木の家具UMEKAWA くらしの話 ティオペペタイムス

tiopepeume.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2010年 12月 ( 16 )   > この月の画像一覧


2010年 12月 31日

薫炭つくり

炭まき講習会から色々考えて、行き着いたのは薫炭つくり(簡単に言えばモミガラの炭)。
今年最後の日を締めくくって、初めて薫炭作りに挑戦。
数日前にドラム缶の上を切っておきました、大抵は酸素バーナーかなんかで大変な仕事になっていますが、
切りタガネと金槌で簡単に終わりました。昔の人の仕事はえらい簡単でした。
手に入れたドラム缶二つと右は薫炭製造機。
c0145438_18182152.jpgc0145438_18191464.jpg
c0145438_18194947.jpg先ずは畑に運んだドラム缶に薪を入れ薫炭製造機をセット。入り口をカバーしてモミガラで周りを満たしました

c0145438_18205016.jpg製造機の中の薪に着火して3・4分。勢い良く燃え出したら煙突をセットしまわりをモミガラで満たしました。

c0145438_18214479.jpg事前にブリキで作っておいた蓋をして。

c0145438_18222867.jpg薫炭製造機の煙突に用意をしておいた横に長い煙突をつなぎました。その入り口近くには木酢液を回収するために竹の樋をセット。


c0145438_1823183.jpg煙が勢い良く出だして、木酢液もポタポタと出始めます。

c0145438_18573426.jpg今回採れたのは400ccくらい。薄めて使うので貴重な資源です。

c0145438_18232755.jpg10時に火をつけて、1時過ぎに一袋追加、30分くらい待って、1時半頃に良くかき混ぜてジョーロで水をかけ蓋をしました。
初めてのことで終わりが分からない、明日の朝が楽しみです。
これで今年の仕事も終わり。
飲むぞー、おー、飲むぞー。

by Utiopepe | 2010-12-31 19:09 | | Comments(0)
2010年 12月 31日

お餅つき 2010

年末恒例のお餅つきも無事終了しました。
子供たちが家にいた頃は何家族かでにぎやかに搗いた年末のお餅つきですが、このところは2家族で静かなお餅つきです。きび餅、黒豆餅、玄米餅の3種類が定番ですが、プラスとち餅・・の予定でしたが、
アク抜きに悪戦苦闘の結果とちの実が300gになってしまったので、(水にさらしても苦味がぬけなかったので、もう1度灰とあわせたのですが、そのときかなり解けてしまったのでした)1㎏のもち米とあわせて搗いてみましたが、随分薄い色に仕上がりました。これでは、とても成功とは言えません。乾燥とちの実は何年も持つそうなので来年再挑戦です。
c0145438_1631539.jpg


SUMIYO

by Utiopepe | 2010-12-31 16:38 | 食卓 | Comments(0)
2010年 12月 31日

コンニャク実験

c0145438_7181844.jpgまずは良く洗い、皮を丁寧に剥いてからすりおろしました。
今回使うアク汁は蕎麦の灰1に熱湯3で作っておいた。
以前のは容器にギュウギュウに詰めて1:3、今回は軽く入れ1:3
c0145438_7184838.jpgすりおろした物にアク汁を少しずつ入れながらかき混ぜてたら。う。手が痛い。
小さな針がいっぱい突き刺さるような痛み。我慢できずに水洗い。
かならずゴム手袋をしましょう。水洗いの後もずーとチクチクしました。


c0145438_7191891.jpg気を取り直して、ゴムベラで良くかき混ぜ、粘りが出たところでアク汁を入れるのをストップ。
だいたい生芋1にアク汁1になりました。

c0145438_7195317.jpg型に入れ、少し時間を置くと固まります、後は適当な大きさに切り95度くらいのお湯に静かに入れ、2時間茹でます。
c0145438_7202292.jpg小さい二つは試しに先に入れましたが問題なく茹でれそうなので、残りを全部投入。
c0145438_720515.jpg

左の白っぽい方が先日作ったやり方、右が今回試してみた方。
色も硬さも歯ざわりも別物、どちらとも美味いので、使い方で作り方を選べばいいかな?
右のは市販のコンニャクの色にそっくり同じ、匂いも濃厚と思います。
左は少し水っぽい感じがしますが、良く煮込むとうまみが引き立つような気がします。

by Utiopepe | 2010-12-31 08:08 | 食卓 | Comments(0)
2010年 12月 25日

アク戦苦闘

念願の自家製栃の実餅作りにむけて、栃の実のアク抜きをしています。
参考にしたアク抜き法は、福井「むらの達人」の小浜市の竹炭組合長の鳥羽曙さんの方法です。
先ず実(800g)をひと晩熱湯に漬けて柔らかくしてから、皮をむきました。
c0145438_1129989.jpgc0145438_11303247.jpg

実を温かい湯につけて温めておき、実の1.2倍量のお湯と、竹の灰と木の灰を半々(実と同量)を練り混ぜて、
50度~80度を保って4時間置く。
c0145438_1137872.jpgc0145438_11384174.jpg

水にさらして・・アク抜けたかな?と、味見してみたら「に、苦い!」まだまだ・・のようです。
これをさらに1日水にさらした時点で、この苦い実を餅に搗いたらどうなるのか、餅に搗くことによって
アクが中和されるのでは?という希望的観測も浮かび、古い餅米があったので少量実験してみました。
c0145438_14384054.jpg
試食した結果は、「にがーい!!」これではまだまだ、アクのかたまりでした、残念・・
アクの抜けすぎが心配でしたが、それどころか食用にならなければ、なにもなりません。


c0145438_14432930.jpg
今再び、水にさらしています・・はてさて、どうなることでしょう?





