木の家具UMEKAWA くらしの話 ティオペペタイムス

tiopepeume.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2016年 09月 30日

彼岸花

マンジュシャゲ・曼珠沙華 どこか名前が恐ろしげ。
なかなか見ごたえのある花だとは思いますが、活けるのはちょっとためらう。
ネットで見たら、毒があるので要注意らしい、触らなくてよかった。

c0145438_18404521.jpg
c0145438_18412564.jpg


なかなか、かわいらしいでしょ。
花の命は短く、あとは白く変色して枯れ、花が見えなくなってから葉が出てきます。
c0145438_18414188.jpg


# by Utiopepe | 2016-09-30 18:46 | 田んぼ | Comments(0)
2016年 09月 28日

疲れた・・・・ほ!

25日(曇り時々晴れ)26日(曇り時々雨)27日(晴れ時々曇り)

雨続きの合間をみて稲刈りを終了、雨ばかりで田んぼが乾いていなくて大変でした。
バインダーで刈ろうとしたら、泥沼状態の土に3度もはまり、脱出することで体力を消耗。
機械で刈れる所だけ刈り、あとはすべて手刈り。結局 5畝ほどを足場の悪い状態で刈り終えました。

今日は昼まで晴れと言う事で、ハザ掛けシートを朝一で掛け、その後に後かたづけ。
片づけ終わりの頃にはまたしても雨、お昼ごはんの頃には本降りとなりました。
明日からも連日雨マーク、雨がかかると籾から発芽する事もあるので丁寧にシートをかけました。

手前のわりとぬかっていない所でハザ掛け。
c0145438_1784421.jpg

稲を刈り取ったら、彼岸花がはっきりと見え、仕事をしながら秋の景色を満喫。
c0145438_1785945.jpg

ハザ掛けシートは下に1メートルくらいの棒を入れ傘の様にして雨を防ぎます。
今までもこのやりかたですが、今年は雨が長引きそうですので、いつもより丁寧にやりました。
c0145438_1791261.jpg


忙中閑有りですか、朝の散歩道では大きな拾いもの、ハナビラニカワタケ・ヤマドリタケモドキ そして マツタケ
c0145438_1793580.jpg

アミタケもどっさり、きのこシーズンの到来です。
c0145438_1794884.jpg


# by Utiopepe | 2016-09-28 17:22 | 田んぼ | Comments(0)
2016年 09月 18日

シャッターチャンス

散歩の帰り道、ガクアジサイが咲いていました、が・・・・?
なんともまー、この様な所にちょこんと乗っていました。
急いで家に帰り、カメラを持ち出し、急ぎ足で急坂を登り、静かに近づくと、居ました。
やっぱカエルさん、あまり動かず、花に寄ってくる虫を待っていたのでしょう。

c0145438_9592815.jpg
c0145438_959458.jpg
c0145438_100242.jpg


またその帰り道、振りかえると左から右(西北から東南)の方向に雲が動いていきます。
帯状になった雲はたぶん寒冷前線かと思われますが、秋雨前線が移動して通過中か?
天気はこれから下り坂、九州には台風もせまっています。
昨日から周りでは稲刈りが始まりました、家の稲刈りはどうなるのかな?
c0145438_109386.jpg


# by Utiopepe | 2016-09-18 10:24 | さんぽ道 | Comments(0)
2016年 09月 13日

まどろみのティオ

ほんと気持ちよさそう。見ている方も幸せになります。
c0145438_19395275.jpg


眠っているようで意外に敏感。女房がカメラを貸してという事で、手渡したら気が付いたかな?
うす眼を開けてみているか?見なくていいのに、眠っていなよ。
c0145438_1940991.jpg


# by Utiopepe | 2016-09-13 19:44 | ティオペペ | Comments(0)
2016年 09月 12日

つゆくさ

今年は幾度も草刈りをしました。雨が降り、お日様にも恵まれ、雑草、畑の作物ともに元気でした。

この土地に住むようになって20年、初めの頃はあまりに石の多い土地でびっくり。
こんな所で野菜を作ったり、花を育てたりできるのかと不安になりました。
全くの不毛の土地の様な場所には、白クローバとケンタキーブルーグラスの種を混ぜせっせと蒔き、
石だらけの畑は、バケツを持って回り、石を抜き続けました。

10年も経つころには表面状は普通に見える土地になりましたが、ひと皮むけば石だらけ、
まだまだ潤いの乏しい状態だったような気がします。
それが気が付いたら、移植したミツバ、ドクダミ、植えた覚えも無いユキノシタ、ツユクサも生え出し、
いつの間にか豊な土地になっていました。

女房が庭の草刈りの時に、群生しているツユクサを少し摘みテーブルへ飾ってくれました。
庭にあっても良く見ることもなく、あらためてじっと見れる事が幸せを感じさせてくれました。

c0145438_6564156.jpg


この花もよく見ると実に個性的、写真には撮れなかった、ほんの小さなおしべの5弁の黄色い花。
花入れは、以前京都に行った時に骨とう品屋で手に入れたインドの石の鍋。
それにしても、この青の存在感、脱帽です、生きている宝石。
c0145438_65744.jpg


# by Utiopepe | 2016-09-12 07:07 | | Comments(0)
2016年 09月 07日

溝切り ゲタ?

c0145438_6262432.jpg


お、こりゃ何だ?分からないだろうなー。
田んぼの中を歩き、稲の株間に溝を付けるものです。

家の周りの田んぼは、山際がどうしてもぬかります。早目に落水をしてもなかなか乾きません。
山の方からの湧水がいつまでも残り、稲刈りの時、毎年大変なことになっています。

