。
その仕草がかわいいらしい。
翌日の日曜日、お客もいないのでゆっくり見る事が出来ると出かけました。

車で近くを通り過ぎた時には、親が出入りしている様子。
駐車して静かに近寄り見ていましたが、動きが無い、親も来ない、
子供たちも退屈な様子、かったるいなー、餌も来ないしどうしたのだろ?
先日女房が見たときには、頻繁に親が出入りしていたそうだけれど、全く来ない。
あきらめて立ち去ると、突然親が急降下してきて、出入りを始めました。

郵便局があいている時には人の出入りは当たり前、日曜には人がいないのがあたりまえ。
人の出入りの無い時に見に行ったので警戒されたらしい、悪い事をしたなー。
子供たちの不満げな様子に早く気が付いてやれば良かった、ごめん。

c0145438_6515865.jpg

建物の上の電線に止まり様子をうかがっていました。
遠くから見ていたら、頻繁に出入りして餌を運んでいるのでしょう。
c0145438_652944.jpg


フサスグリが取り時になりました、朝一番の仕事で収穫。
c0145438_6523128.jpg


by Utiopepe | 2016-06-23 06:58 | 生き物たち | Comments(0)
2015年 08月 29日

8月28日

昨日の朝の散歩の後、ソバと田んぼの写真をパチリ。
今朝は又また雨、夜中も雨音が響いていました、すでに秋雨前線が活発な様子。
連日の雨、日照不足、この後の作物の生育が心配です。

c0145438_6452395.jpg

数日前に土寄せをしましたが、雨が多く、とう立ちして倒れないか気がかりです。
写真を撮っていたら懐かしい羽音、探したらいました、日本ミツバチです。
家で飼っていた時は、羽音がうるさいくらいして、ハチミツの匂いがプンプンしていました。
今年になってから、家の庭や畑で観察出来たのも数回、絶対数が激減したのでしょう。
たぶん農薬のせいでしょう、ミツバチが居なくなったら、どんな事が起こるのか想像もできない。
c0145438_64606.jpg



c0145438_646192.jpg

稲の穂は日に日に充実、8月いっぱいは水を入れておくつもりです。
それでも、こう雨が多いと心配事が増えます。
早く水を切り、地面を乾かさないと稲刈りが出来ないとか、日照不足でいつまでも熟さないとか。
それでも自分ではどうする事も出来ない、お天道様まかせ、昔からずっと変わっていません。

稲穂の中に異物、これはクモの巣、黒い煙の中の黄色い点々ひとつ一つがひとつの命。
時期が来るとまさに、言葉の通りクモの子をちらす状態になります、すごいよ。
c0145438_6463391.jpg


by Utiopepe | 2015-08-29 07:30 | | Comments(0)
2015年 07月 28日

出穂まじか

c0145438_2115119.jpg

田んぼの中ほど、多いので25本を超えています、少ないので16・7本かな。
順調に分株していますが、苗の時の出来が今だに影響しています。
今年は発芽が揃わなかったのが、後あとまでひびいているように思います。
それでも、ドロオイムシの発生は、クルミの木の枝でふるい落とし、無事でした。
これからはイモチ病が出ないでくれれば良いのですが。
c0145438_21155686.jpg

わかるかなー、真ん中の茎、ふっくらとふくらんで、うっすら点々てん、米粒を形成中です。
しっぽの付いてるカエルもいっぱいいます。
c0145438_21161626.jpg


by Utiopepe | 2015-07-28 21:36 | 田んぼ | Comments(0)
2015年 07月 20日

めだか

昨年の秋、氷の張る前に、田んぼの池から避難させた めだかです。
c0145438_5561472.jpg

家の玄関に避難させたのが10匹、生きのびて田んぼの池に帰れたのが7匹。
はたして増えてくれるのか?貴重な信州の地のメダカの子孫を残せるのか?
心配していましたが、たくさん子供もできて、ちらほら目にすることもできるようになりました。

アキアカネが朝の散歩の時に目立つようになりました。
次から次に、田んぼで羽化して飛び立っていきます、秋になったら再び空一面のアカトンボです。
こんな季節の移ろい、考えもしなかった、農作業からのご褒美です。
c0145438_6205947.jpg


春に庭に移植したオオバギボウシの花が咲きそうです。
たまたま、裏山にコゴミを採りに行った帰り道、日陰の土手の際に群落を見つけました。
少しいただいて、庭に植え、様子を見ていましたが、花が咲くとは幸せ。
c0145438_6261285.jpg


by Utiopepe | 2015-07-20 06:28 | 生き物たち | Comments(0)
2015年 07月 14日

ほたる 

今年もそろそろかな、夕食後、暗くなる8時すぎ、山際の池の方に行ってみました。
今までで一番たくさん点滅していました。時々高く飛び上がり。
草むら、水辺には群れをなして、静かに透明感のある、幻想的なひかりが、うっとりでした。

一応、写真に撮ってみましたが、こんな物しかとれませんでした。
時間があったら、工夫して、再チャレンジしてみます。

c0145438_6201733.jpg

下の写真は、後でトリミングして拡大しました。ほたるが写っている?
c0145438_6202933.jpg


by Utiopepe | 2015-07-14 06:22 | 田んぼ | Comments(0)
2014年 07月 10日

稲泥おい虫

ドロオイムシ。今までも少しは出ていました。しかし
今年は雨が続き、山ぎわの家の田んぼは、やはりまずかった。
大量に発生して、いよいよ手でつぶして歩きました。
かがんで、一株ひと株、確かめながら、見つけてはつぶして歩きました。
ほぼ1日半、女房と田んぼの中を見て回り、疲れました。

