木の家具UMEKAWA くらしの話 ティオペペタイムス

tiopepeume.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2015年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2015年 07月 28日

出穂まじか

c0145438_2115119.jpg

田んぼの中ほど、多いので25本を超えています、少ないので16・7本かな。
順調に分株していますが、苗の時の出来が今だに影響しています。
今年は発芽が揃わなかったのが、後あとまでひびいているように思います。
それでも、ドロオイムシの発生は、クルミの木の枝でふるい落とし、無事でした。
これからはイモチ病が出ないでくれれば良いのですが。
c0145438_21155686.jpg

わかるかなー、真ん中の茎、ふっくらとふくらんで、うっすら点々てん、米粒を形成中です。
しっぽの付いてるカエルもいっぱいいます。
c0145438_21161626.jpg


by Utiopepe | 2015-07-28 21:36 | 田んぼ | Comments(0)
2015年 07月 23日

むくげ

c0145438_5543141.jpg


18年前に植えた時は白色の花でした。
大きな木になり、見事な樹形で白い花をいっぱいつけてシンボルツリーの様な状況でしたが、
10年ほどたった時、突然枯れてしまい、少々落ち込んでしまいました。
数年の後に、根元に新たな芽が伸び出して、咲いた花が現在の物です。

不思議な事に2・3年前に再び、脇に新たな苗木を発見して、様子をみていましたが。
その木には白い花が咲きます。今年も咲くでしょうか?

当時は韓国(特に李朝の時代)に入れ込んでいて、韓国旅行にも行き、骨とう品も買い、
韓国料理も作ったりと、韓国ずくめ。そこでムクゲです。
韓国の国の花、ムクゲも庭にほしいと植えたのが始まりでした。

by Utiopepe | 2015-07-23 06:30 | | Comments(0)
2015年 07月 20日

めだか

昨年の秋、氷の張る前に、田んぼの池から避難させた めだかです。
c0145438_5561472.jpg

家の玄関に避難させたのが10匹、生きのびて田んぼの池に帰れたのが7匹。
はたして増えてくれるのか?貴重な信州の地のメダカの子孫を残せるのか?
心配していましたが、たくさん子供もできて、ちらほら目にすることもできるようになりました。

アキアカネが朝の散歩の時に目立つようになりました。
次から次に、田んぼで羽化して飛び立っていきます、秋になったら再び空一面のアカトンボです。
こんな季節の移ろい、考えもしなかった、農作業からのご褒美です。
c0145438_6205947.jpg


春に庭に移植したオオバギボウシの花が咲きそうです。
たまたま、裏山にコゴミを採りに行った帰り道、日陰の土手の際に群落を見つけました。
少しいただいて、庭に植え、様子を見ていましたが、花が咲くとは幸せ。
c0145438_6261285.jpg


by Utiopepe | 2015-07-20 06:28 | 生き物たち | Comments(0)
2015年 07月 14日

ほたる 

今年もそろそろかな、夕食後、暗くなる8時すぎ、山際の池の方に行ってみました。
今までで一番たくさん点滅していました。時々高く飛び上がり。
草むら、水辺には群れをなして、静かに透明感のある、幻想的なひかりが、うっとりでした。

一応、写真に撮ってみましたが、こんな物しかとれませんでした。
時間があったら、工夫して、再チャレンジしてみます。

c0145438_6201733.jpg

下の写真は、後でトリミングして拡大しました。ほたるが写っている?
c0145438_6202933.jpg


by Utiopepe | 2015-07-14 06:22 | 田んぼ | Comments(0)
2015年 07月 09日

雷鳥張子

c0145438_16233198.jpg

娘の茜 の作った、雷鳥の張り子です。
「雷鳥張子」制作チームを4人で結成、6月22日に発表し、売り出しました。
娘のは親子、野村剛さんのはハイマツの上の雷鳥、小沢夏美さんのはキュートな雷鳥と
3人3様で、3種類あります。しおり編集は中川美里さん。

c0145438_16361422.jpg

説明の栞もすてき、箱を包む包装紙は小沢さんの粋なデザイン。
細かな所までこだわった、手作り感あふれる松本みやげになりました。

今や絶滅危惧種となってしまった雷鳥ですが、2万年もの長い時間を生きてきたのだそうです。
保護の願いをこめて、新たな松本みやげにいかがでしょうか。
松本市美術館売店・島勇・ガルガ・半灼亭・Tonicoなどで販売中です。

雷鳥張子で検索していただくと、いろいろ出ています。

SUMIYO

by Utiopepe | 2015-07-09 16:55 | その他 | Comments(0)
2015年 07月 08日

雨ふりでも良い事もある

今年も出ました。ハナビラタケです。
いつもの場所に出ていないので、あきらめていましたが、離れた場所にありました。

c0145438_1531142.jpg

さっと湯がいて、水に放し、水気を良く切ってから、手でほぐし、醤油・胡麻油。
シャキシャキ と言うのか、こりこり と言うのか、軽快な歯ごたえ、美味し。

散歩道には、アミタケ・ヤマドリタケモドキ などなど 出ています。
待ちどおしいのは、 アンズタケ そろそろかな? チチタケ も欲しいな、うどんの出汁に。

by Utiopepe | 2015-07-08 15:40 | さんぽ道 | Comments(0)
2015年 07月 06日

会吉(あいよし)トンネル

c0145438_5411923.jpg

突然、トンネルの話。
群馬県への納品の帰り道に通った、家のすぐ近く、青木峠にあるトンネルです。
信号機が付いていて、ちょうど赤信号でずいぶん待っていたので、そうだ写真。
と思い、カメラを探して、写そうとしたら、青信号、あわてて撮りました。
トンネルの上には山アジサイが咲き乱れ、信号が付いていて、なかなかのトンネルです。

今朝、調べてみてびっくり。 すぐ近くにある「明通(あけどうし)トンネル」と同じ開通年。
なんと1890年(明治23年)に開通していました。そして現存する国道のトンネルで最古だそうです。

自分が松本に家具作りの修行に来たおよそ40年前、現在の「三才山トンネル」は工事中。
上田方面への納品に青木峠を越えたのを覚えています。
当時、佐久方面に行くときは、青木峠を越えるか、諏訪に出て、和田峠を越えていました。
青木峠は、ぐねぐね道が続き、途中崖縁が谷底まで落ち込み、こわい道でしたが。
ほどなく三才山トンネルが使えるようになり、ずいぶん楽になり、すでに昔の話になりました。

c0145438_5413962.jpg
c0145438_5415143.jpg


注文の棚は、テレビ台です。最近の家は家具屋の出番が少なく、ほとんどが作り付けです。
それでも存在感のあるテレビ台がほしいということで、注文をいただきました。
余計な飾りはいらない、引手も付けたくない、という事で、実にシンプルな棚ができました。
寸法は 1500×600 奥行き450  材はナラでオイル仕上げです。

by Utiopepe | 2015-07-06 06:40 | 仕事 | Comments(0)