<   2008年 05月 ( 40 )   > この月の画像一覧


2008年 05月 29日

麦の花

今年初めての麦つくり、はじめて見ました麦の花。
c0145438_6411645.jpg

「トウモロコシ三兄弟」 家の前の畑に植えた飼料用のトウモロコシ、牛小屋のおじさんからもらった時間のたった種でしたが、大丈夫でした。ニワトリの餌にします。
c0145438_6463278.jpg


by Utiopepe | 2008-05-29 06:48 | | Comments(0)
2008年 05月 28日

イリュージョン

「かもめのジョナサン」の著者リチャード・バックが書いた、「イリュージョン」を思い出した。本の中身はまあまあで、ロマンチックな複葉機の飛行機乗りの話だった。今日、田んぼの代掻きをしながら考えていたのは、その「イリュージョン」のイントロの挿話というか寓話のお話。興味のある人は是非その部分だけでも読んでみてください。
で本題は田んぼの代掻き。水を入れた田んぼの中を動きまわるには、鉄の車輪(鉄車・かご車)でなければだめで、ゴムの普通のタイヤでは滑ってしまって役に立たないと思っていました。自分が田んぼを始めた時も教えてくれる人達はだれもが、代掻きは鉄車でやるものだと。しかし、こまった事にうちの田んぼは小さくて鉄のかご車でUターンをするたびに、軸脚となる車輪の下が深くえぐれて、だんだん身動きの取れないような状態になっていました。自分の今年の理想としては、3センチくらいの耕転でしたが、それを実現するために普通のタイヤで田んぼに入って本代掻きをやってみました。ここ何日かは、田んぼに入ったらすぐに動けなくなる、途中まで行って深みにはまって動けなくなる、片方の車輪が深みに取られひっくり返る、などなど最悪のパターンのオンパレードが頭の中をグルグルぐるぐる。ところがどうでしょう、朝、田んぼに行き、耕運機のエンジンをかけ、恐る恐るバックの状態で田のなかへ入りました。バックから前進にするには方向転換しなければなりません。これまたビクビクでクラッチを操作してみましたが、滑ることもなく、土にめり込むでもなく、実にスムーズ。ん・・・・・・これって? ん・・・・なに?
私は今まで何をしていたの?なにを考えていたの?まったく問題なく代掻き終わりました。
ほっとしたら、疲れました、でも良かった、事故もなく無事にすんで。
下の写真が使われなかった「かご車」です。
c0145438_17574868.jpg


by Utiopepe | 2008-05-28 18:00 | 田んぼ | Comments(0)
2008年 05月 27日

ぺぺ変身

c0145438_19464634.jpg
「ベニスに死す」のアンドレみたいなシャツを着て。実は飼い主がでたらめ。
毛玉が沢山出来てしまいましたので、夏向きに短く刈って下さいとお願いしました。
が、そのままではあまりにみじめな姿なので散歩の時にはシャツを着せることになりました。
最初に見た時はあ然としましたが、1日たち見馴れて来ました。
c0145438_19455659.jpg

by Utiopepe | 2008-05-27 19:55 | ティオペペ | Comments(0)
2008年 05月 25日

たにし

昨年はなしたタニシが生きていました。無農薬で育てて来年は是非、タニシで一杯やりたいな。
c0145438_18255485.jpg

今年は別の田んぼから20個ほどもらってきて、放しました。

by Utiopepe | 2008-05-25 18:27 | 田んぼ | Comments(0)
2008年 05月 25日

苗・12センチ

c0145438_1885173.jpg
天恵緑汁を撒きだしてから心なしか緑も濃くなり、茎もしかっりしたような気がします。
背丈は小さい物で12から13センチ、大きなのは15センチを越えるものも有ります。
6月の1日に田植えを予定していて、現在だいたい4葉期の苗も、4.5葉期くらいになってくれればと思っています。
c0145438_1819949.jpg


