木の家具UMEKAWA くらしの話 ティオペペタイムス

tiopepeume.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2010年 07月 ( 21 )   > この月の画像一覧


2010年 07月 30日

そば処 せきざわ

先日と言っても少し時間がたち過ぎましたが、久しぶりに北信州・小布施の「せきざわ」に行ってきました。
道路から見ても目立たない玄関へのアプローチも自然です。
たまに行くので懐石をお願いしました。
c0145438_21344982.jpg


c0145438_2037853.jpg
まずは「そばがき」
一つ取り皿に取ってからあわてて写真を思い出しました。
粗挽きの粉ですが、なめらか・ぽってり、香りも良し。
最初からやられました。

c0145438_2041273.jpg
蕎麦寿司
手前はオクラと梅巻き、奥はにしんと紫蘇。酢醤油でいただきました。
これが蕎麦ですか?さっぱりしてまったく寿司。
おいしい

c0145438_2045443.jpg
てんぷら
更科粉を衣に使っています。小麦粉よりさっぱりしています。
そらまめ・花豆・ズッキーニ・かぼちゃ・山芋

c0145438_20531425.jpg
冷汁。
そばは「やなかぎり」といい新ショウガを打ち込んだものです。
さっぱりした汁に えび・トマト・パプリカ・キュウリ・みょうが・ぜんまい
もずく・もうひとつ山菜のシオデ(ホップかな)が良いバランスでのっていました。
お酒を飲んだ後に食べたかったな。んー悔しい。

c0145438_2161281.jpg
ここで「鴨汁」がでるか?
しかしおいしい。さきほどの冷汁の後の温かい蕎麦。
三つ葉と焼きネギを添えてあります。
なぜか懐かしい感じがする。

c0145438_2195926.jpg
変わり打ち。
更科粉に新茶と、更級蕎麦との合わせ打ち。
一本の蕎麦の表と裏で色が違います。
はじめていただきました。触感もおもしろい

c0145438_21144329.jpg
生粉打ち(十割蕎麦)
「せきざわ」さんの玄蕎麦は自家栽培。すべての粉も自家製粉。
どこまでやるのかこの人は。

c0145438_21212846.jpg
変わり打ち。
更科蕎麦に青柚子をすりおろして練り込んだもの。
さわやかな香りいっぱいでした。

c0145438_21253223.jpg
デザートはそば粉を使ったメレンゲ。

まー食べました。どれも丁寧に作ってあって、飽きると言うことはありませんでした、が、たべすぎ。
大満足の蕎麦懐石でした。ごちそうさま

by Utiopepe | 2010-07-30 21:43 | その他 | Comments(0)
2010年 07月 28日

穂が出始めました

2・3日前から穂が出始めました。うちの稲は「アキタコマチ」で早生品種、まわりは「コシヒカリ」がほとんど、
最後に田植えをしましたが、出穂は一番でした。例年に比べ分株はよさそうですが、いまひとつ葉っぱの開きと、
元気が無いかなっと思います。やはり地力が弱いからなのか?収穫後に土作りをがんばらなきゃ。
c0145438_15583584.jpgc0145438_15585779.jpg

by Utiopepe | 2010-07-28 16:00 | 田んぼ | Comments(0)
2010年 07月 28日

ルリタマアザミ

c0145438_15373930.jpg

咲き始めたルリタマアザミに、日本ミツバチが早速来て、夢中で働いていました。
キュウリ、カボチャ、オレガノ、イワダレソウに加えてルリタマアザミと
庭や畑でせっせと採蜜する姿を見かけると、とってもうれしいです。
ラベンダーには、西洋ミツバチが来ていますが、日本ミツバチは見かけません。
好みとか、花の構造とか?よく解りませんが何か、理由があるのでしょう。

SUMIYO

by Utiopepe | 2010-07-28 15:47 | | Comments(0)
2010年 07月 25日

分蜂騒ぎ

しっかり昼寝をして、さー出かけるぞー。家の外では蜂がうずを巻いていました。
しばらく様子をみて、一塊になり、皆さん頭を上に向け整列したら取り込みます。
またまた巣箱が無い、何度試しても蜂がいやがる桐の丸太のしかない、が無い袖は振れない。
だめもとで試しました。分蜂群の取り込みは始めて。やってみよう。
なにもこんな小さな梅ノ木のそれも根元に固まらなくても良いものを。左が分蜂群あり、右が取り込み後。
c0145438_5471349.jpgc0145438_547406.jpg

まずは水をスプレーして、刷毛でちりとりに落として、巣箱へ。これは失敗しました。
c0145438_65633.jpgc0145438_65363.jpg

次は落ち着くのを待ってから、タマネギネットを使って取り込み。何度かネットに入れて移動しました。
一回目の移動に女王ハチが入っていたのか、意外に抵抗も無く納まりました。残りの蜂は自らすすんで入ります。
c0145438_6111349.jpgc0145438_6114056.jpg

この丸太の巣箱はサンショウと月桂樹の木の間に納まりました。
c0145438_615820.jpg

by Utiopepe | 2010-07-25 06:17 | 生き物たち | Comments(0)
2010年 07月 24日

木陰で編み物

c0145438_10561752.jpg

どうにも暑い!と、昼下がりに庭の木陰へ避難しました。
植えて10年以上が経った、ケヤキ、スモモ、柿などの作る木陰、そこを通ってくるそよかぜ、
草でおおわれた地面、この緑陰はなんとも気持の良い空間でした。
編み物をしながら、足元にはティオとペペ。
ちょっと、神様に感謝したくなる、素敵なひとときでした。

