木の家具UMEKAWA くらしの話 ティオペペタイムス

tiopepeume.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2017年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2017年 12月 29日

おーい疲れたぞー

山の木を伐り、33㎝から39㎝ほどに玉切りし、ひと抱えもある丸太を担ぎ上げ、
河原の石の上を歩き、土手を上り、軽トラに満載します。
満載の軽トラで急坂をゆっくり下り、家まで運び斧で割り、積み上げます。

今回、薪を積むために作った棚は、高さ2メートル 横幅5メートル、
13寸(39㎝)の薪を2列積むことができます。
棚を作る場所を整地して、単管パイプを組み上げ、屋根は廃材の波とたん。

とにかく体力勝負、その割には非力。まだまだ山には倒した木がいっぱいです。
のんびりやりますか、はー。


c0145438_09012444.jpg
c0145438_09014801.jpg



by Utiopepe | 2017-12-29 09:03 | その他 | Comments(0)
2017年 12月 17日

伐採

自宅から車で5分とかからない所に山の神の祠があります。
山の神の鳥居の前は道路、その先はちょうど岬のように川原に突き出し、
そこに大きなもみの木が隠れています。

周りの木を整理して景観を良くするための伐採です。
が、これが大変。
人のやっているのを見るとそれほど大変そうに見えない。
いざ自分でやってみると、まったく手も足も出ない状態。
ちょうど、鶏を殺す時に頭がパニック状態になる様な感じ。
でかい木を目の前にして、どこから手を付けていいかわからず、うなってしまう。
どうしよう?少しずつ慣れては来るが、やはり大変な仕事でした。

c0145438_06545587.jpg
c0145438_06555206.jpg
こんなきれいな株立もありました。
c0145438_06563034.jpg
それにしても命がけの仕事です、軽い気持ちではできませんでした。



by Utiopepe | 2017-12-17 07:00 | 仕事 | Comments(0)
2017年 12月 08日

おー止まってる

先日12月6日の夜中に地震がありました。
翌朝、普通に朝起き食事を終え、ふと時計を見ると。
何か変です、時計が止まっていて、ねじでも巻き忘れたかなと思ったのですが、
女房が気が付きました、地震で止まったのではと。

この柱時計、30年ほど前北海道を車で旅行した時、帰りの函館で買った骨とう品。
デザインのシンプルさにひかれて買って以来、故障もなく動き続けていました。
阪神大震災の時もかなり揺れましたが、時計は止まりませんでした。
東日本大震災も揺れましたが時計はいつもと変わらず動いていました。
地震で止まる経験は初めて、テレビの映像を思い出すと、
大きな地震のがれきの中から止まった時計が出てきたり、
広島の原爆後の止まった時計であったり、大きな衝撃の跡のようです。

その後、家の中のいたるところで痕跡が見つかりました。
仕事場や母屋の引き戸が少し開いていたり、床に見慣れぬものが落ちていたり、
立っていたものが倒れていたりと、様々でした。

大きな災害にならず、ホッとしています。
真夜中でのこと布団から出ることもなく、ぼーとしている間に終わっていました。
それにしても、結構揺れました。
c0145438_06492139.jpg
c0145438_07183691.jpg




by Utiopepe | 2017-12-08 08:06 | その他 | Comments(0)
2017年 12月 06日

雷鳥張り子 Ⅵ

長女 茜の雷鳥張り子、 6作目で冬バージョンです。
左の親子は1作目、右の手前、お椀の上に乗ったようなのが最新作。
現物を見るとなかなか楽しい物になっています。
c0145438_07150874.jpg
左の



by Utiopepe | 2017-12-06 07:49 | その他 | Comments(0)