木の家具UMEKAWA くらしの話 ティオペペタイムス

tiopepeume.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2008年 09月 ( 21 )   > この月の画像一覧


2008年 09月 30日

あけび

c0145438_8533985.jpg

散歩道のあけびが割れたのでいただいてきて、日本酒の肴にして楽しみました。
中の実は取り出して、皮にサラダオイルを塗り、内側にねぎのみじんきりとひき肉を炒めて
味噌で味付けしたものをつめ、それを厚手のフライパンでじっくり焼きました。
とても苦いはずのあけびの皮がほんのり苦いくらいに変化して、食べ易くなりました。
山の恵みに舌鼓をうちながら、季節を感じるひとときでした。

SUMIYO

by Utiopepe | 2008-09-30 13:05 | 食卓 | Comments(0)
2008年 09月 27日

雨ふりで

c0145438_835641.jpg

c0145438_8364043.jpg

雨のため、朝の散歩も途中で帰ってきてしまいました。
つまらなそうにしているティオ&ペペに、
おやつのガム(豚皮をクルクル棒状にしたもの)をあげました。
もらうタイミングによっては、「ボク、いらない」とペペにあげてしまう最近のティオですが、
今日は熱心に齧っていました。

SUMIYO

by Utiopepe | 2008-09-27 08:44 | ティオペペ | Comments(0)
2008年 09月 25日

三者三様

うちの田んぼはずいぶん前の稲刈り直後からみどりいろ、下の田んぼは先日稲刈りが終わったばかりで、はぜ木に稲穂が掛かっています、地面にはほとんど草が生えていません。上の田んぼは今年からコンバインで刈るということで、詳しくは知らないのですが長い事そのまま置いてから刈るため黄金色の稲穂がそのままの状態で茂っています。
c0145438_18121422.jpg


by Utiopepe | 2008-09-25 18:13 | 田んぼ | Comments(0)
2008年 09月 21日

いんげんのつくだ煮

c0145438_8491853.jpg

菜園のいんげんが9月に入ってやっと本格的に採れだしました。
種まき時期が6月になってからだったことと、支柱に2~3巻きしたところで芽をとめて
わき芽をのばしたせいで、収穫時期が遅くなってしまいました。
今鈴なりのいんげんをつくだ煮にして、残りは木で熟させていんげん豆として使います。

材料  いんげん40~50本 酒3分の1カップ しょうゆ1カップ 砂糖大匙1
作り方
① いんげんは筋を取って、熱湯でさっとゆがき、3センチくらいに切っておく。
② 厚手の鍋に酒を入れて煮立てる。そこへいんげんを加えて、酒の中でいりつけるように
   して煮、さらにしょうゆ、砂糖を加えて、とろ火で汁気がなくなる寸前まで、気長に
   煮含める。

このレシピは保存食のバイブル、佐藤雅子著「私の保存食ノート」のものです。
私はこの分量の数倍作り、しょうゆも砂糖も酒も割合を減らしました。

いんげんのつくだ煮、もし作られたらおいしくてびっくり!されると思います。

SUMIYO

by Utiopepe | 2008-09-21 09:21 | 食卓 | Comments(0)
2008年 09月 19日

脱穀

朝、散歩の後、急きょ脱穀をする事を決定。台風が近づいていて、天気が悪くなる前に終わらせてしまおうと、7時より10時まででかかり、かたづけまで終わってしまいました。今年は110キロくらいの収穫になり、昨年の最悪70キロからすると随分よくなりました。来年はまだまだ工夫をして、今年より少しでも良い状態で収穫できるようにしたいと思います。
c0145438_2242443.jpg

