木の家具UMEKAWA くらしの話 ティオペペタイムス

tiopepeume.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:田んぼ( 138 )


2017年 06月 02日

田植えです

朝5時起床、雨。結構な降り方をしていました。
ネットで気象庁のHPを見て検討、3.4時間後には雨も上がりそう。
レーダーナウキャスや高解像度ナウキャスの情報はとても便利でよく使う。
早速、落水に行き、食事の後散歩、体操、田植えの下準備を終え、7時過ぎスタート。

先ずは線引き。基本になる紐を張り最初はそれに沿って線を付けます。
2回目からはすでに引いてある線に沿わせます。
c0145438_5404187.jpg

手前に見えるのが自作の線引き、2010年に作り少し改善しましたが基本的にはOK。
真っすぐに跡をつけるのはなかなか難しい、土が露出している部分では引っ掛かってしまう。
c0145438_5405942.jpg

縦の長手がすんだら横、なるべく線を踏まないように、足元に注意です。
c0145438_5411476.jpg

今年の苗。土を変えたので心配していましたが何とかなりました。
ご近所さんも皆、今年の苗は背が伸びないそうで、我が家も同じ。
しかし根張りも良いし、しっかりしたまずまずの苗に仕上がり、まずは第一関門を突破。
c0145438_5413280.jpg

既定の位置に苗を植えていきます。
c0145438_5415161.jpg

夕方、苗の植え揃った田んぼは、ほれぼれと見とれてしまう。
c0145438_542767.jpg

今年からの新たなやり方、水をポリのチューブで遠くに運び、温めてから田んぼに入れます。
その脇には、枯れ草を温水たい肥用に投入。
c0145438_5422933.jpg


by Utiopepe | 2017-06-02 06:10 | 田んぼ | Comments(0)
2017年 04月 28日

2017年 苗

4月18日に種まき、19日にトンネルに伏せこみました。
1週間で目が出たのを確かめ、そのままアルミ蒸着のシートをかけたまま置きました。
昨日の夕方に確かめたら、思っていたより芽が伸びていたので、本日水を張りました。

パレットを伏せこみ、その上にアルミ蒸着シートをべた掛け、
農業用ビニールでトンネルを作り、その上に保温シートをかぶせていました。
c0145438_20241472.jpg

保温シートと農業用ビニールを取ったところです。
c0145438_20243078.jpg

全てをはぎとり始めてお日様にあたった稲の苗。2センチくらいかな。
c0145438_20244540.jpg

パレットの上面まで水を張り今日の作業は終了。
昼間に水が温められ、夜間に湯たんぽの役目をしてくれます。
後は時々水を足し、苗が大きくなるのを待つだけです。
c0145438_2025058.jpg


by Utiopepe | 2017-04-28 20:33 | 田んぼ | Comments(0)
2016年 10月 07日

2016年 脱穀終了

まー何と言いますか、困った年でした。
ひと月前にバインダーで刈り取り、はざ掛けした稲から芽が出た人が続出。
お日様の拝めない日が続き、挙句に長雨、湿気が抜けなくてかびてしまった稲の話もあります。
昨日はまれにみる快晴、良く乾いたかなと言う事で、含水率を調べに農協に行って来ました。
山ぎわで登熟の遅れた場所① 平均的な場所② 朝一番に陽があたり出来の良かった場所③
想像していた結果でしたが、山ぎわ① は乾燥不足で工夫が必要です。
自家用の場合16%、販売目的だと14%から15%くらいが目安だそうです。
c0145438_1858274.jpg

10時前に準備は完了、問題が出なければ良いのですが。
c0145438_1944838.jpg

無事脱穀を終了、例年ですと一輪車でふた袋づつ坂道を運ぶか、耕運機にトレーラーを付け運んでいました、が今年は新しい働き手が来ました。
スバルのフォレスターです。女房が乗っていたR2とキャラバンをやめて一台にしました。
巷ではSUVとよばれるタイプの車ですが、うちでは MUV かな。
MUV マルチ ユーティリティ ビークル 家の生活にぴったりはまりそうです。
田んぼに入る大きなギャップもぜんぜん平気、これで蕎麦も運べそうです。
c0145438_195172.jpg


