木の家具UMEKAWA くらしの話 ティオペペタイムス

tiopepeume.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:庭( 126 )


2018年 01月 14日

雪の少ない年です。
これから降るのかも、降らないと後で困ると、また心配。
寒い朝が続いています、が、きれいな景色が見られることもあります。
家から見える景色。
c0145438_07361379.jpg
右の方電柱の右が大滝山と蝶が岳。



c0145438_07395971.jpg
左の方に見えるのが鉢盛山、それほど高い山ではないけれど、朝日に照らされた姿は荘厳で威厳があります。


c0145438_07451665.jpg
c0145438_07453860.jpg
ここに2・3日はまっている Townes Van Zandt(タウンズヴァンザント)の歌を聴きながら見ていたらあまりにもピッタリ。
それにしてもどうして写真に撮れないのか、あの何とも言えぬ感動を。

人間の脳はすべての感覚を勝手に編集して、目に見えるもの、耳に入る物、
もろもろの感覚をある意味、何が本当なのかをわからなくする。
そのような働きがあるからこそ、生きていけるのか。それとも社会の混乱を招いているのか。
聞いてるカントリーソングに感傷的にされているのか、それも分かりません。






by Utiopepe | 2018-01-14 08:00 | | Comments(0)
2017年 11月 21日

雪が来た

朝起きたら、真っ白。
夜中から降り出した雪、たくさんだと困るなと思っていましたが、ホッとしました。
やり残した外仕事がまだまだあります。
c0145438_08132059.jpg


by Utiopepe | 2017-11-21 08:22 | | Comments(0)
2017年 11月 05日

枯野に咲いた

小さな花のような、どこかの歌の様でした。
今年の天候不順と、忙しさも手伝って、手入れ不足。
荒れた庭に、朝の散歩のときに見つけてびっくり。
c0145438_823625.jpg
c0145438_825387.jpg

すぐ隣の紅葉はブルーベリー。
c0145438_855092.jpg


展示会から帰ってから、天気が良くて助かっています。
蕎麦たたきの跡片付け、麦の種まきなどの農作業をしてきました。
が、またまた鹿が家の周りをうろついて、田んぼも畑も足跡だらけ。

今年収穫の麦は、芽が出たときにやられ、ある程度大きくなった時にもう一度、
2度食べられて収穫できるのか心配しましたが、少しだけ採れました。
麦の種をまき、目が出たところを食べられてはたまりません。
写真の葉っぱのところは晩生の大豆と丹波黒ですが、これも鹿にやられ、
電柵をしてありました。が。

ついに大きなしっかりした電柵を借りてきて畑全体を囲むこととなりました。
そのうちに人間が柵の中で生活することになりそうです。
c0145438_8677.jpg


by Utiopepe | 2017-11-05 08:29 | | Comments(0)
2017年 07月 23日

水彩画のようです

チャールズ・レイニー・マッキントッシュの植物画のようです。

ケヤキの木の枝先がとても綺麗。何たる色彩のうつくしさ。
あいにくの曇り空ですが、写真を撮るには最適でした。
c0145438_1852571.jpg


下の枝、枝にとまる鳥を連想してしまった。2羽か3羽か?
c0145438_1854467.jpg


by Utiopepe | 2017-07-23 18:11 | | Comments(0)
2017年 01月 17日

春の陽

連日の雪。晴れ間が見えたと思ったら、また雪が降りだす。
昨日の昼には雪が終わったと思っていたら、夜になりまた雪。
今朝、外を見てみるとそれなりに積もっていて、今朝も雪かき。

そんな昨日の午後3時過ぎ、春の陽に照らされ、雪がキラキラと雫になって落ちていきました。

c0145438_6545784.jpg
c0145438_6551962.jpg
c0145438_655497.jpg


こんな発見で幸せを感じる、冬ごもりの今です。

by Utiopepe | 2017-01-17 06:57 | | Comments(0)
2016年 11月 05日

11月の夕空

夕方5時、南西の空をのぞむ。 月、一番星、そして空。
主役はやはり空。 この季節、空の色に魅せられてしまう。
c0145438_802157.jpg


真ん中の星に気がつきましたか?

