木の家具UMEKAWA くらしの話 ティオペペタイムス

tiopepeume.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:漆 ( 24 ) タグの人気記事


2017年 08月 12日

漆掻き 9辺目

気象庁が梅雨明け宣言をしてから後、降り続いていた雨もひとまず終了した様子。
それでも気象庁の予報では、毎日にわか雨の予報になっています。

漆掻きに雨は禁物。葉先が濡れているのもダメ、幹が湿っているのもダメ、
傷を付けた後に傷口に雨がかかるのもダメ、この時期はタイミングがむずかしい。
最悪の場合、漆の出が止まってしまうそうです。

雨の合間をみて、中3日か4日もしくは5日くらいで山に行っています。
今回の漆の木、今までで一番の大木、沢の近くの立地条件もあり良く出ます。
普通、傷を付け3回ほど掻き採れば黒くなり、ほとんど漆は出なくなります。
しかし今回は違いました、下の幹に傷を付けた直後は噴き出るよう、
2回目もたっぷり溜まります、3回目・4回目と少しづつ減っていきますが、
10回以上採っても出てきます。
梯子を上り上の段、で主幹で5回、脇枝で2回か3回は掻き採っています。

たった一本の木ですが、2時間以上の作業が続きます。
立ったり座ったり、木に登ったり下りたり、傷を付け、掻き採りの繰り返し、
待ったなしの2時間は過酷です。がすでに9回目になりました。

c0145438_7501.jpg


c0145438_751577.jpg


by Utiopepe | 2017-08-12 07:05 | 仕事 | Comments(0)
2017年 06月 24日

漆 目立て

2008年6月13日、2012年6月26日 と二回やった漆掻き。
今年で3度目、先週に下見に行き、昨日目立て(辺付け)をしてきました。

家から車で5分、そこから山道を歩いて4分、沢沿いのくぼ地の漆の木。
知り合いの山のお墓への通り道にあり、邪魔者扱いされていた木です。
c0145438_6465237.jpg

逆側から見ると、山と一体化して見えます。
大きな木ですがどこにも傷もなく陽の良く当たる場所で沢沿いで湿気もあります。
周りにあまり木がないので、アケビの蔓がわずかに3本ほどからまっていただけでした。

c0145438_6471952.jpg

大きな葉っぱもほぼ全開、たくさんの漆が採れそうです。
c0145438_6473725.jpg

足回りの草を刈り、からんでいたアケビの蔓を外し、傷をつける場所を決め、
梯子を作り、少し皮をはぎ、小さな傷を付けて今日の作業は終了。
c0145438_6481986.jpg

高い所に上ったら、隣にも漆の木があるのを発見、2本から漆をいただきます。
c0145438_6483683.jpg


by Utiopepe | 2017-06-24 07:03 | 仕事 | Comments(0)
2012年 11月 28日

後片付け

夏の間ずっと通っていた漆の木。雪が本格的に積もる前に、
周りに立てた杭や、作って立てかけておいたハシゴ、荒縄などを片づけ、
持って帰ってきました。残ったのは傷だらけになった漆の木。

本来ならば、漆掻きを終えた木は切り倒し、新しい芽が出るのを待つのだそうです。が
山の持ち主と相談して、このまま放置することにしました。
少しずつ弱って、やがて朽ち果てていくことでしょう。
c0145438_20581431.jpg

行きがけに見つけたキクラゲの仲間。晩酌の肴になるかな?で採ってきました。
残念、食べて食べられない事はないようですが、あまり美味くないらしいので、やめました。
クロハナビラニカワタケ、うまそうだったのに、ね。
c0145438_20583768.jpg


by Utiopepe | 2012-11-28 21:08 | 仕事 | Comments(0)
2012年 10月 11日

18辺目

漆掻きも18辺目。あと一回行ったら終わりにしようかな。
梅雨前から始めた漆掻きも終わりだと思うと、ちょっとさみしい。
傷を付ければ少しは出るが、そろそろ潮時か。秋を感じる。
c0145438_22171989.jpg

玄関に差し込む朝日にも、秋の気配。
c0145438_22174423.jpg


by Utiopepe | 2012-10-11 22:21 | 仕事 | Comments(0)
2012年 09月 01日

14辺目

今日も行ってきました。一昨日の夕方、ほんの少し雨が降っただけ。
山はかさかさでした。
漆掻きも終え、帰りぎわ、荷物を置いてある周りを見たら。
漆の木の赤ちゃんが4・5本。今まで気が付きませんでした。
もっと条件の良い場所(日当たりが良くて・斜面でなくて・ついでに景色もよし)に移植しよ。
人んちの山のどこか、秘密の場所に。
c0145438_14312.jpg


by Utiopepe | 2012-09-01 14:05 | 仕事 | Comments(0)
2012年 08月 26日

13辺目

本日、13辺目。このところの晴天続きと、雨不足。出るかな?
毎回、どうだろう?元気かな?機嫌はいいかな?あれやこれや考えています。

家の横の田んぼに続く山、この急な斜面を登り切って、尾根に出たところに山の神の祠があります。
行きと帰りに、ちょこっとお参りをしています 「今日も漆が無事にいただけますように」 。
c0145438_11312699.jpg

