木の家具UMEKAWA くらしの話 ティオペペタイムス

tiopepeume.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:大切な物 ( 6 ) タグの人気記事


2014年 05月 22日

ちりめん本

「ちりめん本」、え、何ですか?
数年前、お客さんから見せていただいて、びっくりしました。
え?何時の物?なんですか?これ?

とにかく、びっくりしたことを覚えています。
その美しいこと、不思議な手触り、品の良さ、凝縮された日本文化、センスの良さ、唖然でした。
何時か欲しいと思っていましたが、ついに手に入れました。

今、製作中の36杯の引き出し、これは「ちりめん本」コレクションを入れるためのものです。
実は、初めて見せてくれたお客様からの注文で製作中なのですが。
やっぱり、抽斗を作るなら、本物も持っていなきゃ、と思いたち手に入れました。

右側は外箱、左がそのちりめん本
c0145438_20293638.jpg

目次ですが、どのページもしゃれています。
c0145438_20295180.jpg
c0145438_2030415.jpg
c0145438_20301545.jpg
c0145438_20302579.jpg
c0145438_20303554.jpg

写真をクリックして拡大して見てみて下さい。
できれば、手に持って見てもらいたい。手触りがいいんです。

明治時代に海外向けにお土産として作られた物だそうです。
が、驚きです。その中身の濃い事、プロデュースした長谷川武次郎のセンスの良い事。
ところどころに、ユーモア、ウィット、技術の高さ、何もかも脱帽です。
当時の日本は、気品もあり、技術もあり、実にすてきでした。

今の時代、忘れられている気持ちのありようと言うか、何が大切かというようなことが、
手にして、見ていると伝わってきます。ありがたいことです。
大切にしていきたい、日本の文化の典型だと思っています。

by Utiopepe | 2014-05-22 20:55 | 仕事 | Comments(0)
2014年 03月 27日

インチ バイ インチ

「INCH by INCH」

ずーと頭のどこかにありました。
ナナオの詩集。たしか小林一茶かな?
自分は持っていないから、知り合いに聞いてみました、が、
誰も持っていませんでした。

ネットで調べたら、出版されてはいましたが、どうも日本ではありません。
英語・フランス語などで海外で出版されたみたいです。

昔、ナナオの詩の朗読会の時に、「今度、一茶の詩集出すよ」 と聞いたのだと思います。
たぶん、その題が「インチ バイ インチ」。

その時、英語と日本語で朗読し、
とてもすっきりとしていて、温かなイメージが残っていました。

アマゾンで探したら、アメリカに新品同様であるそうなので、注文しました。
今日、はるばる、どういう訳か、イギリス・ロンドンより到着しました。
本の印刷はアメリカ・ニューメキシコ。さすがはナナオ。世界はひとつでした。

表紙は、かすり模様に墨絵、絵柄は富士山にかたつむり。
c0145438_20475167.jpg


  かたつむり そろそろ登れ 富士の山

       Inch by inchー     
       Little snail
       Creep up and up Mt'Fuji

c0145438_2048274.jpg


あとがきは、なつかしいナナオの顔、内容もナナオでした。

c0145438_2048138.jpg


by Utiopepe | 2014-03-27 21:09 | その他 | Comments(0)
2014年 01月 23日

友、遠方より来たり

c0145438_7113333.jpg

ホイールバックウインザー 18世紀末からイギリスで作られたもの。

たまたま、ぼーと、なんとなくインターネートの画面を見ていた。
画面の片隅にオークション出品の小さな写真が、ん、これは、もしかしたら?
さっそくクリックしたら、良いじゃないか。何でこんな値段で?本物?ガタは無いかな?
とにかく5日後の落札日まで様子を見ていました。
前の日までは100円のまま、これは誰も気が付いていないかも。
当日、チェックしたら4100円。やっぱりね、このままいくわけがない。
落札時間ぎりぎり30分前に入札してから入浴、風呂から出る頃には結果が分かる。
ゆっくり入ろうと思っていたが、直前に高値になって他の人が落札?では困る。
気になって早々と風呂から上がり、パソコンの前で様子を見ていました。
なんと、すんなりと落札してしまいました。

物を見るまでは、自分の目というか、勘と言うかが信用できない。
写真で見て感じた事とか、デザインの細かな違いとか、たぶんこの様なものだろうと。
とにかく現物を見てからです、反省も、喜びも。

簡単なダンボール箱に入ってやって来ました。
たぶん、ずいぶん古い物だと思います。
んー、いい。たまらんじゃないですか。押さえ所も文句なし。
こんなのが家に来ちゃったの、ほんと?いいの?

