<   2013年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2013年 09月 23日

2013年稲刈り終了

稲刈りが終わりました。
頼もしい助っ人もじゅうぶん役にたってくれました。
反省点はあまり積み過ぎると、弱い路肩がタイヤの圧力に負け崩れそうになることでした。
冷や冷やでしたが何とか無事に終わりました。
c0145438_20403286.jpg

ハザに稲束を架け終わり、帰りには一輪車とコンパネを積み込み、田んぼを後にします。
コンパネは必需品、山側の水はけの悪い所は手刈りしてからコンパネを敷きます、
バインダーを止めたり、向きを変えたりすると、たちまち泥に埋まってしまうのです。
そこで切り終えた稲束の上を一直線に進み、コンパネの上に乗ってから方向を変えます。
最初の年は何度も田んぼにはまり、時間と体力・気力をうばわれ疲労困憊、
それから考えてこの方法になりましたが、今年も何とか終了。

耕運機用トレーラーとは相性が良さそうです。さてどうやって付き合うか?
c0145438_2041413.jpg


by Utiopepe | 2013-09-23 20:58 | 田んぼ | Comments(0)
2013年 09月 22日

胡麻畑にカイジュウ現る!

c0145438_2135247.jpg

c0145438_2144233.jpg

あーっ、ついに現れたか!胡麻の葉っぱを食べつくす「ごまむし」
うわさには聞いていましたが、初めて認識しました。
スズメガの幼虫だそうですが、迫力ある容姿にたじたじです。


春に胡麻の種を蒔いたところ、発芽が極端に悪かったので蒔きなおし。
それでも、どうも発芽しないなあと畑を見つめていたら、
ちいさなアリが自分のからだの倍もありそうな胡麻つぶをかかえて、一生懸命運んでいるのを目撃。
相手がアリでは勝ち目がないので、ポットに蒔いて移植しました。


初期生育の悪い胡麻もその後は順調に生育し、そろそろ実り始めです。
今までも胡麻を作ってはいましたが、ごくごく小規模だったためか、
この「ごまむし」は見かけませんでした。
なんだか、やっと虫に認めてもらえたような・・・・誇らしいような・・・

そんな甘いことを言っていないで、明日からは気をひきしめて、いざカイジュウ退治です。

SUMIYO

by Utiopepe | 2013-09-22 21:36 | | Comments(0)
2013年 09月 20日

助っ人あらわる

明日は稲刈り。
今年はじゅうぶん待ってみました。
昨年までの刈り取り時期が早かったかな?と反省して、少し勉強した結果です。
穂首の色が黄色くなって穂が充実したとみての刈り取りです。
c0145438_1548101.jpg

今年から借りた2枚目の田んぼ。
刈り取った稲を何処に架けるか考えたら、
やっぱり下の田んぼに並べてかけた方が脱穀の時都合がいいだろうと決めましたが。

家には軽トラが無い、一輪車では時間がかかる、どうしよう?
そうだ下のおじさんの所に使わなくなったトレーラーがある。借りよう。

朝からどたばた工夫して、なんとかなりました。
タイヤの空気を入れ、接続箇所を細工して、これで使える。

しかし、むずかしい。何だ?これって大変だ。とくにバックはうまくいかない。
年寄りが簡単そうに運転していたのに、まいったな。
明日は慎重に運転しよ。
c0145438_1548198.jpg


by Utiopepe | 2013-09-20 16:03 | 田んぼ | Comments(2)
2013年 09月 19日

季節はうつろい

「いやー今朝は寒かったね」「ほんとに、急でいやですね」
こんな言葉をかわす季節に突然なりました。
3・4日前、たしか台風が過ぎたあたりから、朝の気温が12度。
あまりの温度差で戸惑っています。

ここ連日、赤とんぼが空一面飛び交って、低くなった西日に映えキラキラ、きらきら。
5時になれば山の端にあっという間に消えてしまうお日様です。
c0145438_71510.jpg

写真ではうまく撮れない、白いゴミみたいのが赤とんぼです。
c0145438_712323.jpg


by Utiopepe | 2013-09-19 07:04 | | Comments(0)
2013年 09月 16日

ハツタケご飯

c0145438_8173940.jpg

9月になってからよく雨が降り、(ああ!降りすぎ)
散歩道にいろいろなきのこが生えはじめました。
今朝は“ハツタケ の生える道”になっていて、大収穫でした。
c0145438_8255958.jpg

ハツタケは身そのものはぼそぼそしていますが、煮出した汁は上品なよいうまみがあるので、
いつもはお吸い物のだしとして使っています。
今日はハツタケを豊富に使ってだしを取って、そのだしで発芽玄米を煮てみました。