最近は朝日の出が、少し遅くなってきたようで、漆の木に日の光が届く時間も遅れてきました。
葉に陽が当たってからの方が、漆の出が良いそうで、家の出発は8時です。
20分歩いて現場に着き、それから木の皮を丁寧に剥ぎ、下準備が終わるのが9時。
9時すぎから木に傷を付け始め、10時40分ころまで休み無しで、木に登ったり、降りたり。
一滴の漆も無駄にしたくないので、ひんぱんに上に背伸びをしたり、かがんで根元を見たりと大忙し。
誰もいない山の中、たった一人で忙しく動いているのを考えると、変なものだなと思います。
鹿とか、熊とか見てないか?
c0145438_11445027.jpg


by Utiopepe | 2012-08-26 11:49 | 仕事 | Comments(0)
2012年 08月 08日

漆掻き 10辺目

9辺目は8月1日。ずいぶん日を開けて今日10辺目に行って来ました。
日にちを開けた分、木も元気になっていて、いい感じで樹液が採れました。
これからが漆掻き本番、8月・9月に採れる漆を「盛り漆」と言い、質の良い漆の季節です。

今日のご褒美は、「アカヤマドリ」、湯がいて大根おろし、醤油をかけて酒の肴になりました。
c0145438_20375389.jpg

初めて見るキノコも有りました。幼菌はおいしいと聞いている「タマゴタケ」。
家に帰って、図鑑で調べたら、大きくなっても美味らしい、採って帰れば良かった。
あまりの美しさに写真を撮ったら満足して、そのまま森の中に残してきました。
c0145438_20442647.jpg


by Utiopepe | 2012-08-08 20:48 | 仕事 | Comments(0)
2012年 07月 28日

8辺目

久々の雨、と思っていたら。どしゃ降り。

今朝は漆掻き・8辺目に行って来ました。
順調に漆は出ています。山にも通い慣れてきました。

写真を撮る余裕もでてきました、上は傷を付けてすぐ、一番上の白い線が漆です。
すぐにヘラで掻き取ってしまわないと、どんどん流れて行ってしまいます。
この時期になると、傷を付けて10秒もするといっぱいになり、こぼれてしまいます。
c0145438_6112916.jpg

二本の木の漆を掻き終え、同じ場所を写真に撮りました。
ほとんど乾いていて、黒く見えるのは、漆が酸化して、傷にかさぶたを作った状態です。c0145438_6114782.jpg

掻き終えた2本の木です。斜面に生えているため、乾いていても足元が滑ります。
手前の木の、下から2番目の傷が写真のものです。
一番下は漆の出がすさまじく、傷を付けたらすぐに掻き取らないと、どんどん流れて、もったいない。
どの木でも、根元の傷が一番出ます。
c0145438_612410.jpg


by Utiopepe | 2012-07-28 21:20 | 仕事 | Comments(0)
2012年 07月 24日

7辺目

森の恵み。今日も漆掻きに行って来ました。
漆もいただきますが、キノコも取ります。

今日は、「アカヤマドリ」 この辺では「ヤマンドリ」と呼んでいます。
まだまだ小さな子供程度の大きさですが、湯がいて、大根おろしをかけて、醤油・・・・うまい
c0145438_6452844.jpg

次はそろそろ出ると予想していた「チチタケ」、干して、ナスを入れた饂飩の出汁にします。
これも、変わっていますが、癖になる美味さ。今日中に饂飩を仕込み、明日手打ちにしよ。
c0145438_6501858.jpg

「アンズタケ」も少し獲れました。

by Utiopepe | 2012-07-24 18:39 | 仕事 | Comments(0)
2012年 07月 17日

5辺目

雨が降ると漆掻きはできません。
前の日に降って、葉っぱが濡れていたり、幹が濡れている時もだめです。
傷を付けてすぐに雨にあってもだめです。木が弱ってしまうそうです。
雨の合間をぬって、なか3日のところ、なか5日で昨日行ってきました。
今までに取り貯めた物は、器に入れ、乾かないようにサランラップで覆ってありますが、
泡立ち、発酵しているようで、ラップが風船のようになっています。
c0145438_5535229.jpg


行く途中、「山の神」の近くにギンリョウソウの群生がありました。
キノコもいろいろ出ていますが、今回は時期外れのショウゲンジをゲット。
c0145438_554339.jpg


蜂の巣は満杯。暑いから外にいるのか?中がいっぱいなのか?解りません。
近いうちに、蜜も取らなくちゃ。
c0145438_5553621.jpg


蕎麦を蒔く場所の草を刈り、明日に予定している麦の脱穀にそなえて、機械の整備をし。
毎日、まいにち、やること満載です。

by Utiopepe | 2012-07-17 05:58 | 仕事 | Comments(0)