<   2015年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2015年 12月 24日

木釘

あまり知られていな事だとは思いますが、釘の話です。
釘は昔から使われてきたと思いますが、近頃はあまり良くない印象があるようです。

家具を作っていて度々聞かれる事ですが、釘を使っていますか?
ん・・・・、使っています。・・・・・なにか問題があるのかな・・・・・?

どうも釘は悪者、いい加減な仕事は釘をいっぱい使っている、
釘を使う仕事は半端な仕事と、思われているふしがあるかな?

今、普通に釘と言う時、形は丸棒の先が尖ったもの。(丸くぎと言います)
しかし、ちょっと前の時代(明治以前くらいかな)は、断面が四角で作りが違います。
鉄を叩いて、四角のとんがった形に作り、それを釘としていました。
この様な形の釘を和釘と言いますが、歴史的には平安以前から使われてきた物だと思います。
木を扱う仕事の中で、どうしても釘という物を使わざるをえない場面があります。
釘でやるしかない仕事、これは認めてほしい、釘は必用な物なのです。

突然、話は、引き出しの作り方になりますが、近頃普通に見られるやり方は実は洋式で、
溝に底板を差し込んで上げ底になっています。
しかし和箪笥の引き出しは上げ底になっていなくて下から釘で打ち上げています。
この方式だと、無駄な空間を作らないですむのです。

両方の形式は良いところもあり、悪いところも有るのですが、好みとしては和のやり方が好きです。
そこで木釘の話になりますが、引き出しの底板を止めるのは木釘が一番かなと思います。
今も桐たんす屋さんや、桐の箱には木釘が使われています、が。
あの木釘、昔は徒弟制度の一番下っ端が作り、いろいろな素材で作られていました。
桐ダンス屋では今もウツギですし、細かなものには竹も使われています。
そのほとんどが規製品でたぶん中国あたりで作られているでしょう。

これは自分なりのやり方ですが、材質はホウ、素状の良い所を使っています。
昔は接着材があまり良くなかったので、丈夫な木釘が必要だったと思いますが、
最近の接着材は非常に優秀、接合面が離れることはほとんどありませんので、
材はホウで問題なしと考えています、竹やその他硬い材質の釘だと、鉋で削りにくく、
時には刃こぼれをしてしまう時もあります。
また使う場所に合わせて、木釘の大きさもさまざまな物を作っています。
c0145438_2124356.jpg

下穴をあけるドリリビットも最近は市販品で良い物が出てきましたので、それに合わせて
木釘も作ります。ビットの上2本は昔の自作、下は市販品、テープは深さの目安です。
c0145438_21241545.jpg

木釘を削る台ですが、試行錯誤のすえ今はこの形です。
c0145438_21242943.jpg

一辺を削り終えたところですが、テーパーになっているのが分かるかな?
c0145438_21244497.jpg
c0145438_21251294.jpg

もう片方を削って完成、かなりデリケイトな仕事で、なかなかたいへんです。
c0145438_21252696.jpg

こんな木の釘で大丈夫?と思いますが。これが効きます、決まります。角度が大事なんです。
テーパーが強すぎると、底板が割れたり、固定が甘くなります。
逆にテーパーがゆるいと、底板が釘から抜けてしまいます。
ちょうどの時は、ほとんど抜けませんし、接着剤も効いてしまえば完璧です。

c0145438_21254015.jpg


by Utiopepe | 2015-12-24 22:23 | 仕事 | Comments(0)
2015年 12月 19日

咲いちゃったよ

紅梅の花が開いてしまった。
今朝は雪が降っていたというのに、昨日まで暖か過ぎたんです。
今年は畑にもまだまだ みどりが残っています、がこれでは困ります。
干し柿も変な具合だし、玉ねぎの芽も出て来たし、いろいろ不具合が出始めています。
c0145438_1265673.jpg