SUMIYO

by Utiopepe | 2010-12-25 11:43 | 食卓 | Comments(0)
2010年 12月 20日

慈姑チップス

c0145438_1616243.jpg

今春、田んぼの一角に作ったメダカの池にクワイを植えたものが、収獲時期になりました。
冷たい水の中から夫が掘り出してきてくれた3個のクワイを、素揚げして、塩こしょうでいただきました。
ほんの少しホロ苦い、乙な味で、パリパリととまりません。
それにしても、こんなに寒くなってからの収獲は大変ですし、ランナーのようにのびた先に1個だけ、
1本にランナーが3本出ていたので、3個だけの貴重なクワイをあっという間に夫とふたりでたいらげました。
毎年いただきもので食べていたクワイですが、作ってみて、やっとそのありがたさを本当に感じられました。

SUMIYO

by Utiopepe | 2010-12-20 16:36 | 食卓 | Comments(0)
2010年 12月 19日

待庵(たいあん)

以前から興味があってもなかなか見ることが出来ない茶室。本格的な茶室を見たいと切望してたら。
なんと待庵(千利休作といわれている国宝です)に行けました。17日朝10時、場所は山崎駅のまん前。
妙喜庵の書院に本当に隠れるようにくっついていました。事前に往復ハガキで申し込んで拝観しましたが、
ほかの見学者は無し、良い天気の朝、二人でゆっくり見ることができ、とても良い経験をしました。
写真は禁止、もちろん触ることもできませんが、独特な空気を充分堪能でき、大満足の時間でした。
c0145438_22572752.jpg

妙喜庵の建物も室町時代のもので、すきっと伸びやかな空間ですが、素敵な中庭の片隅(左側)に茶室です。
本で見て色々想像していましたが、やっぱり本物を見なきゃ何も分からないものですね。

by Utiopepe | 2010-12-19 23:07 | 仕事 | Comments(0)
2010年 12月 19日

カフェ・バロック

故郷の街へ行ったついでに、ひさしぶりに「カフェ・バロック」に寄りました。
この街で過ごした10代の頃よく通った、アルバイトもしたことのある思い出の多い喫茶店です。
c0145438_22134985.jpg

店内はほとんど当時と変わらず、カフェオレの味もそのままでしたが、
c0145438_221524100.jpg

アダム&イブのカップとブリオッシュは姿を変えていて、時の流れを感じました。

SUMIYO

by Utiopepe | 2010-12-19 22:26 | その他 | Comments(0)
2010年 12月 19日

駒ケ岳サービスエリア

先日とは言っても15日に、愛知県・大阪と納品に行ってきました。高速道路では必ず寄っているドッグラン。
東京方面では談合坂SAにあったと思いますが、所々少しずつ増えているようで楽しみです。
犬と一緒に旅行をすると、時々休みを取り、芝生のあるところを散歩したりして、以前より足が楽になりました。
自分ひとりだと東京からノンストップだったり、車から降りると足がガタガタ、腰も固まってしまいました。
ティオとペペがうれしそうに走るのを見るのが、なによりのリフレッシュですが。
c0145438_2201690.jpgc0145438_2204714.jpg

by Utiopepe | 2010-12-19 22:02 | ティオペペ | Comments(0)
2010年 12月 12日

「炭の力で、森を元気に」

炭を使って森を元気にする、そんな講演会に参加しました。
まったく簡単に言ってしまえば、酸性雨によって土壌が強度の酸性に傾き、すべての植物・動物に悪影響が
出ている。その一番簡単な解決策として木炭をまき、酸度を中性に戻そうということです。
講師は宮下正次さんで、炭をまき世界を救おうと多数の本を出していらっしゃる方です。
講演の内容は目からうろこの話ばかりで、来年は炭まき元年になりそうな予感がします。

お話の後は実演。まずはマツタケ山の再生を願って、30年生の松の木の周りにまきました。
c0145438_2233690.jpgc0145438_224045.jpg

次は200年を越える松の混じった松林では、幹から数メートル離れて深さ10センチ程度の溝を掘り、
一本に約30キロの炭を埋め戻しました。これで半年もすれば効果が現れるそうです。
この場所だけで約500キロの炭をまきました、お金の計算をしたら大変ですが、効力は40年だそうです。
右側のシートの上は松食い虫駆除で切り倒され薫浄された150年以上たった赤松です。
c0145438_229189.jpgc0145438_2295760.jpg

炭の効用は驚くほどあるそうで、これから勉強します。

by Utiopepe | 2010-12-12 22:23 | その他 | Comments(0)
2010年 12月 10日

初雪

c0145438_18183540.jpgc0145438_1819394.jpg

       昨夜から舞っていた雪。
       きのうとは違う朝の景色。
       数日前に小さな渡り鳥を見て。
       冬が来た。

by Utiopepe | 2010-12-10 18:32 | 田んぼ | Comments(0)