先日4日がかりで刈ったソバ畑は、島立てしてある物を10日ほどで脱穀します。
ソバ畑は耕転して、月末には小麦を蒔きます、秋は忙しいなー。
c0145438_19271084.jpg

雨が降ったら仕事もします、作りたいイメージも溜まってきますが、まずは農作業。
あとちょっとで仕事場にこもる季節になります、もうすぐです。

by Utiopepe | 2016-10-07 19:32 | 田んぼ | Comments(0)
2016年 09月 30日

彼岸花

マンジュシャゲ・曼珠沙華 どこか名前が恐ろしげ。
なかなか見ごたえのある花だとは思いますが、活けるのはちょっとためらう。
ネットで見たら、毒があるので要注意らしい、触らなくてよかった。

c0145438_18404521.jpg
c0145438_18412564.jpg


なかなか、かわいらしいでしょ。
花の命は短く、あとは白く変色して枯れ、花が見えなくなってから葉が出てきます。
c0145438_18414188.jpg


by Utiopepe | 2016-09-30 18:46 | 田んぼ | Comments(0)
2016年 09月 28日

疲れた・・・・ほ!

25日(曇り時々晴れ)26日(曇り時々雨)27日(晴れ時々曇り)

雨続きの合間をみて稲刈りを終了、雨ばかりで田んぼが乾いていなくて大変でした。
バインダーで刈ろうとしたら、泥沼状態の土に3度もはまり、脱出することで体力を消耗。
機械で刈れる所だけ刈り、あとはすべて手刈り。結局 5畝ほどを足場の悪い状態で刈り終えました。

今日は昼まで晴れと言う事で、ハザ掛けシートを朝一で掛け、その後に後かたづけ。
片づけ終わりの頃にはまたしても雨、お昼ごはんの頃には本降りとなりました。
明日からも連日雨マーク、雨がかかると籾から発芽する事もあるので丁寧にシートをかけました。

手前のわりとぬかっていない所でハザ掛け。
c0145438_1784421.jpg

稲を刈り取ったら、彼岸花がはっきりと見え、仕事をしながら秋の景色を満喫。
c0145438_1785945.jpg

ハザ掛けシートは下に1メートルくらいの棒を入れ傘の様にして雨を防ぎます。
今までもこのやりかたですが、今年は雨が長引きそうですので、いつもより丁寧にやりました。
c0145438_1791261.jpg


忙中閑有りですか、朝の散歩道では大きな拾いもの、ハナビラニカワタケ・ヤマドリタケモドキ そして マツタケ
c0145438_1793580.jpg

アミタケもどっさり、きのこシーズンの到来です。
c0145438_1794884.jpg


by Utiopepe | 2016-09-28 17:22 | 田んぼ | Comments(0)
2016年 09月 07日

溝切り ゲタ?

c0145438_6262432.jpg


お、こりゃ何だ?分からないだろうなー。
田んぼの中を歩き、稲の株間に溝を付けるものです。

家の周りの田んぼは、山際がどうしてもぬかります。早目に落水をしてもなかなか乾きません。
山の方からの湧水がいつまでも残り、稲刈りの時、毎年大変なことになっています。

たまたま機械で溝切りが出来るものがあることを知りましたが、一年に一回それも1時間くらい使うだけ、
お金もかかる、置く場所も作らなければならない、エンジン他のメンテナンスもしなければなりません。
どうしよう・・・・

以前は鍬で重たいべたべたの田の土を持ち上げ、長い距離溝を作って来ましたが、これが大変。
何か良い手はないかと考え、作ってみました。
角材を対角線に真っふたつ、穴を開け、ひもを通して完成。
穴の位置、ひもの結び方では悩みましたが、まずまず使えるものとなりました。

