カテゴリ:庭( 122 )


2017年 01月 17日

春の陽

連日の雪。晴れ間が見えたと思ったら、また雪が降りだす。
昨日の昼には雪が終わったと思っていたら、夜になりまた雪。
今朝、外を見てみるとそれなりに積もっていて、今朝も雪かき。

そんな昨日の午後3時過ぎ、春の陽に照らされ、雪がキラキラと雫になって落ちていきました。

c0145438_6545784.jpg
c0145438_6551962.jpg
c0145438_655497.jpg


こんな発見で幸せを感じる、冬ごもりの今です。

by Utiopepe | 2017-01-17 06:57 | | Comments(0)
2016年 11月 05日

11月の夕空

夕方5時、南西の空をのぞむ。 月、一番星、そして空。
主役はやはり空。 この季節、空の色に魅せられてしまう。
c0145438_802157.jpg


真ん中の星に気がつきましたか?

by Utiopepe | 2016-11-05 08:01 | | Comments(0)
2016年 09月 12日

つゆくさ

今年は幾度も草刈りをしました。雨が降り、お日様にも恵まれ、雑草、畑の作物ともに元気でした。

この土地に住むようになって20年、初めの頃はあまりに石の多い土地でびっくり。
こんな所で野菜を作ったり、花を育てたりできるのかと不安になりました。
全くの不毛の土地の様な場所には、白クローバとケンタキーブルーグラスの種を混ぜせっせと蒔き、
石だらけの畑は、バケツを持って回り、石を抜き続けました。

10年も経つころには表面状は普通に見える土地になりましたが、ひと皮むけば石だらけ、
まだまだ潤いの乏しい状態だったような気がします。
それが気が付いたら、移植したミツバ、ドクダミ、植えた覚えも無いユキノシタ、ツユクサも生え出し、
いつの間にか豊な土地になっていました。

女房が庭の草刈りの時に、群生しているツユクサを少し摘みテーブルへ飾ってくれました。
庭にあっても良く見ることもなく、あらためてじっと見れる事が幸せを感じさせてくれました。

c0145438_6564156.jpg


この花もよく見ると実に個性的、写真には撮れなかった、ほんの小さなおしべの5弁の黄色い花。
花入れは、以前京都に行った時に骨とう品屋で手に入れたインドの石の鍋。
それにしても、この青の存在感、脱帽です、生きている宝石。
c0145438_65744.jpg


by Utiopepe | 2016-09-12 07:07 | | Comments(0)
2016年 06月 18日

三年目の山アジサイ

3年前に山に行った時、信号のついたトンネルの赤信号で待っていた時、
トンネルの上に咲いていた山アジサイ。
ひと株もらって帰ろうと車をわき道に入れ、ドアを開けたら足元も周りもアジサイに囲まれていた。

今までいろいろな種類のアジサイを庭に植えていたが、ほとんど失敗していた。
山で繁殖しているアジサイの様子を観察して、家に持ち帰りケヤキの株元に植えてみた。
3年待って何とかやっていけるかなと思える、ほんの小さな事だけど幸せだな、これって。

c0145438_55112.jpg

アップで見ると、小さな花がぎっしり、栽培種には無い力づよさを感じる。
c0145438_551313.jpg


5月31日に植えた苗も順調。このところ雨もあり水の心配も無し、すくすく伸びています。
田植え直後に米ぬかとクズ大豆を蒔いたのみ、今年はほとんど雑草が生えていません。
7年目の田んぼはトロトロ層も形成され草が生えにくいのかも。
c0145438_5522472.jpg
c0145438_5524145.jpg


by Utiopepe | 2016-06-18 06:49 | | Comments(0)
2016年 06月 04日

どうしてかな?

例年バラは、葉は毛虫に食べられぼろぼろ、蕾はアブラムシがいっぱい。
なかなかまともな花を見る事ができません。
今年はほとんど無傷、こんなこと初めて。どのバラも花が傷つかず綺麗です。

スノーホワイト
c0145438_5513133.jpg

ドッグローズ
c0145438_5514449.jpg

サラバント
c0145438_552917.jpg

サラバントは蕾がいっぱいついています、これからにぎやかになるでしょう。
c0145438_5523613.jpg


by Utiopepe | 2016-06-04 05:55 | | Comments(0)
2016年 05月 30日

にぎやかな庭

今年のサクランボは豊作。真っ赤な花が一面に咲いた様です。
c0145438_631431.jpg

ローズヒップのためのバラ、ドッグローズは虫に食われる事も無く元気。
他のバラ、モッコウバラ、サラバント、スノーホワイトも次々に咲きだしています。
c0145438_632274.jpg

