木の家具UMEKAWA くらしの話 ティオペペタイムス

tiopepeume.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2007年 11月 24日

晴れのち雪、時々仕事

蟻組手(ありくで)と言います
c0145438_18542296.jpg

組手と言うのは、板と板を直角に組むための方法を言います。
指と指を交互に組んだ状態に似ているから組み手でしょう。
蟻というのは、切り込みの形が三角形(台形)をしていて
蟻の頭のかたちに似ているからだと思います。
この組手はシンプルで基本的なものですが、非常に堅牢で
抜けにくく、折り曲げにくいと言う、とてもすばらしい技術です。
世界中で昔から使われていますが、すてきな仕事が現代まで
つながってきた事に感謝しています。


c0145438_1951341.jpg
たまには仕事をしているところも、見せないと。

いつも犬と散歩して、畑をやって、家の周りの雑用ばかり
をしている様に思われてしまう。秋は冬の前の準備で
本当に忙しいのだけれど、合間を見て仕事もしています。
今の仕事場の様子ですが、オーディオキャビネットを
作っています、大きいです。組手だらけです。

# by Utiopepe | 2007-11-24 19:17 | 仕事 | Comments(0)
2007年 11月 23日

初めての散歩

c0145438_18451221.jpg
c0145438_18464599.jpg

生まれて初めての散歩は21日、小雨の日、
すこしへっぴり腰で、ほんの少しだけ外を歩きました。

22日は雪でちょっと外に出ただけ。

今日23日はとても寒いけれどまずまずの天気となり、
途中すこしダッコしてもらいながらお宮まで、土の道に入ってからは、
手綱もはずし、ティオの周りをうれしそうに付いて歩きました。

# by Utiopepe | 2007-11-23 18:56 | ティオペペ | Comments(0)
2007年 11月 22日

忘れちゃいやだ

c0145438_2245892.jpg
忘れちゃ困るぼくのこと、名前は「ピッポ」。
今年で2歳半、一日に2回くらい外に出してもらえるんだ。
その時は思いっきり羽をのばすんだ。
ティオもペペも友達さ。

c0145438_22505448.jpg
私たち、三代目「松・竹・梅」。
1代目が来た時ご主人が、3羽のにわとりかー、と考えて「松竹梅」。
なんとなくおめでたくて良いけど、「ズーニーブー」とか
「のぞみ・かなえ・たまえ」とか他に無いものかな。

追伸:梅というのはちょっと・・・との意見があり、さくら でした。

# by Utiopepe | 2007-11-22 23:05 | 生き物たち | Comments(2)
2007年 11月 22日

来年が楽しみ

c0145438_2231285.jpg
麦のめが出揃いました。
蕎麦は今年で2年目。 
来年は自前の小麦で焼いたパンが食べれそう。
冬に麦ふみをして、夏に収穫、たのしみだなー。

# by Utiopepe | 2007-11-22 22:36 | | Comments(0)
2007年 11月 22日

白菜の切り漬けキムチ

c0145438_21402389.jpg


白菜と大根があれば、気軽にできておいしい切り漬けキムチ
冷蔵庫に常備して、キムチチゲに、チヂミに、炒め物にと重宝しています。
「あずみのの食卓」の久松育子さんの本から

材料  白菜500g、大根150g、粉唐辛子大さじ1~2、にら30g、青ねぎ5本、
     おろしにんにく大さじ1/2、おろししょうが大さじ2/3、
     たれ(アミの塩辛大さじ3、濃いめのだし大さじ3、砂糖大さじ1、塩少々)

作り方 1、白菜は3~4cm角に切り、大根は3mm厚さの2cm角に切る。
       以上をボウルに入れて塩大さじ1と1/2を全体にまぶし、約2時間おく。
     2、1の水気を軽く絞り、粉唐辛子をまぶす。
     3、にらと青ねぎは2cm長さに切り、おろしにんにく、おろししょうがとともに
       2に混ぜ、よく混ぜ合わせたたれを加えてよく混ぜる。
     4、3を保存容器にきっちりと詰め、落とし蓋をし、室温におき、その後は
       冷蔵庫で保存する。1~2日で食べられる。

     だしは、やはり久松さん流「万能だし」が重宝です
     保存ビンに昆布、じゃこ(頭と腹ワタをとって)、干ししいたけを入れ、
     ぬるま湯を入れ、冷めたら冷蔵保存。

SUMIYO

# by Utiopepe | 2007-11-22 22:07 | 食卓 | Comments(0)
2007年 11月 20日

冬が来る前に

c0145438_18185797.jpg
沢庵のための大根、先日むいた干し柿、貯蔵用の白菜は
そと葉を取り除き、お日さまに何日か干し、ほどよく乾燥したら
新聞紙に一個ずつ包み、温度の安定した涼しいところに
置けば、ずいぶん長持ちする。キャベツも同じ。
じゃがいも・大根・にんじんは土の中に埋めた。

ちゃくちゃくと冬の準備。

# by utiopepe | 2007-11-20 18:36 | | Comments(0)
2007年 11月 19日

初めて庭を歩いたよ

c0145438_21355387.jpgc0145438_21371276.jpg
ちょっとへっぴりごし、でもすぐにティオのあとを追ってかけっこ。
ペペもティオも家族みんな、うれしいひとときでした。

# by Utiopepe | 2007-11-19 21:46 | Comments(0)
2007年 11月 19日

ボルシチ

c0145438_20232857.jpg

10月に収穫して野菜室に保存してあったビーツを使って大好きなボルシチを作りました。
ボルシチは家庭ごとにレシピがあるほど、バリエーションが豊富なウクライナのスープ
昨年、Iさんから教えてもらったレシピが気に入っています。

1、まず、ビーツの皮をむき、すりおろし、絞って汁としぼりかすに分ける。
2、ひとくち大に切った牛すね肉は塩コショウをして、バターでこんがり焼く。
3、なべに水を入れ、2とローリエを入れて火にかける。アクをとりながらコトコト煮る。
4、しぼりかすと細かく刻んだたまねぎ、大きめにきったにんじん、トマト(水煮やピューレ)を
  加えて煮込む。
5、塩、こしょうで味をつけ、大きめに切ったじゃがいもとざくざく切ったキャベツを加えて
  じゃがいもが煮えたら火を止め、ビーツの絞り汁を加える。
6、サワークリームか、生クリームとヨーグルトをまぜあわせたものを添える。

  ベーコンブロックでもおいしいです。肉なしでスープブイヨンのキューブを使っても。
  
SUMIYO

# by Utiopepe | 2007-11-19 21:04 | 食卓 | Comments(1)