by Utiopepe | 2008-05-25 18:19 | 田んぼ | Comments(0)
2008年 05月 25日

座卓三種

同じ四賀のお年寄りから頼まれ座卓を作りました。昨年3月頃製材してから、仕事場に運び皮を剥き、サンを間に入れて天然乾燥を1年。それを両面軽く機械で削り、こんどは乾燥室に運び込み再び桟積みにしてから、パネルヒーターでじっくり温め、だいたい狂いが出たところでこんどは暖房を切り、常温で1月待ってから作りました。本来ならば3寸(約9センチ)の木ならば3年間の天然乾燥の時間がほしいのですが、お年寄りはなるべく早く欲しいということで、このようなことになりました。もとは、お施主さんのお父さんが植えた庭の木で、樹齢約95年のスギの木です。
c0145438_17583925.jpgc0145438_1759169.jpg



c0145438_1759232.jpg

しに節(抜けて落ちてしまう節)はひとつひとつ埋め、割れているところも埋め何とか形になりました。スギで家具を作るのは初めての経験で良い勉強にはなりましたが大変でした。スギ材は夏目と冬目の硬さが極端に違い、節も異様に硬く、夏目の柔らかなところは刃物の切れ味が落ちるととたんにざらつき、かんなをかけている時にツメが当たっても簡単に傷になるし、逆目は止まらないと、とんでもなく手間のかかる材種でした。材の量が限られている中で3本の座卓を作るために、色々な形の脚を考え、なんとかギリギリで作る事が出来ました。

by Utiopepe | 2008-05-25 18:06 | 仕事 | Comments(0)
2008年 05月 23日

落とし文

だれが名付けたのか、良い名前。森の文通週間の始まりです。誰から誰への手紙なのか、これから競争で手紙を書きます。道路の上には配達途中の手紙が散乱。その道の脇にはちいさな水色の花が。
c0145438_6591460.jpg

c0145438_715837.jpg


by Utiopepe | 2008-05-23 07:03 | さんぽ道 | Comments(0)
2008年 05月 21日

畦の整備

c0145438_2124978.jpg
畦シートを入れたとき、ふと思いついて山側の部分にはシートを埋め込みませんでした。その後様子を見てきましたが、どうも水の減りが早すぎてこのままでは渇水の時、大変な事になると判断して2度手間ではありますが山側にもシートを埋め込みました。今日は本当に良い天気で山は緑、田んぼには色々な生き物がうようよ、仕事はつらいけれど、楽しい1日でした。
c0145438_21151369.jpgc0145438_21162023.jpg


c0145438_21182941.jpg
イトトンボは茶色も、水色も、おたまじゃくしは所狭しと、水の上には大きなクモが浮いて、水の中にはコオイムシ、ゲンゴロウ、その他もろもろ、とにかく何処もかしこも良く見ると生き物が動いていました。コオイムシは日陰が好きらしく草の陰に隠れていますが、危ないと思うと移動してまた頭から陰の所に、意外にすばやくなかなか写真が取れませんでした。


c0145438_21274113.jpgc0145438_2133463.jpg

by Utiopepe | 2008-05-21 21:44 | 田んぼ | Comments(0)
2008年 05月 20日

ぼろぞうきんの昼寝

c0145438_20513550.jpg


なんで そんなところに


c0145438_2053853.jpg


どうして そんなかっこで



by Utiopepe | 2008-05-20 20:56 | ティオペペ | Comments(0)
2008年 05月 20日

雨上がり

昨夜はドシャ降りの雨、一夜あけてビニールを掛けてなかったトンネルの中は水かさが増していました。現在パレットの上端から水深約3.5センチ、水面から上に小さな苗でも6センチくらいは出ています。苗の色がいまいちなので試しに、昨日から天恵緑什(自家製酵素液)の1000倍液の散布を始めました。
c0145438_2044357.jpg


by Utiopepe | 2008-05-20 20:47 | 田んぼ | Comments(0)