SUMIYO

by Utiopepe | 2010-07-24 11:08 | | Comments(0)
2010年 07月 22日

ペペ、ぐったり、ぐっすり。

c0145438_11301276.jpg

梅雨明け、猛暑、今年は信州にも真夏が早々とやってきました。
日中ペペの姿が見えないので探したところ、お風呂場の前の風通しの良い床の上で休んでいました。
便宜上置いてある「ここからは入るべからず」の柵を越えての、珍しい出来事でした。
こんな行動をたまーにする、おちゃめなペペちゃんです。
ティオは律儀に1度もしたことがありません。そのかわり、チャンスがあれば大胆な逃避行ですが・・
夜になって、さすが山里、涼しくなりました。
ぺぺはお気に入りの椅子の上で、ぐったり、ぐっすり。

SUMIYO

by Utiopepe | 2010-07-22 11:44 | ティオペペ | Comments(0)
2010年 07月 19日

時々いい空

青空と気持のいい雲、真ん中に透明な月。感情をくすぐられた
c0145438_6354112.jpg


by Utiopepe | 2010-07-19 06:37 | | Comments(0)
2010年 07月 18日

スムシ騒動

c0145438_6314147.jpgc0145438_6321696.jpgc0145438_6332410.jpg

前の日に箱の底に少しゴミが有るなと掃除をしたところでしたが、翌朝見てみると、ん。
箱の外側に蜂の子の死骸?え?中をのぞいてビックリ。サナギや蜂の子、巣の食べかす・・・・・。
これがスムシかとやっと理解できました。で手遅れになる前に巣箱を変えてしまおうと思いましたが巣箱が無い。
そこでお宮から最後に移動した箱、勢いが無く小さくなるばかりでどうしようと思っていましたので、
この群れに引越しをしていただいて、そこに先ほどのスムシ騒動の群れを入れました。
何とか無事に引越しを完了して、元巣をいろいろ点検していて、またまた驚きでした。
c0145438_634558.jpgc0145438_6343168.jpg

残った蜜を持って行ってもらおうと新居の隣に古い箱を置いておきました。
左の写真が蜜を取りに来て必死に頭をつっこんでいるところ。右が完璧に蜜を運び終えたところです。
サナギが巣の中にいっぱい残っているしどうしたものかと思いましたが、いつまでもこのままにもできない。
一日一枚ずつ鶏の餌にでもしようとばらしてみてビックリ。
外側から見たら普通に見えたのに、中側はボソボソ、スムシがうじゃうじゃ、なんだこりゃ。
これでは鶏の餌どころではない、すぐに巣はばらしてボイラーで焼却処分。箱も分解して水につけました。
失敗の原因は、「古い箱を使う時は充分注意して、スムシを完全に退治してから、掃除の行き届いた物を使う事」を甘く見すぎていました。
蜂たちに申し訳ない事をしました。反省してます。

by Utiopepe | 2010-07-18 07:29 | 生き物たち | Comments(0)
2010年 07月 15日

オカトラノオ

c0145438_151428.jpg

散歩道で今、満開の花は「オカトラノオ」、例年よりもたくさんの株がお宮の敷地内に群生しています。
一斉の草刈のときに刈られてしまうので、少し庭に移植してみました。
来年の梅雨時期に庭で咲いてくれることを願って・・
そういえば、先日行った松本市芸術館の近くの「ガルガ」(ギャラリー、喫茶)の駐車場の植え込みには
オカトラノオが風に揺れていて、蒸し暑い日でしたが、涼しげな印象でした。

SUMIYO

by Utiopepe | 2010-07-15 15:17 | さんぽ道 | Comments(0)
2010年 07月 14日

トイレの棚

毎日ぐずぐず雨が続いています。こんな時は仕事の話題を。
すでに半月以上たってしまいましたが、塩尻のパティスリー「ICHIE」へお待たせしていた、トイレの棚を付けに行ってきました。
建物に合わせて作るということと、いろいろな用途を盛り込むためにイメージが散漫になり、どこから手をつけて良いかも判れぬまま、作る以前に時間ばかりが過ぎて行きました。
イメージが決まり、手を動かしだせば、だんだん現実味がまして、完成までは時間の問題でした、が。
しかしトイレ便器の周りに細かく棚を組むので、現場との兼ね合いは最後まで気が抜けませんでした。
c0145438_728186.jpgc0145438_7284136.jpgc0145438_729746.jpg

上部は枠を組み立ててから壁に取り付け、戸を調整すれば出来上がりです。
が、最近の建物は壁が石膏ボードでできているため、構造材の位置を確かめつつ、確実に固定しなければなりません。

次は水洗タンクを隠すボードを取り付けた後、左右に開き戸を付けるための下地の箱を固定しました。
この場所の材料はすべてニレです。15ミリ厚の無垢材で箱も扉も一枚板です。ここの構造で悩みました。
ベニヤを使えば簡単ですが、出来上がりのニアンスが違います。木の伸びちじみを考えると、無垢材は冒険です。
そこで良く乾燥した、比較的おだやかなニレ材で作る事にしました。
c0145438_7294778.jpgc0145438_8115249.jpgc0145438_8123738.jpg

次は中段ですが、タンクの点検整備のため、すべての板は取り外し可能にしました。
この場所の材はナラ材で前扉はビューローみたいに前に下りてくるようにしました。
c0145438_813510.jpgc0145438_8133319.jpgc0145438_8135764.jpg

完成の図です。真ん中の扉には韓国の魚の形の小さな鍵。右の空白部分は水洗レバーがあります。
すべてが終わってみると、前からこのようになっていたかの様です。何か仕事した?
c0145438_8142133.jpg

by Utiopepe | 2010-07-14 09:02 | 仕事 | Comments(0)