木の家具UMEKAWA くらしの話 ティオペペタイムス

tiopepeume.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2016年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2016年 02月 24日

干しブドウワイン

仕込んだのは18日、いつまで待ってもブドウが上に浮いてこない。
いろいろ調べても、大抵2・3日で浮いてくると書いてある。
大丈夫か?よくよく詳しく調べたら、温度は28度がちょうど良いらしい。
なーんだ、うちの室温はだいたい20度、待っていればそのうちに・・・・・・
ずいぶん待ちましたが、ついに6日目にしておめでとうございます。
c0145438_994559.jpg

朝は少しだけ浮いていましたが、室温が上がり発酵が進んだのかすべて上に浮いています。
ブドウの周りには小さな気泡がいっぱい、これは期待できそうな展開になってきたかな?
c0145438_99583.jpg


最終レシピです  天然水(混ざりものの無い水) 1.6L
            干しブドウ             180g
            砂糖                 175g

これでなかなかおいしいワインが出来ると思います、ちなみに家では水は日田天領水、干しブドウは
オーストラリア産オーガニック ゴールデンサルタナ種、砂糖 てん菜グラニュー糖 です。 9/16日

干しブドウがワインになるには、もおしばらく待たなければなりません、が
味噌と醤油の仕込みも近いうちにやらなければなりません。

まずは米麹づくり、自分の家の米で作りますが、昨年は玄米麹作りに挑戦しましたが、いまひとつ良くない。
今年は精米を少しだけして、試そうと思います。
米麹は割と気楽に短時間でできますが、醤油麹は曲者。

温度を上げ過ぎると、大豆が納豆菌にやられるから低温で長時間粘らなければならず、
仕込んだ箱の温度を安定させるために、最初は加熱、途中からは放熱と切り替え、
たえず麹の温度にも気を配り、温度が上がり始めたら、手を入れて撹拌して熱を逃がし、積み替え。
昼も夜も、つきっきりの仕事ですが、これも大変だけれど面白い仕事です。

数年前に、田んぼの雑草取りと、醤油麹作りを一緒にして、翌朝起きたらまっすぐ立てない、
まっすぐ歩けない、食べられない、気持ちが悪い、最悪の状態で不安になり病院に行きました。
一日目に行った病院は点滴を打っただけで、原因は分からず。
二日目にもあまりにひどいので別の病院に行ったら熱中症との診断。
睡眠不足と過酷な労働(医者が言うには)でまるまる2日寝たきり、その後数日もだめでした。
あの時のことを考えると、恐ろしい麹作りですけどね。

ワインも麹もバクテリアのおかげです。細菌は怖いけれどありがたい存在。
目には見えないけれど良い仕事もしてくれています。
種麹は毎年同じ所から仕入れていて、豊橋市のビオックと言う会社です。
元は京都の室町にあった「もやしや」さんで、一度会社を訪ねた事がありますが、
農村地帯にあり、窓の無い近代的な大きな工場といった風情。
あまり一般の人はこない所らしく、事務所の隅で種麹をわけてもらいました。
最近はネットで「こうじ座」で検索して、送ってもらっています。
c0145438_9101067.jpg


by Utiopepe | 2016-02-24 10:01 | その他 | Comments(0)
2016年 02月 21日

ある日の夕方

c0145438_11295114.jpg

仕事を終え、風呂を沸かすため薪のボイラーに火を点け、酒と肴を用意してテーブルにつく。
本を読んだり、音楽を聴いたり、半ば呆けた状態の至福の時が毎日やってくる。

今日のテーブルには、お決まりのPYREXのメジャーカップに真澄の生一本が180CC。
肴は中国の豆腐乳が二片、ぐい飲みは鯉江良二の引き出し黒。
奥に見えるビン、実は干しブドウで仕込んだワイン、ロシアの内陸では作るみたいでどんなのかな?

