木の家具UMEKAWA くらしの話 ティオペペタイムス

tiopepeume.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2015年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2015年 04月 09日

白川郷

仕事で使う材木(ケヤキ)の入手のため、富山県南砺市井波に行って来ました。
井波は彫刻の街、銘木を扱う材木屋もたくさんあり、目当ての材木を見つけてきました。

行く道ですが、富山市を経由するか、高山市か考えましたが、意外に井波には高山まわりのが早かった。
安房トンネルから山の中は、雪と霧、この先どうなるのか不安な出発でしたが、
家から白川郷ICまで、3時間で到着、あまりの早さにビックリ。
c0145438_9364575.jpg

c0145438_937549.jpg

初めての白川郷、やっぱり観光客だらけ、寒い中、外国からのお客さんもいっぱい。
観光地、観光地で興ざめ、早々と退散して、高速には乗らずに一路下道を五箇山方面へ。
谷底の川沿いのひなびた景色を見ながら、のんびりドライブ。
五箇山の集落には、それほど観光客もいなく、ほっと一息。
しかし、仕事があるので、五箇山ICから高速に乗り、一路井波へGOです。

c0145438_9373380.jpg
c0145438_9375425.jpg

井波では材木を手に入れ、その後、知り合いの彫刻家夫婦のお店へ寄り、その後富山市に宿泊。

翌日も寒い雨、8時頃に雨があがったので、花見と散歩をしようと。
富山駅のすぐ近く「富岩運河 還水公園」へ。初めて行きましたがすばらしい。
展望が開け、こんな空気感が大好きです。公園の中にスターバックスあり。
世界で一番ロケーションの良いスタバだそうで、対岸のサクラを見ながらお茶でした。
c0145438_9381614.jpg


by Utiopepe | 2015-04-09 10:03 | その他 | Comments(0)
2015年 04月 03日

保福寺峠

醤油作りの仕込み水を汲みに、保福寺峠の手前の「一遍水」に行って来ました。
今年は雪が少なかったのか、何とかたどり着けましたが、細かな落石、倒木だらけです。
看板を見て辞めようかとも思いましたが、行ける所まで行って、だめだったら戻ればいい。
狭い山道を不安を抱えつつ、のんびり、ゆっくり、景色を眺めつつのドライブ。
c0145438_7152728.jpg

それにしても険しい山道です。山の斜面は45度くらいなのかな?
遠くの雪山は日本アルプス、ウエストンが初めて見た山塊です。
c0145438_747161.jpg

カラマツの芽が赤色を増してきて、春はすぐそこに来ているのを感じます。
c0145438_749977.jpg

白樺が点在する山肌、手前の黄色の花はジシャでしょうか。
c0145438_7493036.jpg

それにしても山奥、人の気配よりも、獣・山の精霊の気配のほうが濃厚。

帰り道、ゆっくりとカーブを曲がると、道の真ん中に鹿、一頭だけの若い雄鹿です。
気が付いても、それほど慌てるふうも無く、ひと足、ふた足であっというまに急斜面の林の中。
ほど良く距離をとり、振りかえり、こちらを観察しています。
あわててカメラを取り出し、レンズを向けると、ゆっくりと消えて行き。
尻の毛の白さ、ピンと立った尻尾、後ろ姿の若々しさが印象的な一瞬の出来事でした。

by Utiopepe | 2015-04-03 08:07 | その他 | Comments(0)
2015年 04月 02日

テレビ台

c0145438_6381657.jpg
c0145438_6385856.jpg

雪が解けたと思ったら、初夏の様な日がやって来ました、そして今朝は霜。
春はどんどん進んでいくのに身体が目覚めません、が仕事は仕事、やっています。

材料は赤松、樹齢200年以上で極めて年輪がつみ、とても赤松には見えません。
赤松に注目して使い出してから随分たちました。
大阪の知り合いの銘木屋さんが教えてくれました「安いも赤松、高いも赤松」
高い赤松はケヤキよりも、値段の高いものだそうです。

使ってみての特徴は、木質が柔らかく、手触りがよく、暖かい。
上物の木目はやさしく、とても上品、他の木では真似できません。
反面、柔らかいので加工に気を使います、ちょっとしたことでも簡単にキズが付きます。
かんな削りでは、とても苦労します。丁寧に注意深くかんなを調整しないと削れません。
機械加工でも、手道具でもヤニが付着して、切れが止まり、滑らなくなります。
軟らかい木ではありますが、手間がかかるやっかい物、でも仕上がれば最高です。

c0145438_6392153.jpg


by Utiopepe | 2015-04-02 07:42 | 仕事 | Comments(0)