木の家具UMEKAWA くらしの話 ティオペペタイムス

tiopepeume.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2007年 11月 19日

ぎりぎりセーフ

c0145438_20115675.jpg

きのうまでの暖かさは嘘のよう、ミゾレまじりの雨は降り、外の水道管は凍りついた。
できたばかりの温室には、プランターに芽の出たばかりの「ほうれん草・冬菜・春菊」
シンビジュームも避難できました。
 
突然、忘れていた冬がやってきた。

# by Utiopepe | 2007-11-19 20:20 | | Comments(0)
2007年 11月 17日

わたしのオモチャだーい

c0145438_2147213.jpg


# by Utiopepe | 2007-11-17 21:47 | ティオペペ | Comments(3)
2007年 11月 17日

冬が来る前に

c0145438_21271845.jpg

すべてが凍り付いてしまう前に柿(蜂屋がき)を収穫

c0145438_21315417.jpg

夜は柿の皮むき、皮は干して漬物へ、甘くなります美味くなる

# by Utiopepe | 2007-11-17 21:35 | 食卓 | Comments(0)
2007年 11月 17日

今年は冬も葉物を採りたい

c0145438_2154548.jpg

以前から何度か試していたが、なかなか上手く行かず、でも、あきらめ切れない
でいた冬に葉ものを収穫する事。
参考になるだろうと聞きに行った 細井千重子さんの講演会 で目からウロコ。
標高1000メートルを超える信州の高原で年間を通して百品目を自給。
もう一度、冬野菜に挑戦ということで、温室を作ります。

 寒地の「自給菜園」 12ヵ月
 著   細井千重子     農文協   とても良い本です

# by Utiopepe | 2007-11-17 21:26 | | Comments(0)
2007年 11月 17日

ついに 氷が

c0145438_18464922.jpg

庭のオレガノにも霜が
c0145438_18501188.jpg

金魚は氷の下に

# by Utiopepe | 2007-11-17 18:51 | さんぽ道 | Comments(0)
2007年 11月 16日

ひなたぼっこ

c0145438_11375656.jpg

秋から春にかけて、お天気のよい日の午前中は外でひなたぼっこするティオ
c0145438_11413044.jpg

部屋のなかも暖かくて、お昼寝ちゅうのペペ
sumiyo

# by Utiopepe | 2007-11-16 11:46 | ティオペペ | Comments(3)
2007年 11月 16日

おいものサラダ

c0145438_1111883.jpgc0145438_1115574.jpg

イタリアンパセリとルッコラ
軽い霜が何度も降りてもめげないこのコンビとおいものサラダ

c0145438_1116812.jpg

じゃがいもを皮ごと1センチの厚さに切る。
塩こしょうをして、蓋をしたフライパンでじっくり焼く。
ルッコラとイタリアンパセリをちぎって、おいもといっしょに器に盛る。
レモン汁とオリーブオイルでドレッシングを作り、食べる直前にあえる。
レモンを利かせ気味にするとおいしいです。
sumiyo

# by Utiopepe | 2007-11-16 11:28 | 食卓 | Comments(3)
2007年 11月 15日

来年は漆だ

c0145438_17363599.jpg

昨日は朝から家の裏山、と言っても自分の物でないけれど。かなりの急斜面を
往復40分くらいを2回も歩いてしまった。それは山の上のほうに漆の木が有り、
一回めはその土地の持ち主と、2回目は自分の漆かきの先生と木の状態と
土地の様子を見るために行ったのだけれど疲れた。

地主さんの話によると。昔、カイコを飼っていた頃は、毎日午前と午後の2回、山の上まで登り、
帰りには桑の枝を山盛り背中に背負っておりたそうだ。
今はどこも荒れ果てていて、昔の事は想像しにくいが、畑にするために取り除いた
石で築かれた石垣が、いたるところに有り、なかば草に埋もれていた。

漆かきは4日に一度、木に傷を付けて、その傷口からあふれる樹液(生うるし)を
へらで集める仕事です。全国で30人ほどのプロの漆かきさんが居るそうですが
年の人が大半をしめ、後継者の存続が危ぶまれています。

写真は今年の9月にへらで漆をすくい採っているところ、この道20年の
ベテランの仕事です。

# by Utiopepe | 2007-11-15 18:14 | 仕事 | Comments(0)