ドロオイムシの幼虫です、背中に泥を付けているので、泥おい虫。
実はこの泥、排泄物つまり糞、お日様に直接当たると弱ってしまうので、自分のうんこを日よけにしています。
食べられた葉っぱはスキスキ、ひどい株は見るも無残でした。
c0145438_5563236.jpg
c0145438_5564923.jpg

葉をいっぱい食べ大きくなると、繭を作ります。葉っぱにしっかり付いた白い綿の様です。
c0145438_557141.jpg

これが成虫、大きさ5ミリくらいかな。羽根が生え動きも活発、こうなるとつかまりません。
c0145438_5572664.jpg


今まではたいしたことも無く、見逃して来ました。
今回、あまりにもひどいので本でしらべたり、ネットでも見てみました。
標高500メートル以上の山間地で多く発生して雨の多い年は要注意だそうです。
家の条件はぴったり当たりです。とくに山ぎわの日当たりの悪い場所は最悪。
なおかつ、マコモなどで冬越しして、田植え後に苗に卵を産むそうです。
家の田んぼの山ぎわの水場には、マコモがいっぱい、正に養殖していた様なものです。
物を知らないと、色々なアクシデントにあってしまいます、これも人災のひとつか?

田んぼの中を歩いている時、近所の人が通りかかり
「おーい、どおした?」
「ドロオイムシをつぶしてます」
「ドロオイムシ?それは胡桃の枝を振り回して落とせばいいぞ」
「へー、そんなので大丈夫?」
「昔はそおやってたけど、今は薬だ」
「薬って?」
「苗の時にイモチとドロオイムシに効くやつ、高いんだが、それを使う」
「・・・・・・」

知らない事ばかり、道のりは長い、人生も農業も同じか?

by Utiopepe | 2014-07-10 07:02 | 田んぼ | Comments(1)
2014年 07月 04日

赤とんぼ

朝5時に起床、ティオペペと軽く外を歩き、ニワトリの水を換えてやり、
その後、田んぼの様子を見て回るのが近頃の日課です。
昨朝、田んぼの畦を歩いていると、トンボが飛び立ちました、何匹もふわふわとです。
気を付けて見てみると、苗にヤゴの抜け殻、周りを見渡すと、いっぱいの赤とんぼでした。
朝一番で羽化して、陽が射す頃には羽根も乾き飛び立っていきます。
私が通りかかったのが早かったので、羽根も完全に乾かぬまま飛び立ち、それでふわふわとでした。
c0145438_602533.jpg

c0145438_625169.jpg

c0145438_632466.jpg

田んぼは生き物だらけ、タニシ、タガメ、ガムシ、イモリ、めだか、その他大勢。

by Utiopepe | 2014-07-04 06:06 | 田んぼ | Comments(0)
2014年 01月 08日

氷下金魚

氷下魚はコマイとかカンカイかな?たしか北海道で言ったと思った。
では氷下金魚は何て言えばいいのかな?
c0145438_6553842.jpg

家の金魚です。何年たったのかはっきりしませんが、10センチくらいあるのかな。
庭にため池を作ったら、蚊を育てている様なもの。ボウフラがうじゃうじゃ。
これはまずいと、ホームセンターで金魚を手に入れ数匹放しました。
小さな金魚はボウフラをせっせと食べ、順調に大きくなりました。
ところがある日から?数が少ないかな?どうしたのかな?と
様子を見ているうちに、すべて居なくなってしまった。
近所の猫か、山の小動物が食べたんだろう、で金網を設置しました。

今の金魚も何匹か買って来たうちの一匹。
一緒にここに来た金魚は皆死んでしまい、今は自分一匹。

暑い夏、雨の無い日が続き、池の水が干上がりそうでも気が付かない飼い主。
餌はもらえる時もあり、時には忘れられているのかな?
冬は氷の下、外からの餌は届かない。
暖かくなり氷も解け、飼い主が近くを歩いたら、餌をねだってみよう。

水連の葉が茂り、花も咲く、良い季節にはやっぱり金魚がいるよね。

by Utiopepe | 2014-01-08 07:45 | 生き物たち | Comments(0)
2013年 10月 02日

秋の虫

毎年、秋になると台所の調理台には虫がいます。
朝からレタスにかじりついたまま、夕方になっても食べています。
c0145438_20382658.jpg

これから、この様な景色が続きます。
家の中で虫が鳴きます。これが良いんだか悪いんだか?うるさいんだよね。

も一つはニホンミツバチ、また悪い兆候が始まりました。
c0145438_20401889.jpg

花粉もせっせと運んでいるし、元気そうに見えるけど、けっこう死んでいます。
一昨日からポツポツと出だし、今日は巣箱の底に溜まっていました。
c0145438_20405138.jpg

一昨年にも大量に死に、毎日巣箱を動かして底にたまった死骸をかたずけました。
近所で同じくハチを飼っている知り合いの所でも、同じような様子でした。
どうも秋に何かの農薬を撒いて、その影響ではないかと思われます。
全滅しないでほしい。何とか元気に冬越しをしてほしい。
明日はどんなかな、運を天に任すしかない。つらい。

by Utiopepe | 2013-10-02 20:44 | 生き物たち | Comments(0)