<   2016年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2016年 10月 24日

三渓園

横浜本牧にある三渓園に行って来ました。
以前から行ってみたいと熱望をしていましたがやっと行くことができました。
東京で仕事の打ち合わせを済ませ、翌日横浜へ向かいました。

朝、通勤時間に都内を車で移動しましたが、怖い、神経をすり減らしました。
地上の横断歩道は歩行者が傍若無人、首都高速の走り方は気違いざた、とてもまともとは思えない。
毎日あんな所で運転をする気にはなりません、疲れた。

三渓園に到着、駐車場に車を止め、入口の門をくぐったら、あっと息を飲みました。
先ほどまでの神経のいらだちが嘘のよう、絵の様な景色にすべてを忘れてしまいました。
空の広さ、水面の広がり、近景遠景の対比、どこかに忘れていたかのような空間でした。

c0145438_7113628.jpg
c0145438_7115637.jpg

戸板の風化した美しさ、思わずうなってしまいました、京都 西方寺に有った門だそうです。
c0145438_7122113.jpg

これまた同じ門の柱、日本人の執念と言うか、美意識を感じます。
c0145438_7123882.jpg

よくぞここまで、職人に脱帽です。こんな所ばかり気にかかります。
新しい板に取り換えるのは簡単、しかし古い物を残す、ぼろぼろでも。
c0145438_7135192.jpg
c0145438_7141711.jpg

縁側の束ですが、礎石の形に合わせてここまでやりますか?
c0145438_7143559.jpg
c0145438_7145555.jpg
c0145438_715128.jpg

やっぱり古いものは美しい、線がふとい、骨格がしっかりしている、思いがストレート、
構造に無理が少ない、から素材が生きる。
c0145438_7153666.jpg

三重の塔の入り口ですが、シンプルな構造ながら、見どころ満載、勉強になります。
形と言うよりも、醸し出された空気感、存在感の優雅さ、落ち着き、など見あきない。
c0145438_7154893.jpg


信州には無い、いにしえの古建築の美しさに、時々は触れなければならないと思う時間でした。

by Utiopepe | 2016-10-24 07:45 | その他 | Comments(0)
2016年 10月 07日

2016年 脱穀終了

まー何と言いますか、困った年でした。
ひと月前にバインダーで刈り取り、はざ掛けした稲から芽が出た人が続出。
お日様の拝めない日が続き、挙句に長雨、湿気が抜けなくてかびてしまった稲の話もあります。
昨日はまれにみる快晴、良く乾いたかなと言う事で、含水率を調べに農協に行って来ました。
山ぎわで登熟の遅れた場所① 平均的な場所② 朝一番に陽があたり出来の良かった場所③
想像していた結果でしたが、山ぎわ① は乾燥不足で工夫が必要です。
自家用の場合16%、販売目的だと14%から15%くらいが目安だそうです。
c0145438_1858274.jpg

10時前に準備は完了、問題が出なければ良いのですが。
c0145438_1944838.jpg

無事脱穀を終了、例年ですと一輪車でふた袋づつ坂道を運ぶか、耕運機にトレーラーを付け運んでいました、が今年は新しい働き手が来ました。
スバルのフォレスターです。女房が乗っていたR2とキャラバンをやめて一台にしました。
巷ではSUVとよばれるタイプの車ですが、うちでは MUV かな。
MUV マルチ ユーティリティ ビークル 家の生活にぴったりはまりそうです。
田んぼに入る大きなギャップもぜんぜん平気、これで蕎麦も運べそうです。
c0145438_195172.jpg


先日4日がかりで刈ったソバ畑は、島立てしてある物を10日ほどで脱穀します。
ソバ畑は耕転して、月末には小麦を蒔きます、秋は忙しいなー。
c0145438_19271084.jpg

雨が降ったら仕事もします、作りたいイメージも溜まってきますが、まずは農作業。
あとちょっとで仕事場にこもる季節になります、もうすぐです。

by Utiopepe | 2016-10-07 19:32 | 田んぼ | Comments(0)
2016年 10月 06日

パリッシュ・ブルー

夕方、女房が外に出て感嘆の声。
「うめちゃんの好きなあの絵描きの様な空だよ」
あの絵描き?だれだろ?「あー、マックス・フィールド・パリッシュ だ・・・・・」

昨日もおとといもそば刈り、今日も朝からそば刈り、3時頃いったん雨あしが強くなったが作業を続け、
4時半ころ再び黒くもが押し寄せ、雨が強くなってきたので作業を中止しました。
これから台風が日本海を北東へ移動、それに伴い徐々に雨風が強くなりそう。

夜8時頃風が強くなってきて、田んぼのはざ掛けが心配で、シートの掛けなおし。
9時過ぎに突風が吹き荒れるようになったので、再び田んぼに行き、シートを調整。
作業を終え風呂に入る頃には、すさまじい風の音で、明日の朝どうなっているのか心配になる。
が、もうどうする事も出来ない。人事を尽くし天命を待つ、とはまさにこの事か。

台風は通り過ぎ、翌朝。はざ掛けのシートはほぼ問題なし、倒れてもいなくてほっと安堵、雨もそれほど
でもなく、少し濡れただけですみました。

昨日刈ったそばの島立てはほとんどが倒れていましたが、濡れているうちに立て直しを終了。
乾いてから動かすと、乾いた実がばらばらと落ちてしまいます、少しでもロスをなくしたい。

このところ雨ばかりで、久々の夕焼け、季節が移るきざしか?明日天気になあれ。
c0145438_712235.jpg
c0145438_713565.jpg
c0145438_714436.jpg


by Utiopepe | 2016-10-06 07:04 | その他 | Comments(0)