<   2015年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2015年 05月 28日

得がたい

ケヤキの一枚板です。巾をつめる前は85センチくらいありました。
c0145438_5352156.jpg

両方の木口には、20センチくらいの割れが有りましたが、埋めてからチキリで補強しました。
c0145438_5355431.jpg
c0145438_5362293.jpg

全体の大きさは、長さ1530 巾925 高さ305。奥に見える小ぶりの物と合わせて使います。
最初は小さな方の修理をお願いされたのですが、それに合わせて座卓もほしいとのこと。
いっそ両方とも茶保台にしたらと提案しましたが、それからが大変でした。
今の時代、茶保台を必要とするような場所が無く、作っている人も皆無。
増して中に入れる板は、物の良い大木を製材して、丁寧に管理しておかなければなりません。
通常、中板の厚みは12ミリ~15ミリの状態で乾燥させ、それを押さえつけ平に削ります。
まづは、在庫の有りそうな材木屋に電話をしてみましたが、ありません。
知り合いの家具屋仲間のつてをたどっても、なかなか見つかりませんでした。
たまたま声をかけておいた材木屋さんから、知り合いが持っているかもと言う連絡が入り。
見に行ってみると、有りました、が、これ使えるかな?
厚みは6ミリ、おまけにぐにゃぐにゃと言うか、凸凹。大変な状態でした。
使うか悩みましたが、たぶんこれを逃したら手に入らない、すばらしい木目の一枚板です。

幾日も悩み、どうやったら料理できるか、あの手この手を考え、腹を決め譲ってもらいました。
板両面を水でビショビショにして2時間くらい放置して、水を十分しみこませます。
板のへこんだ部分に水をたっぷり含んだタオルを置き、その上からアイロンで熱をかけます。
力を入れ過ぎると、木口からの割れが広がります、静かにしずかに。
木が十分柔らかくなったら、平らな場所に伏せ、全体に重りを乗せ乾くまで一日置きます。
これを何日も繰り返し、だいたい平らになったら、何本ものサンで押えてから十分乾燥させます。

厚さが6ミリ、通常の半分以下しかありませんから、ほとんど削らないようにして仕上げました。
とにかく薄い、乱暴に扱うと簡単に割れるでしょう、枠に入れるまではハラハラどきどきでした。
出来あがったものを見ても、何処が大変なのか、どの様な板だったのか想像できません。
作った本人もすでに忘れていて、実感がありません。こんなものなのか?

by Utiopepe | 2015-05-28 05:59 | 仕事 | Comments(1)
2015年 05月 11日

万治の石仏

用事のついでに諏訪観光。信州に来て随分になりますが、初めて行ってきました。
まずは、諏訪大社 春宮 、 万治の石仏 そして 秋宮。
c0145438_558458.jpg
c0145438_5582183.jpg

諏訪大社と言えば御柱、来年は御柱の年だそうで、是非見に来てみたいと思います。
春宮の境内の一角に鎮座している「万治の石仏」、やっと会えました。
c0145438_5585723.jpg
c0145438_5594379.jpg

お参りの仕方が立看に書いてありまして、しっかりとお参りをしてきました。
石仏の周りを、時計回りに3周、願い事を念じながら回ります。
見に来た人ほとんど全員がぐるぐる、ぐるぐる、真剣な面持ちで回っていました。
見れば見るほど、味が有る、なかなかハッピーな石の仏様でした。

次は秋宮、出雲大社の様な神楽殿がりっぱ、それにしてもお宮の神木は何処でも見事です。
c0145438_602828.jpg

秋宮の神紋の木「梶」の若芽、社務所の脇にひっそりと植わっていました。
c0145438_605930.jpg


by Utiopepe | 2015-05-11 06:35 | その他 | Comments(0)
2015年 05月 09日

チェーンソー

仕事でも使いますが、おもに薪作りのためです。
最近は丸太をもらい、それを玉切、斧で割って薪を作っています。
立木の伐採を手伝ったり、後の処理をするとき、今までのチェーンソーだけでは時間がかかった。
そこで、新しい機械を導入しました。
以前から使ってる、相性の良い スチールのチェーンソーの変わり種。
MS150TC バーの長さわずか 25センチ  排気量 23cc 小さいです。
アクセルコントロールのトリガーの位置が真上に付いています。
c0145438_620220.jpg
c0145438_6202040.jpg

比較してもらうと、大きさが分かると思います。
とにかく軽い、バランスが良いので片手でも仕事ができます。
もともと、木に登っての枝打ちや、造園業のために開発された機械だそうです。

ゴールデンウィークは2台のチェーンソーと斧をつかい、クヌギの薪を大量に作りました。
新顔のチェーンソーも良く働き、1年分くらいの薪が確保できました。
本格的に燃せるようになるのは1年半先になります。

by Utiopepe | 2015-05-09 06:45 | 仕事 | Comments(0)
2015年 05月 03日

はかない

真夏の様な1日が来て、消えてしまった、はかない景色。
GWに何処も行かず、畑、雑用、仕事と忙しく、一日が過ぎていきます。

しかし、毎日の朝の散歩道は夢の中の景色のようです。
まだ完全に開ききらない、芽吹いた若芽の中の、淡い、透きとおった、若草色に満たされます。
こんな気持ちになれるのは、ここに住んで、こんな事をしているからこそ。

何処にも行かずに、季節の移ろいに、感謝、感動の連続です。

c0145438_639181.jpg


庭のケヤキもみるみる葉が開き、今日は昨日とは違う表情をしています。
c0145438_6393535.jpg


by Utiopepe | 2015-05-03 06:42 | さんぽ道 | Comments(0)
2015年 05月 01日

何なんだ

例年どうり掘り上げたコンニャクを、いつもの場所に置いたのに、早い時期から異変が。
平年だと5月頃に、中心にある芽が赤くなり、大きく膨らんで来ます。
今年は2月頃に異変に気が付き、置いた場所がまずかったかと思い、もっと寒い場所に移動しました。
これで安心と思い込んでいましたが、ふと気になって見てみたら、げげげ、何だこりゃ。
にょろにょろと、ほとんどイスラム建築の尖塔のごとく立ち並んでいました。
おまけに、頭にはネギ坊主のごとき物も付き、まさにイスラミック。
これは困った、今すぐ植え付けても、寒さにやられて融けてしまう。
ということで、しばらく植え付け時季が来るまで様子を見ようと、そのままにしておきました。

ここ1週間くらい、良い日が続き、気温も高め、これは植えなければと、様子を見に行くと。
げげげ、臭い・・・・・。ん・・・・何だ。あー花かな?。それにしても嫌な匂い。
こりゃまいった、あわてて昨日、畑へ移動。
花だと分かって安心しましたが、しかし・・・嫌な匂い、何だろうね形容できません・・・

ネットで調べたら、5年以上育てないと花は咲かないそうです。
通常、コンニャクは3年目に収穫して食べてしまいます、ので花を見ることはほとんど無いらしい。
うちの畑はやせているから、大きくなるのに時間がかかるのか?

c0145438_63278.jpg


c0145438_63377.jpg


by Utiopepe | 2015-05-01 06:34 | | Comments(0)