大好きな北大路魯山人が事あるごとにいっている「座右の友」がやってきました。
昨夜、時間と距離を超越した友と酒を飲みました、いろいろ話をしました。

by Utiopepe | 2014-01-23 08:11 | その他 | Comments(0)
2014年 01月 08日

氷下金魚

氷下魚はコマイとかカンカイかな?たしか北海道で言ったと思った。
では氷下金魚は何て言えばいいのかな?
c0145438_6553842.jpg

家の金魚です。何年たったのかはっきりしませんが、10センチくらいあるのかな。
庭にため池を作ったら、蚊を育てている様なもの。ボウフラがうじゃうじゃ。
これはまずいと、ホームセンターで金魚を手に入れ数匹放しました。
小さな金魚はボウフラをせっせと食べ、順調に大きくなりました。
ところがある日から?数が少ないかな?どうしたのかな?と
様子を見ているうちに、すべて居なくなってしまった。
近所の猫か、山の小動物が食べたんだろう、で金網を設置しました。

今の金魚も何匹か買って来たうちの一匹。
一緒にここに来た金魚は皆死んでしまい、今は自分一匹。

暑い夏、雨の無い日が続き、池の水が干上がりそうでも気が付かない飼い主。
餌はもらえる時もあり、時には忘れられているのかな?
冬は氷の下、外からの餌は届かない。
暖かくなり氷も解け、飼い主が近くを歩いたら、餌をねだってみよう。

水連の葉が茂り、花も咲く、良い季節にはやっぱり金魚がいるよね。

by Utiopepe | 2014-01-08 07:45 | 生き物たち | Comments(0)
2013年 11月 24日

タイムマシーン

c0145438_6555774.jpg
c0145438_656926.jpg

現在の場所に引っ越す前に住んでいた、波田町の古い家の庭に落ちていました。
ある雨の日、縁側に腰掛け、タバコを吸いながら、ぼーと庭をみていました。
ぼーとしていて、何も見ていない様なものですが。
不思議なもので、見えたのです、この小さな石のかけらが。
雨に濡れて、緑色にかがやいて、それだけが見えました。

何だと、手に取ると、確かな人工物の形状、誰かが落としたのかな?
それにしても、突然、何年も住んでいた家の通り道、それも軒先に現れました。

たまたま、知り合いが考古学者をつれ遊びに来ました。
見てもらったら、縄文中期の石器で、鑿だそうです。

これはどの様にして使う物なのか?
のみの柄は別に有り、先っぽの石器の部分は取りかえられる。
現在で言うところのアタッチメント、細いのや、広いのと取り換える。
縄文時代に付け替え式の工具とは、ビックリ、すすんでいるなー。

その学者によると、この鑿は使用済で、刃の一部が欠け、
後ろの部分は柄との接触により少し傷がついているとのこと。

物を作ると言う事を考えさせられる一品です。
工具として使うのにここまで完璧な仕上げが必要だったのか?
このハマグリ型の曲線、膨らみはどの様なイメージから来たのか?
両サイドに施された面取り、その角度はどうして決めたか?
全体的に見た感じの現代的?未来的?な洗練されたデザインはどこから?

これを見ていると、もっと先を追いかける仕事をしなければと思う。
いつもパソコンの近くにあり、自分のお守りの様な存在だ。

by Utiopepe | 2013-11-24 07:50 | その他 | Comments(2)
2013年 03月 17日

宝物

c0145438_21553371.jpg


先日、近くの知り合いが来て、松本の骨董屋に気になる物があるんだと言う。
話を聞くと、アンコール・トムの物などがあるといい、興味をひかれた。

長いこと骨董屋には行っていない。行ったところでたいしたものは置いていないし、
ほしいと思う物があっても、買うだけの財力も無いことは分かっている。しかし

松本の街に口実をつけて降り、女房と待ち合わせるつもりでその店にはいった。
諸国民芸とでも言うのであろうか、昔の道具屋とは置いてあるものが明らかに違っていた。
中国、韓国、タイ、カンボジア、インドネシア、ネパールなどなど、
東南アジアの物がメインで日本の物は数少ない。
ネパール辺りの経典やら、多分東欧あたりではないかと思われる十字架。
インドの布やアクセサリー。中国の発掘物の陶器。アフガンの銀化したガラスビン。
気になる物が所せましと置かれていて、つぎつぎに興味が移っていく。

買うつもりは無かったのに、ほしくなる。 あれも良いし、これもいい。
どうせ買うならこっちの方がいいだろう、同じ様な金額ならばこっちを買ったほうがいい。
もー考えなくてもいいことばかり頭の中でぐるぐる。
目は次から次に興味しだいに様々な物を物色をしている、ほとんど本能だけである。

女房も来て、帰り際にふと見た先に、何んだ、こりゃ?ん ?
ん、なかなか、いい。しかし、 ブタか?犬か? ん? 何だ?
店主がコブウシですよ、コブウシ。  ますます? コブウシ?

とにかく気に入り、大事に持って帰り、ネットで調べたら。
コブウシに見えないことも無い。どうも聖なる生き物らしい。

出どころはネパール。長さ7.5センチ 高さ7センチ 幅3.4センチ。
愛くるしくて。正体不明。前足は破損して宙ぶらりん。
ダイナミックな造形。んー、いいねー。ほれぼれ見入ってしまう。

by Utiopepe | 2013-03-17 23:05 | その他 | Comments(0)