by Utiopepe | 2016-11-05 08:01 | | Comments(0)
2016年 09月 12日

つゆくさ

今年は幾度も草刈りをしました。雨が降り、お日様にも恵まれ、雑草、畑の作物ともに元気でした。

この土地に住むようになって20年、初めの頃はあまりに石の多い土地でびっくり。
こんな所で野菜を作ったり、花を育てたりできるのかと不安になりました。
全くの不毛の土地の様な場所には、白クローバとケンタキーブルーグラスの種を混ぜせっせと蒔き、
石だらけの畑は、バケツを持って回り、石を抜き続けました。

10年も経つころには表面状は普通に見える土地になりましたが、ひと皮むけば石だらけ、
まだまだ潤いの乏しい状態だったような気がします。
それが気が付いたら、移植したミツバ、ドクダミ、植えた覚えも無いユキノシタ、ツユクサも生え出し、
いつの間にか豊な土地になっていました。

女房が庭の草刈りの時に、群生しているツユクサを少し摘みテーブルへ飾ってくれました。
庭にあっても良く見ることもなく、あらためてじっと見れる事が幸せを感じさせてくれました。

c0145438_6564156.jpg


この花もよく見ると実に個性的、写真には撮れなかった、ほんの小さなおしべの5弁の黄色い花。
花入れは、以前京都に行った時に骨とう品屋で手に入れたインドの石の鍋。
それにしても、この青の存在感、脱帽です、生きている宝石。
c0145438_65744.jpg


by Utiopepe | 2016-09-12 07:07 | | Comments(0)
2016年 06月 18日

三年目の山アジサイ

3年前に山に行った時、信号のついたトンネルの赤信号で待っていた時、
トンネルの上に咲いていた山アジサイ。
ひと株もらって帰ろうと車をわき道に入れ、ドアを開けたら足元も周りもアジサイに囲まれていた。

今までいろいろな種類のアジサイを庭に植えていたが、ほとんど失敗していた。
山で繁殖しているアジサイの様子を観察して、家に持ち帰りケヤキの株元に植えてみた。
3年待って何とかやっていけるかなと思える、ほんの小さな事だけど幸せだな、これって。

c0145438_55112.jpg

アップで見ると、小さな花がぎっしり、栽培種には無い力づよさを感じる。
c0145438_551313.jpg


5月31日に植えた苗も順調。このところ雨もあり水の心配も無し、すくすく伸びています。
田植え直後に米ぬかとクズ大豆を蒔いたのみ、今年はほとんど雑草が生えていません。
7年目の田んぼはトロトロ層も形成され草が生えにくいのかも。
c0145438_5522472.jpg
c0145438_5524145.jpg


by Utiopepe | 2016-06-18 06:49 | | Comments(0)
2016年 06月 04日

どうしてかな?

例年バラは、葉は毛虫に食べられぼろぼろ、蕾はアブラムシがいっぱい。
なかなかまともな花を見る事ができません。
今年はほとんど無傷、こんなこと初めて。どのバラも花が傷つかず綺麗です。

スノーホワイト
c0145438_5513133.jpg

ドッグローズ
c0145438_5514449.jpg

サラバント
c0145438_552917.jpg

サラバントは蕾がいっぱいついています、これからにぎやかになるでしょう。
c0145438_5523613.jpg


by Utiopepe | 2016-06-04 05:55 | | Comments(0)
2016年 05月 30日

にぎやかな庭

今年のサクランボは豊作。真っ赤な花が一面に咲いた様です。
c0145438_631431.jpg

ローズヒップのためのバラ、ドッグローズは虫に食われる事も無く元気。
他のバラ、モッコウバラ、サラバント、スノーホワイトも次々に咲きだしています。
c0145438_632274.jpg

このバラの花、静かだけど、ほどよく華やか、うすピンクも色っぽいのが好きです。
c0145438_6322215.jpg

玄関前のヤマボウシはほんと満開。すごい花の数で枝が垂れ下がっています。
c0145438_6324099.jpg

ムシャリンドウ・オイランソウ・クレマチス・オキナグサ・シャクヤク・ツユクサ・・・・・
名前も知らない花も、見えない様な小さな花も、庭じゅう花盛りです。
稲の苗も順調な仕上がり、まだかまだかと田植えを待っているような苗の様子。
いよいよ、明日、田植えです。

by Utiopepe | 2016-05-30 06:51 | | Comments(0)