脱穀機のコンマミニ 中古で1万5千円也、今年で3年目になりますがなんとか働いてくれました、上手く動いてくれるのか毎年不安でいっぱいです。ごくろう様でした。

by Utiopepe | 2008-09-19 22:48 | 田んぼ | Comments(0)
2008年 09月 19日

ホクシャ

c0145438_2159890.jpg

ちょうど1年前、納品先のお宅からホクシャの枝を何本かいただいてきました。
水をいれたコップの中で根が出て、土にさしてからどんどん生長し、
11月には蕾がつき、12月には花が咲きました。
それからというものの、木は生長を続け、花も咲き続けています。
夏の間、玄関横の薪を積んであるスペースの片隅を色どってくれました。
日陰で屋外という此処が、とても気にいったようです。
これから、だんだん寒くなるにつれ、何処に居場所を見つけましょうか。
今後の生長も楽しみです。

SUMIYO

by Utiopepe | 2008-09-19 22:25 | | Comments(0)
2008年 09月 18日

白、黄、ピンク

c0145438_2027157.jpg

秋明菊は毎年秋を告げてくれる花
c0145438_20294130.jpg

マリーゴールドイエローボーイは畑のふちどり
c0145438_20334922.jpg

ブーゲンビリアは7月にうすーいピンク色の花が散り、
9月、ふたたび咲いた花は野性的なピンク色。
温室育ちのお嬢様のようだった鉢花が、我が家の庭で野性児に生まれ変わりました。

by Utiopepe | 2008-09-18 20:48 | | Comments(0)
2008年 09月 17日

そばの花

そばの花の下にはすでに実が付いています。
c0145438_20421814.jpg

うどの花は打ち上げ花火
c0145438_20443057.jpg

空に向いて色ずく唐辛子
c0145438_20463854.jpg


by Utiopepe | 2008-09-17 20:48 | | Comments(0)
2008年 09月 16日

ズッキーニのスープ

c0145438_21365020.jpg

この夏、我が家の菜園で一番豊作だったのがズッキーニ。
それもそのはず、9株もあったのですから。
8月いっぱいで半分かたずけて、冬菜を蒔きましたが、
半分は健在でうっかり大きく育ち過ぎってことがたびたびです。
そんなオバケズッキーニをおいしくいただけるメニューです。

材料 ズッキーニ 2本  じゃがいも 2個  玉ねぎ 2個  オリーブオイル 大匙3
    スープストックまたは水 3カップ  バジルの葉の粗みじん切り 10枚分 塩、こしょう
 
作り方
① ズッキーニは縦二つに切り、中の種をスプーンでかき出し、2cm角に切る。 じゃがいもも
  皮をむいて1cm角に切る。このとき、ズーキーニとじゃがいもが同量になるよう調整する。
② 玉ねぎは粗みじん切りにする。
③ 鍋にオリーブオイルを温め、②の玉ねぎをきつね色になるまでいためる。
④ ③に①のズッキーニとじゃがいもを加え、油をよくからめてからスープストックを入れる。
  ふたをせずに、野菜がやわらかくなるまで25~30分ほどグツグツと煮る。
⑤ ④にバジルの葉をくわえて2~3分煮る。
⑥ ⑤をミキサーまたはフードプロセッサーにかける。
⑦ ⑥を鍋に戻して温め、塩、こしょうで味を調える。

ドロリと離乳食のようなスープですが、とてもおいしいですよ。
古本屋で見つけた写真が素敵な本「リンダ・アラードのシンプルスタイル」のなかのレシピです。

SUMIYO

by Utiopepe | 2008-09-16 22:36 | 食卓 | Comments(0)
2008年 09月 15日

ニギリッタケ

うちの近所の人達はニギリッタケと呼んでいます。キノコの図鑑では「カラカサタケ」です。
このキノコは他のキノコとはちがい、傘の部分を手でにぎってで丸めてしまいポケットに入れて持ち帰り、外においておくと再び傘が開き、ぼろぼろにならずに食べる事ができます。そこから来た名前ですが、今回試したら、傘が再び開く事が無く失敗しました。少し古かったようで残念です。
焼いて醤油をたらし、又少し焼いていただくと、なかなかうまいキノコです。
c0145438_6312022.jpg


by Utiopepe | 2008-09-15 06:32 | さんぽ道 | Comments(0)