木の家具UMEKAWA くらしの話 ティオペペタイムス

tiopepeume.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:仕事( 131 )


2014年 03月 02日

テーブル 2

最近はこのやり方でしています。
まず厚紙に正確に蟻組手を書き、カッターナイフで切り取り、型紙を作ります。
それを現物の上に重ね、シャープペンシルの0.5ミリで墨付けをします。
c0145438_761967.jpg

鉛筆の線の半分を鋸で挽く感じ、あくまでもそんな気持ちでやっています。
鋸は細かい仕事の時はもっと刃の細かな物でしますが、老眼で集中力も衰え、
結構、肩のこるところですが、大切な工程です。
後で手直しをすると、本当に時間がかかり、なかなか上手く決まりません。
用心をして鉛筆の墨を残すと固くて苦労をします。
かと言って、ゆるくすると、手直しできません。
そのために、正確な墨付けをして、あくまでも鉛筆の半分を挽く感じです。
c0145438_763868.jpg

脚がわのパーツ。鑿を使う前にドリルで下穴を開けておきます。
c0145438_77398.jpg

天板がわ。こちらも同じように下穴を開け、墨を崩さないように、鑿で仕上げます。
c0145438_772634.jpg

材料がヒノキですから、鑿が良く切れないとボロボロになってしまいます、
時々刃を研ぎながら、とくに木口は丁寧に切るように仕上げます。
c0145438_774239.jpg

 続きはまた明日

by Utiopepe | 2014-03-02 07:37 | 仕事 | Comments(0)
2014年 03月 01日

テーブル 1

水色のテープがあった所で切り離します。
c0145438_7491529.jpg

切り落とした短い方を3分割。
c0145438_7492857.jpg

建物に使われていた板なので、裏側はわりとラフ。手がんなを使って基準面を作ります。
c0145438_7494651.jpg

今回の仕口(技法)は包み蟻。組み立てると組手(接ぐ方法)は見えません。
見えなくするために外がわにほんの少し(4.5ミリ程度)のかぶせる部分を作ります。
材料の端は直角が出ていないので、添え木をして基準面を作り、
トリマーを使って、墨の内側をえぐり、新たな基準面の完成です。
c0145438_75017100.jpg

下がテーブルの天板、上が足。真ん中に引いた中心線が組手の出発点になり、
この二つのパーツがひとつになり、テーブルの足が完成します。
c0145438_7503391.jpg

  続きは明日。

by Utiopepe | 2014-03-01 08:28 | 仕事 | Comments(0)
2014年 02月 28日

テーブル 楽しかった 

大変な内容でしたが、楽しかった。
ほんの少し、他の木を使いましたが、ほぼ何も足さない、何もひかない。
c0145438_8101512.jpg
c0145438_8104096.jpg

c0145438_8172810.jpg

大きな家の玄関に使われていた、床板。
たぶん、木曽の天然ヒノキ。
上の写真の水色のテープの所で切り離し、すべての足ができました。
細かな仕口、細工は、また明日。
c0145438_8173958.jpg


by Utiopepe | 2014-02-28 08:20 | 仕事 | Comments(0)
2014年 02月 28日

納品旅行です

いったい何処なのか?分かりません。
記録的な大雪。それから10日は過ぎても、こんな雪。何処だ?
c0145438_23463697.jpg

長野県にもまだ雪はいっぱい残ってた。でもここは山梨県の高速道路のサービスエリア。
談合坂。いつもドッグランが有るので寄るのだけれど、今日のサービスエリアはガラガラ。
どこもかも雪だらけ。ドッグランは10日たっても30センチくらいの雪、で使えませんでした。
東京都内に入ったら、ティオペペとのたのしい散歩もできない、今のうちにと、駐車場をウロウロ。
ついでに記念撮影をして、また又うろうろ。

このあと、千葉県の市川市に向かいますが・・・・
首都高速で17キロの事故渋滞。どうすんじゃ?・・・・で
ほとんどヤケクソ、確か桜田門の近くで一般道に降り、
カーナビで目的地の市川市の目的地を再入力。
一般道優先で入力したのに、東京駅の周りを、まわり回って、着いた所は、高速道路入口。
そこには「閉鎖」の看板と、警備員が立っていました。

どうすりゃ良いんだ。んー
もー、やけくそ、勘だよね、勘。
たぶん千葉はあっちの方かな? だろ?
で、うろうろ走って、出た、来たぞー、確か千葉街道の表示。
やったね、これで、なんとか・・・、目的地に・・行けるかなー?
そんな納品旅行の初日でした。

by Utiopepe | 2014-02-28 00:57 | 仕事 | Comments(0)
2014年 02月 16日

ぎりぎりセーフでした

昨日、午後雪が降り止む。
意を決して、材木置き場の屋根の上に登りました。
c0145438_16413157.jpg

最初は脚立に、添え木のように材木を足して立て、雪おろし。
その後、展示室の窓から屋根の上に登りましたが、つるつる、ゆらゆらで、怖い。
だいたい1メートルの積雪、下の方10㎝くらいは8日の雪が氷になっていました。
かなりの重量になっていて、Cチャン(鉄骨材)・単管パイプ共に大きく歪み、
下手な動きをすると、屋根が倒壊してしまうのではないかと、どきどき。
それでも、一度休憩をはさんで、夕方4時まで雪おろしが出来ました。
c0145438_1654167.jpg