そして本、「わびさびを読み解く」 レナードコーレン。先日手に入れ、大事に読み始めた。
装丁、内容、その他いろいろ、何処も気になる事柄ばかりで、丁寧に読み進むが・・・・
どんどん読んでしまうこともできるが、もったいない、アメ玉をかまないようにいじましく舐めるがごとく。
ほんの少し読んで、本を置き、頭の中で反芻をする。ぴしゃとイメージできなければ又読んでみる。

ふと良い景色だなとカメラを手に持った。

by Utiopepe | 2016-02-21 12:22 | その他 | Comments(0)
2016年 02月 20日

この木 なんの木 気になる木

雀のなる木ですから  はてさて 何でしょう
c0145438_1692132.jpg

梅の徒長枝にすずめ。下の花のある所にも潜りこみ、虫を食べたり、毛づくろいをしたりしています。
c0145438_1693519.jpg


玄関の元手あぶりの鉢には、田んぼのメダカが元気です。
昨年は10匹くらいしか確保できませんでしたが、今年は30匹くらい元気にしています。
田んぼに水が入り、田植え頃に放流し、水を抜く秋にまた数十匹を飼うつもりです。
温かな日中に、餌を蒔くと寄って来て、鯉とか金魚と変わりがありません。
このメダカは信州の在来種で元々は諏訪の出ですが、知り合いに分けてもらい5年目くらいになります。
c0145438_1695428.jpg


家の中にはティオペペ。そろそろ散歩でしょ?必死に見つめられ、重い腰を上げなきゃなりません。
外に出ると、目の良いニワトリには餌を催促をされ、生き物たちに使われているようです。
c0145438_16302277.jpg


by Utiopepe | 2016-02-20 16:26 | 生き物たち | Comments(0)
2016年 02月 13日

TOKYO散歩

いやはや、すごいの一言。
自分の住んでいる世界と平行(同時進行かな)して存在しているとは。
ほとんどSF的な想像力を働かせなければ、リアリティーがありません。

雪降りの路面凍結つるつるの信州から千葉県成田に納品、
帰りにいつもの新宿のマンションの8階にお世話になりました。
これだけでも、かなりのギャップか、インパクトかな刺激がおおありです。
が、歩いてすぐの所に東京都庁やら高層のオフィースビルやら、何だこりゃがいっぱいでした。

c0145438_914825.jpg
c0145438_9143741.jpg

同じ場所が、夜になると・・・・クリスマスは終わりましたよー。でもきれい。
c0145438_9152098.jpg
c0145438_9153624.jpg


まだまだ作っています。60階建のマンションです日本でいちばんになるらしい。
怖いよー、「タワリングインフェルノ」 見ていないのかな、おれいやだ。
c0145438_9155327.jpg


by Utiopepe | 2016-02-13 09:22 | その他 | Comments(0)
2016年 02月 02日

油断大敵

やっぱりね、こーゆうことするんだ。
c0145438_638040.jpg

c0145438_6381527.jpg

古い座卓の修理をしていますが、油断すると大変です。
上の写真、外側から見ると抜きホゾになっています(仕事のとめを見ると説明があります)。
一見丁寧な仕事をしているようにみえます、が中身は下の写真のようになっていました。
黒く見える物すべて釘です。ばらしてみて冷や汗たらり。

材料の一部が虫に食われてボロボロ、取り換えることとなりましたが、まずは解体です。
修理を何度も経験するとかなり慎重になります。
まずは構造を細かく調べ、何処に金属を使っているか、どこからばらすのが良いか。
修理する物に一番ダメージが少ない方法をさがします。

しかし、見えない所でいろいろな事がしてあります。ほとんどの家具がそうです。
今と違い、機械にたよらず、手仕事で量産するために、あの手この手で作っています。
壊さなければ中は見えません、ので上手に手を抜きます。
それは昔の職人の常識のようです、でも抜きホゾに見せかけ、ほぞ穴が釘隠しとはビックリ。

ばらす時にノコギリや鑿を使いますが、金属に触ったら、一発でボツです。
ノコギリは完全に切れなくなります、ほとんど使えません。
鑿は刃こぼれをしたら、グラインダーで削り落し、研ぎなおし、大変時間がかかります。
慎重に解体をしますが、読みが外れることもしばしば、修理は奥が深い。

by Utiopepe | 2016-02-02 07:27 | 仕事 | Comments(0)