このバラの花、静かだけど、ほどよく華やか、うすピンクも色っぽいのが好きです。
c0145438_6322215.jpg

玄関前のヤマボウシはほんと満開。すごい花の数で枝が垂れ下がっています。
c0145438_6324099.jpg

ムシャリンドウ・オイランソウ・クレマチス・オキナグサ・シャクヤク・ツユクサ・・・・・
名前も知らない花も、見えない様な小さな花も、庭じゅう花盛りです。
稲の苗も順調な仕上がり、まだかまだかと田植えを待っているような苗の様子。
いよいよ、明日、田植えです。

by Utiopepe | 2016-05-30 06:51 | | Comments(0)
2016年 04月 11日

まさか雪とは

朝起きてびっくり、雪です。
芽吹きだした山椒にも、庭の水仙、クリスマスローズ、すみれの上にも雪。
昨日は久しぶりの畑仕事、そろそろ本調子にペースを上げようかなと思っていたが。
c0145438_6353312.jpg


昨日の散歩道ではシュンラン、庭はクロモジが花盛りでした、がこの先どうなるの?
c0145438_6435588.jpg

c0145438_644615.jpg
c0145438_6443783.jpg
c0145438_6445591.jpg
c0145438_6451582.jpg


by Utiopepe | 2016-04-11 06:48 | | Comments(0)
2016年 03月 19日

行きつ戻りつ

今朝は雨。
c0145438_7344054.jpg

数日前は雪、これで見納めかと思いきや、また雪。
c0145438_7345539.jpg


天気の良い日は外仕事。庭木の剪定や薪運び、やる事が次から次へ出てきます。
久々の外仕事で身体がついていきません、日ざしが強くてほとんど5月頃の感じです。
それでも、楽しまなくっちゃと。梅の木の徒長枝を切り終え、このまま捨ててしまうのはもったいないので。
短かくて花がびっしりついている方はガラスのピッチャーへ。
長くて蕾がいっぱいついているのは切りそろえて、島根の出西窯の黒のピッチャーへ。
足元に残っているのは雪、気温のギャップが激しすぎます。
c0145438_7352696.jpg

ずいぶん古い北欧の吹きガラスですが、、シンプルデザインのお手本のようです。
c0145438_7354577.jpg

このピッチャーもお気に入り、結婚したての頃買って、いろいろに使っています。
バックの黄色い絵はミモザの花を連想させ、毎年春に出番が来ます。
右の器は、自分の漆塗りの先生の作品。
先日、木曽の自宅にお邪魔した時、記念に持って行ってと奥さまから手渡された物です。
先生は10年ほど前に他界されましたが、基本だけを教えてくれて、後は自分で工夫しろ、
むずかしく考えるな、漆の癖を知り、それに合わせて使えば良しと言っていました。
c0145438_736566.jpg


味噌、醤油の仕込みは完了。干しブドウワインは3度目の仕込みを終了。
このワインなかなかで、香り良し、シンプルながら楽しく華やかな味わいです。
部屋は梅の香りに満たされて、贅沢な気分だな。

by Utiopepe | 2016-03-19 08:17 | | Comments(0)
2016年 03月 12日

また雪でした

今日も寒い、ここ数日冬に戻って、雪も降りました。
紅梅に雪
c0145438_1638768.jpg

緑の芽が出だした雪柳にも雪
c0145438_16382164.jpg

数日前から始まった麹作り、まずは味噌用の米麹。
寒くなって元気が出ませんが、気合いを入れなおして何とか完了。
見た感じはまずまずの出来だと思います。
c0145438_16421238.jpg

真っ白な綿毛に包まれて、雪のようです。
c0145438_1642252.jpg

昨日は麹の完成を待って、塩と合わせておき。
前日から準備していた黒豆が茹であがったら、女房が豆をつぶして味噌を仕込みました。

昨日は醤油絞りも終わり、火入れしてビン詰め、一年分の一番搾りと二番搾りを確保。

今日の仕事は醤油麹、茹で上げた大豆に粉砕した麦をまぶし、30度くらいに温度が下がったら、
こうじ菌を混ぜ、保温をしておいたムロに納めました。
この醤油麹の完成は三日後の朝、その後水と塩を混ぜ甕に仕込みます。
明日の朝からは、こうじ菌の出す温度を気にしながら、環境の調整をして、
完成の日を待ちます。疲れるな。

by Utiopepe | 2016-03-12 17:06 | | Comments(0)
2016年 01月 19日

雪見酒

朝から雪。午前に一回、午後にもう一度、雪かきをしました。
積雪 35センチくらいかな、待ちわびた雪ではありましたが、唐突な雪にビックリの一日でした。

4時頃には疲れて、仕事をする気にもなれず、二階の窓から外を眺め、雪見酒でした。
一年に一回くらいこんな時間が持てるのも幸せな、雪の日です。

山にお日様が沈んでいき、空の藍がどんどん深くなっていきます。
先日までは地表が見えていましたから、餌が豊富にあったのでしょう、
雪が降り地面からは食べ物が無くなり、柿の木や木の実を探して鳥たちが群がっています。

c0145438_7513762.jpg

c0145438_7515290.jpg
c0145438_7521437.jpg
c0145438_7523193.jpg


by Utiopepe | 2016-01-19 08:05 | | Comments(0)