たまたま機械で溝切りが出来るものがあることを知りましたが、一年に一回それも1時間くらい使うだけ、
お金もかかる、置く場所も作らなければならない、エンジン他のメンテナンスもしなければなりません。
どうしよう・・・・

以前は鍬で重たいべたべたの田の土を持ち上げ、長い距離溝を作って来ましたが、これが大変。
何か良い手はないかと考え、作ってみました。
角材を対角線に真っふたつ、穴を開け、ひもを通して完成。
穴の位置、ひもの結び方では悩みましたが、まずまず使えるものとなりました。

田んぼの中を歩くにはこれだけでは不十分です。重たい土に足がとられまともに歩けません。
杖が必要ですがこれまた考えて、トレッキングポールを利用しました。
最初、ただの棒でやってみましたが、少しやっただけで棒の末端が手のひらに食い込み痛い。
足が泥にめり込み、抜けなくなることもしばしば、その時は上から2本の杖を押えるようにして、
泥から足を抜くしかありません、両足が動かなくなり「どうしよう?」な状態に幾度かなりました。
これを抜き差しならない状態とでも言うのか、一歩も動けません。

ネットで探し安くて丈夫そうなポールを購入、試してみましたが正解。手が痛くない、助かりました。
なんとか2枚の田んぼに溝を付け終わり、後は台風にやられませんように祈るだけです。

# by Utiopepe | 2016-09-07 07:27 | 田んぼ | Comments(1)
2016年 09月 02日

ソーラー・フード・ドライヤー

今年は雨もほどほど、お天気にも恵まれ、野菜がいろいろ採れてます。
が、取れる時は重なり、消費が追いつかない事も有ります。
トマト、きゅうり、ズッキーニなどがその代表なのですが、トマトをなんとかしたいと切実な思いです。

先日、女房がソーラー・フード・ドライヤーの講習会に行って来ました。
松本近辺で講習会を開いている、非電化工房 みよしや(赤羽さん) の教室です。
帰ってくるなり、キーウィーの干したのがおいしかった、ドライトマトも出来そうと興奮気味。
それではと思い翌日から作戦を練り、作ってみました。

棚板はホームセンターでバーベキュー用のアミを4枚購入、材料は家にあった杉板を使い、
裏板と側板は杉板で断熱材(スタイロフォームの27ミリ)をサンドイッチにし、
できた箱の内側には、6ミリの空間を空けて、黒のトタン板で内箱を取り付け、
透明な部分はポリカーボネイトの中空板で作り、上の方にソーラー・ファンを取り付けとしました。
作りながら、これはソーラー・オーブンかなと思いつつ完成。
c0145438_1445816.jpg


ポリカの蓋を乗せた写真です。
c0145438_14452783.jpg


昨日に出来あがり試運転。ソーラーパネルでファンを回しています。
c0145438_14455125.jpg

なかなか思いどおりには行きません、蒸気の抜けが今一つでポリカに蒸気が付いています。
c0145438_1446766.jpg


いろいろ考えた結果、吸気、排気の穴の数を増やすことにしました。
排気口は27ミリを6個増やし、ソーラー・ファンは上昇気流を作り易くなるのではと考えました。
c0145438_14462346.jpg

箱の底にも吸気口を6個増設。これで箱の中の蒸気は溜まらなくなりました。
c0145438_1446484.jpg


一輪車の上に乗せ、お日様を追いかけます。ソーラーパネルは角度調節できます。
朝一番、夕方には立て気味にすると効率が良くなります。
c0145438_1447655.jpg


昨日はあまり乾燥できなかったのでほぼ1日半でこのくらい乾燥できれば上々でしょう。
c0145438_15253731.jpg

こちらは左 ズキーニ、右 コリンキー 共にかりかりです。
c0145438_15255166.jpg


# by Utiopepe | 2016-09-02 15:18 | その他 | Comments(1)
2016年 08月 29日

ペレファ・カフェ

ペレファ・カフェ・・・え、それって何ですか?
ちょっと変わった名前のカフェですが、松本市七嵐(旧四賀村)にあります。
四賀化石館(信濃トド・クジラの全身の化石で有名)の真正面です。

で話は、そこのオーナーが実はチーズを作っているんです。
山羊を一頭(花ちゃん)飼っていまして、朝いちで搾乳したものでチーズを作っています。

昨年までは数頭飼育していましたが、山羊が齢をとりすぎとかトラブルもありまして
現在は一頭だけになりましたが、かわいがって育ていて、これは良いと言う物を食べさせていて、
静かな、奥行きのある、味わい深い、やさしいチーズになっています。
あまりに何気ないので、ヨーロッパのシェーブルと比較すると何だこれ的な感じがしますが、
食べ慣れたら、その味わい深さのとりこになりますかな?

c0145438_1035094.jpg

花はヘーベ、昨年の秋に庭に植えましたが、ここの環境に合っているのかすこぶる元気。
トマトが今年は豊作で良く食べています。
c0145438_104188.jpg


ちなみにオーナーの奥さまは、バイク乗りの三好玲子さん(アウトドア派エッセイストと言うのかな)、
お店に居る時は、まー良く気が付くし、元気いっぱいで、
気さくにお客さんと話しながら接待をしています。
旦那の作る、ナチュラルな やきそば、ドリア、カレーも美味です、
近くにおいでの時は是非寄ってのんびりと食事とお茶を楽しんでみて下さい。

# by Utiopepe | 2016-08-29 10:18 | その他 | Comments(0)