材料 ハツタケのだし汁 3,5カップ  発芽玄米 1カップ オリーブオイル
    大根、人参のみじんぎり  納豆 みょうが、あさつき、天かす

作り方 
①鍋にオリーブオイル、大根、人参、発芽玄米を入れて炒める。
②ハツタケのだし汁をそそぎ、沸騰したら弱火で約1時間 煮る。
③途中様子を見ながら、塩、醤油少々で味をととのえ、好みの水分になったら火をとめる。
④蒸らしてから、納豆をあらくきざんで混ぜ、器にもり、みょうが、あさつき、天かすをトッピング。

リゾットというか、ピラフというか、まぜご飯というべきか、ハツタケのだし汁のうまみがつまった
しみじみした味わいのご飯は思わずよく噛んで、ゆっくり食べたくなる一品でした。

SUMIYO

by Utiopepe | 2013-09-16 08:57 | 食卓 | Comments(0)
2013年 09月 10日

ティータイム

c0145438_21105293.jpg

ティータイムにお客さまをむかえて、ゆっくり紅茶をいただくのって幸せ。
今日は簡単レシピで2種類の焼き菓子を焼きました。
左は「フラットビスケット」 右は「ソーダブレッド」
どちらも、「紅茶の時間Ⅰ おいしい紅茶のある暮らし」の中のレシピです。
c0145438_2112527.jpg

ごく最近、古本屋さんで手に入れたこの3冊は、簡単なメモのような書き方で、魅力的なレシピが
沢山載っていて、当分楽しめそうです。
“カレルチャペック紅茶店”の店主でもある著者の絵と文、とても素敵です。

SUMIYO

by Utiopepe | 2013-09-10 21:20 | 食卓 | Comments(0)
2013年 09月 08日

蒔かぬ種は生えぬ

c0145438_9443732.jpg

「蒔かぬ種は生えぬ・・」とひとりつぶやきながら、8月中旬から白菜、大根、たまねぎ、
木曽紫かぶ、あかちま、末川かぶ、なばな、かきな、オータムポエム、のらちゃん菜、
こかぶ、こまつな、松本一本ねぎ・・・と蒔いては間引き、せっせと間引き菜を食べています。

写真は8月25日に撒いたたまねぎの9月5日の状態、ムラはあるもののほぼ芽が出ています。
8月15日に白菜の種まきをした頃は、日照りでカラカラに乾いていた畑ですが、
このところ毎日のようにかなりの雨量で、ちょうど良いときがありません。

どうなってしまうのでしょう・・・
私の“へたな鉄砲も数撃ちゃあたる方式”も今年は通用しないかもしれません。

SUMIYO

by Utiopepe | 2013-09-08 10:36 | | Comments(0)
2013年 09月 05日

まだまだ続く

大改造。今年の夏は猛暑の中、単管パイプを使っての屋根作りでした。
このところ雨続きですが、ちょっと前は猛暑と雨なし。
とにかく暑い毎日、単管で組み上げた高所での作業は疲れました。
それでも昨日ほぼ完成。材木置き場と半分は外の様な多目的スペースが出来上がりました。
これから、仕事場の改造にかかります。今月中に終わるかな?

先に作った材木置き場、屋根までを高くしてフォークリフトで積み上げ易く作りました。
どしゃ降りの雨でも問題なし、良い空間が出来ました。
これで冬場の雪の中でもフォークリフトで材木が取り出せます。
c0145438_8482539.jpg
c0145438_8483589.jpg


いつも仕事をしている場所のすぐ外側に作りました。
とにかく仕事場を暗くしたくないので、屋根の半分と壁はポリカーボネイト。
大きなガラス窓は先日東京の知り合いからいただいた物、昭和29年に作られた家で使われていて、
最近のガラスとは作り方が違うので、景色が少しゆがんで見え、暖かい印象で贅沢です。
c0145438_8481775.jpg
c0145438_848288.jpg


by Utiopepe | 2013-09-05 09:08 | 仕事 | Comments(0)
2013年 09月 02日

旬の味

c0145438_21523089.jpg

定番のそばサラダですが、季節ごとに組み合わせる野菜が変化するので、
当然のことながら味も随分変わります。
今日はそばのかいわれ菜とみょうがときゅうりの千切りをたっぷりあわせて、
ドレッシングは夏大根のおろしたものにきざみ納豆で作りました。
なかなかのヒット作ですが、ほんの一時季の限定です。
だからこそ、おいしいのでしょう・・

SUMIYO

by Utiopepe | 2013-09-02 22:05 | 食卓 | Comments(0)