田んぼの中を歩くにはこれだけでは不十分です。重たい土に足がとられまともに歩けません。
杖が必要ですがこれまた考えて、トレッキングポールを利用しました。
最初、ただの棒でやってみましたが、少しやっただけで棒の末端が手のひらに食い込み痛い。
足が泥にめり込み、抜けなくなることもしばしば、その時は上から2本の杖を押えるようにして、
泥から足を抜くしかありません、両足が動かなくなり「どうしよう?」な状態に幾度かなりました。
これを抜き差しならない状態とでも言うのか、一歩も動けません。

ネットで探し安くて丈夫そうなポールを購入、試してみましたが正解。手が痛くない、助かりました。
なんとか2枚の田んぼに溝を付け終わり、後は台風にやられませんように祈るだけです。

by Utiopepe | 2016-09-07 07:27 | 田んぼ | Comments(1)
2016年 08月 12日

草刈り

盆前の一仕事、草刈りの時期が迫っていましたが、痛風の後遺症のようで脚が痛い。
左足をかばいつつ野良仕事をすると、右足がひじょうに疲れる。
こんな状態ではまずいと、一日の休み時間を多めにして、左足を痛めないようにして静かにしていました。
元気が出て、さあやるぞで休みつつ、二日かかって畑・道路・田んぼの周りすべて終わりました。

この時期、田んぼの夜間の温度を上げないために、水路の水がある時はかけ流しにします。
草刈りを終え夕方、水を入れに水路の方に行ったら、やっぱり綺麗だな草刈りの後は。

上の田んぼの畦にはアズキを植えてみました、今のところ非常に良し、おしる粉が楽しみだな。
c0145438_6311423.jpg

下の田んぼの稲も順調
c0145438_6312939.jpg

山際の水路の上にはハギの花
c0145438_6314851.jpg

水路の際にはナデシコ
c0145438_632469.jpg

ほどほどの大きさの稲株を上から見ると、りっぱです、これも一粒の米から大きくなりました。
c0145438_6323632.jpg


by Utiopepe | 2016-08-12 06:41 | 田んぼ | Comments(0)
2016年 07月 09日

にぎやかな水辺

田んぼに作った池、作ってから7年たちました。
自ら植えたものは、マコモ、クワイ、ハス だけ、後は勝手に生えてきました。
芹、カヤツリグサなどなど、今年の田植え後ずいぶんと抜き取りすっきりしました。

生き物もいっぱい、しゃがみこみ見ていると色々見えてきます。
水底には糸ミミズがいっぱい、とんぼになるヤゴ、イモリ、ミズスマシ、ガムシの幼虫などなど。
c0145438_61629.jpg
c0145438_611718.jpg

たにしの殻には藻がびっしり、それをオタマジャクシが食べに来ます。
タニシの右上、小さなメダカです。目が慣れてくると居るいる、点みたいに小さいのがいっぱい。
c0145438_614594.jpg
c0145438_62126.jpg

クワイの花、純白の3枚の花弁、はっとする水面の輝きです、写真に撮れないうつくしさかな。
c0145438_621291.jpg


by Utiopepe | 2016-07-09 06:14 | 田んぼ | Comments(0)
2016年 05月 13日

朝いちの楽しみ

朝起き、犬たちと外へ。畑をひと回りして帰る。
鶏小屋を開け、水を変え、苗代を点検。
田んぼの畦を山際まで歩き、水の状態を確認。
振り返り見える景色がご褒美のようです。
c0145438_6433557.jpg

c0145438_6205887.jpg

水面の向こうにはアルプスの山々、右端が常念です。
c0145438_6211074.jpg


by Utiopepe | 2016-05-13 06:23 | 田んぼ | Comments(0)
2016年 01月 26日

向月台

先週の大雪がしっかり残って、あたり一面銀世界?白銀?かな。

おー何かに似ている、銀閣寺の向月台(こうげつだい)銀沙灘(ぎんしゃだん)だ。
田んぼの耕運の時は、この曲線に苦労をさせられるのだが、見事なものだ。

c0145438_7114646.jpg


by Utiopepe | 2016-01-26 07:12 | 田んぼ | Comments(1)