一夜明け、朝から屋根の雪かき。
昨日とは打って変わって、快晴。
続きの所からですが、朝一番、屋根の上はバリバリに凍りついて、意外に滑らない。
c0145438_16542620.jpg

昼までに全面の雪を無事おろすことが出来ました。
本当にぎりぎりセーフ、良く持ってくれました。
暖かくなったら、弱点を補強しようと思います。
c0145438_16544267.jpg


by Utiopepe | 2014-02-16 17:05 | 仕事 | Comments(1)
2013年 11月 24日

赤松のテーブル

収まる所に収まった。そんな感じでした。
c0145438_20351619.jpg


注文で作りましたが。寸法はミリで 高さ700 長さ1550くらいかな 巾700から750くらい。
まさに地元の赤松、3年前の春に製材をして、初めて形になりました。

赤松と言う木は結構な曲者です。乾燥する環境が悪いと簡単にカビが来て、青黒くなってしまったり。
加工するときにも木質が柔らかいので簡単にキズになるので、扱いに気を使います。
削る時も、簡単には仕上げが出来ず、カンナの調子を最良にしなければうまくいきません。
c0145438_20353635.jpg

丸太を見て、買うことを決め、製材をして、サン積みをして、濡れないように養生をして、
やっと形になりました。
c0145438_20354773.jpg

丸太の写真は2010年4月20日、製材の様子は2010年4月22日のブログにあります。

by Utiopepe | 2013-11-24 21:18 | 仕事 | Comments(0)
2013年 10月 11日

長かった大改造

この仕事場が出来てから、一度だけ大きな改造をして2階に展示室を作りました。
それから10年以上は経ったでしょうか、今回は採光の工夫と薪ストーブの設置。
すべての窓は2重のガラスとポリカーボネイト。これで明るくて、冬は温かくなるはず。

壁を切り取って、そこへ二重ガラスの建具を入れました。
ストーブは昔使っていた物、大事にしまってありましたが、塗装をしなおし、煙突を立てました。
煙突は2階の床を切り取り、そのまま屋根も切り取り、ほぼ真っすぐ、よく燃えることでしょう。
c0145438_17444399.jpg

仕事場は建築当時から、ビニールを張ってやり過ごしてきたところがありました。
時間が経ち、強風で破れて補強をしてきましたが、今回の工事でペアガラスになりました。
大きな引き戸は、材木が当たるとガラスが割れてしまうので、ポリカーボネイトの2ミリ厚を2枚、
間には15ミリの空間を確保しました、古い建具を利用して何とか完成。
c0145438_1745313.jpg


8月の上旬から始めた大改造。ほぼ終わりました。
これで冬は温かく、雪が積もっていてもフォークリフトで材料も出せるし、
明るくなった窓からはお日様がいっぱい差し込んでくれると思います。

さて仕事をしなければ、やりたい仕事が溜まっています。準備万端、楽しみだな。

by Utiopepe | 2013-10-11 18:06 | 仕事 | Comments(0)
2013年 09月 05日

まだまだ続く

大改造。今年の夏は猛暑の中、単管パイプを使っての屋根作りでした。
このところ雨続きですが、ちょっと前は猛暑と雨なし。
とにかく暑い毎日、単管で組み上げた高所での作業は疲れました。
それでも昨日ほぼ完成。材木置き場と半分は外の様な多目的スペースが出来上がりました。
これから、仕事場の改造にかかります。今月中に終わるかな?

先に作った材木置き場、屋根までを高くしてフォークリフトで積み上げ易く作りました。
どしゃ降りの雨でも問題なし、良い空間が出来ました。
これで冬場の雪の中でもフォークリフトで材木が取り出せます。
c0145438_8482539.jpg
c0145438_8483589.jpg


いつも仕事をしている場所のすぐ外側に作りました。
とにかく仕事場を暗くしたくないので、屋根の半分と壁はポリカーボネイト。
大きなガラス窓は先日東京の知り合いからいただいた物、昭和29年に作られた家で使われていて、
最近のガラスとは作り方が違うので、景色が少しゆがんで見え、暖かい印象で贅沢です。
c0145438_8481775.jpg
c0145438_848288.jpg


by Utiopepe | 2013-09-05 09:08 | 仕事 | Comments(0)
2013年 08月 12日

トリコロール

進み具合をふと見たら、赤・白・青の国旗のよう。
赤い所を張る前にダウンしてしまいました。
昨日は暑過ぎてどうせ外仕事は出来なかっただろうけど。
不安定な屋根の上での波トタン張り、思ったより足腰に効いていたみたいです。
今日からまた作業再開。雨はほしいしけれど、濡れてほしくない材木もある、どっちだ。
c0145438_5522071.jpg


by Utiopepe | 2013-08-12 05:52 | 仕事 | Comments(0)
2013年 08月 07日

材木置き場

フォークリフトで動き回れるようにする拡張工事です。
単管パイプを使って6メートル×6メートル 高さはだいたい5メートルの大きさ。
真ん中に柱を立てないで、雪の重さに耐えられるように作れなければなりません。
トラス構造で長いスパンを飛ばします、一応いろいろ考えたけど大丈夫かな?
c0145438_20331989.jpg
今日で5日め、入口のトラスも組みあがり、形が見えてきました。
雨が降ると作業ができないし、晴れると暑いし、でもやるしかない。孤軍奮闘。
c0145438_20333663.jpg


by Utiopepe | 2013-08-07 20:38 | 仕事 | Comments(0)