洗面所の壁に何だ?発見したときにはビックリ。辺りを見回して、なんだー。
c0145438_1272470.jpg

昔友達からもらったステンドグラス、台所と廊下のしきりの引き戸にはめ込んであります。
夕がた四時過ぎにお日様が低くなり、山に隠れる寸前に家の奥の方まで陽が射しこみ写し出していました。
c0145438_1273626.jpg


by Utiopepe | 2015-12-19 12:15 | | Comments(0)
2015年 12月 16日

冬に向かって

鉢植を買いました。冬にはみどりが欲しい。
赤色もいい。黄色も良し。で。

ゆず・・・・・きれい、実も使える、なかなか景色もいい。
c0145438_17362149.jpg


ゼラニュウム   いろいろ悩んでこれにしたけど、最初は置き場所が良くなかったのか、
           どんどん元気が無くなって、花も無くなり、葉もくすんできてしまった。
           日当たりのよい場所に移したら、日に日に回復しました。ほっとした。
c0145438_1736349.jpg


つぼみから花開まで見ていたら、ほんと綺麗。見ていなかったんだ、ただ知っていただけでした。
ゼラニュウムさんを見なおしました。見ていないんだよね、大事なものを。
c0145438_1736489.jpg
c0145438_17371138.jpg


by Utiopepe | 2015-12-16 17:48 | その他 | Comments(0)
2015年 12月 10日

雷鳥張子・冬

c0145438_9523334.jpg

娘の茜作の雷鳥張子の冬バージョンです。
雷鳥張子チームの3人3様の冬鳥が11月に販売開始されました。
c0145438_9582554.jpg

しっかりした足にご注目ください。地味ですが、かわいいですよ。

SUMIYO

by Utiopepe | 2015-12-10 10:03 | その他 | Comments(1)
2015年 12月 06日

ひなたぼっこ

c0145438_1415297.jpg

c0145438_143778.jpg

あっちですやすや、こっちですーすー。
おひさまを追いかけてお昼寝中。
 
SUMIYO

by Utiopepe | 2015-12-06 14:06 | ティオペペ | Comments(0)
2015年 12月 03日

人工乾燥

時代ですかね、今までの様にはいかなくなってきました。
これまでずいぶん天然乾燥にこだわってやってきました、しかし、考えなければいけない時が来ました。

今までは、製材を終えた木材を一枚ずつ並べ、その上に24ミリ程度の細い棒をはさみ、
そしてまた板を並べる。この様に風通しの良い状態を保って、なるべく雨を避け、外気にさらします。
だいたい3センチの厚みの板で1年の目安ですが、自分は3年間乾燥と考えていました。

あまり冷暖房をしない、昔ながらの暮らしのお宅では問題がありませんでしたが。
最近の住宅は高気密、高断熱、壁材・床・天井ともに天然素材をあまり使っていないので水分も含みません。
その上冷暖房はあたりまえ、特に床暖房のお宅は乾燥しすぎているように感じます。
室内が一年を通して乾燥しすぎで、自然の状態の乾燥材では狂ってしまうようになりました。

なんとか対応をしなければと思い人工乾燥をやりだしました。
c0145438_6375292.jpg


密閉できる場所が必要ですが、自宅で思い当たるのは、漆塗りに使う室。
間口1間半奥行き半間、270センチ×90センチくらいあります。
漆塗りの時は湿気を充満させ漆を乾かします。今度はその逆の環境です。

室の保温と密閉性を高めるために扉は断熱材をベニヤ板でサンドイッチして作り。
室温はセンサーで感知して41度にセット、簡単なヒーターがON・OFFして40度前後になります。
密閉した室の中には扇風機も置き,気流を作り材を熱風にさらします。
除湿機は洗濯物の乾燥にも使える市販品を使用、エコモードで回し続けます。
この状態で10日間、最初の3日間は驚くほど水が出てきます。
後半の3日間は少しずつですが、木材の奥の方からの水分が出てくるのだと思います。
10日過ぎたら3日間開放して放置します、これで使うことが出来ます。

通常の人工乾燥は生木を製材をしてすぐ、高温で処理するので、問題も出るそうです。
中には驚くほどの高温で処理する方法もあるそうで、
そのような乾燥材は触った感じも変化してしまい、どこかパリパリします。

まだまだ工夫が必要でしょうが、今まで使った感じでは良い感じ。
以前より機械加工の時など、安定したようにも思います。
この方法ですと、十分な天然乾燥の後、残った水分を抜く熱処理ですので、木にもやさしい感じがします。

by Utiopepe | 2015-12-03 07:51 | 仕事 | Comments(0)