<   2016年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2016年 12月 25日

横内勝司写真展

あまり説明をしたくない写真展でした。
技術のこと、時代のこと、は置いといて、とにかく実物に感動。
興味のある人は ネットで 横内勝司 で検索して見てください。

高橋節郎記念館での最終日。
中でも一番感動した写真です。大きく引き伸ばされていて、目が釘づけになりました。
戦前の若者たちの集合写真ですが、その存在感に圧倒。
何処で、どんな時に、撮られた物なのか、これはいったい何なのか?
c0145438_17304126.jpg



図録・写真集の表紙です。
c0145438_17293357.jpg
c0145438_17294421.jpg


by Utiopepe | 2016-12-25 17:37 | その他 | Comments(0)
2016年 12月 18日

雷鳥張子 Ⅳ

c0145438_642486.jpg

娘のアカネ制作の雷鳥張り子 4作目はオス。
求愛雷鳥だそうで、今までとちょっと違うパワーを感じます。
尾羽がピンと立って、目の周りも赤くなって、よくできてる。
後ろに見えるのが、左からⅡ Ⅰ Ⅲ作のらいちょうです。

by Utiopepe | 2016-12-18 06:57 | その他 | Comments(0)
2016年 12月 08日

テレビ台

東京へ納品に行ってきました。
テレビ台ですが、高さ760センチ 幅2000センチ 奥行50センチ。
かなりの大きさです。東京の住環境は大変ですね。
車でやっと入れるような路地、車を駐車して、とにかく荷物を降ろさねば。
そうこうしている間に、2台の車が侵入してきて、少しバック。
荷物が下せる位置に動かし、再び荷物を降ろしました。

降ろし終わったら、車を駐車場にぴっちり入れ(駐車場付きはありがたい)。
とにかく降ろした物を、2階の現場(ダイニングキッチン)まで狭い階段を昇り降り。
狭い階段なので家具を壁にぶつけないように、気を使います(木を使う)。

今回の話が来たとき、納める場所を見なければ細かなことは決められませんので、
とにかく現場を見て、打ち合わせをさせて頂きました。
やはり、直接その場に行き、何が欲しいのか、何ができるのか、お話できてよかったと思います。

2015年 7月6日のブログ 「会吉トンネル」のテレビ台がお姉さんの注文。
こちらはナラ材で一体形、引手も見えないごくシンプルなデザインでした。

今回は材は Jパネル(杉の間伐材の三層の集積合板)ノックダウン金物を使い組み立て式。
引手は穴を掘りこみ、裏板は引き出し部分のみ、オーディオの配線のためほかは裏板なしです。

c0145438_8215837.jpg


by Utiopepe | 2016-12-08 08:23 | 仕事 | Comments(0)
2016年 12月 05日

おー見えるんだ

用事で出かけた諏訪、湖畔を走っていたら、富士山が見える、へー見えるんだ!!

c0145438_6463729.jpg

真ん中、真正面です。あまりにも決まりすぎのロケーションでビックリ。
c0145438_6465266.jpg


おまけですが、湖畔のハーモ美術館の2Fの通路にある部屋の上の階の窓から眺めたら、
これまた絶景、富士山ど真ん中、ここにベッドを置いて目覚めたら・・・・。いいな。

by Utiopepe | 2016-12-05 06:55 | その他 | Comments(0)
2016年 12月 02日

鮭の町

娘の新潟市での展示会の搬入に合わせ、新潟県の北部の町、村上市に行ってきました。
高速を使えばビックリするくらい早く(3時間半くらい)着いてしまいました。
昼頃に新潟市に到着、昼食を済ませ目的地の村上市までは海沿いに下道を北上。
雨交じりの横風の中、左側に日本海の荒波を見ながら1時間半ほどのドライブ。
村上の宿泊地、瀬波温泉への少し手前の漁港(岩瀬地区)はなかなか良さそうでしたが、
あいにくの天気で外に出る気にもなれず、旅館まで直行しました。
それにしても海辺というのは風が強い、信州では一年に一度くらいの風が毎日吹くようだ。

旅館でおいしい鮭料理を堪能して温泉につかり、翌朝お決まりの犬との散歩ですが、
風が強すぎてまともに歩けず、ほんのちょっとでギブアップ。
旅館の人に聞いたら、この時期の朝夕は毎日風が強いそうで、またビックリ。

鮭の町に来たんだから、どうしても行かなければということで、「イヨボヤ会館」へ。
鮭に関する町の歴史、道具、生活ほかいろいろ興味深い施設でした。
中でも圧巻は、鮭が遡上して産卵をする様子をガラス越しですが見ることができました。
会館の地下から三面川の産卵場所まで地下通路が作ってあり、川の中を見ることができます。
オスメス共に産卵場所の確保、受精のための縄張り争い、見ていてもつらくなりました。
水族館の魚と違いワイルド、ボロボロではありますが、必死さに感動。
c0145438_7302990.jpg

c0145438_73044100.jpg
c0145438_7305715.jpg


10月26日に受精させた卵が発眼した様子も見ることができ幸運。
ずっと見ていると所々でチョコ、チョコと動いて不思議なものでした。
c0145438_7312040.jpg
c0145438_7313643.jpg


by Utiopepe | 2016-12-02 07:52 | その他 | Comments(0)