木の家具UMEKAWA くらしの話 ティオペペタイムス

tiopepeume.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:その他( 216 )


2017年 03月 03日

伊豆は春

信州はまだまだ先になりますが、伊豆はすでに春のようでした。
c0145438_1761884.jpg

c0145438_1763472.jpg
c0145438_1764679.jpg

函南町の友達の家に泊まり、翌朝はまず「仏の里」で仏像を鑑賞。
ここは2度目になりますが、平安から江戸末期までの仏像がずらりと並んで圧巻。

函南の山奥、桑原地区のお堂でずっと守り続けられ、現在は新しい施設におさまっています。
様々な時代を生き抜き、廃仏毀釈の時も守られ続け、よくぞ今日までと思います。

仏像を見て次は、近くの畑毛温泉の桜「かんなみ桜」と菜の花で春を感じ。
その後、三津のシーパラダイス方面の海までドライブ、海岸線を西に走りお目当ての場所へ。

目的はアオサ取りでしたが、アオサは見当たらず、このまま帰るのは口惜しい。
結局、紫ウニを10個ほどと、
イイッコ(伊豆のほうではこう言いますが、潮が引いたところに居るちいさな貝)
そしてワカメと思って採集してきたが、家に帰り調べたらどうもハバノリのようです。
あまり流通していない物のようですが、美味しいそうで、干してから試食の予定です。

久々の磯遊び、やっぱりいいなー。波の音を聞きつつ貝拾い最高でした。
ウニの殻、これがきれいで、海の底で輝いて見えました。
奥が数年前に房総で拾ったタコノマクラ、手前が今回のウニの殻。
c0145438_17381053.jpg

裏側もお洒落なカラーリングでとてもきれい。
c0145438_17382350.jpg


家に帰り、イイッコで出汁を取り、そこにハバノリを刻んで入れみそ汁に。
茹で上がったイイッコは楊枝で突き刺しぱくり。ウニも二つ三つ割り食卓へ。
磯の香いっぱいの夕食になり、大満足の伊豆の旅でした。

by Utiopepe | 2017-03-03 17:52 | その他 | Comments(0)
2017年 01月 29日

車内トレー

車が新しくなって3か月ほどたちました。
スバル車は好きですが、内装の使い勝手は今一つ良くない。
それならば自分で作ればいいと思い、試行錯誤して完成。
c0145438_650789.jpg

エアコンのコントローラーの下の使いにくいスペースから合板で支えを突き出し、
その上に別に作ったトレーを留め、滑り止めのゴムを敷いて完成。

文章で書くとひどく簡単に思えますが、車の内装は曲線ばかりで、
支えの形を決定するのにずいぶん工夫しました、が何とかできました。
c0145438_651394.jpg


最終形を作るまでに試作もして大きさ、形なども検討しましたので、良い物ができました。
これで10年以上快適な車内空間を楽しめそうです。

by Utiopepe | 2017-01-29 06:51 | その他 | Comments(0)
2017年 01月 01日

2017年 おめでとうございます

c0145438_10355597.jpg


今年のお飾り。先ほどイメージが決まりました。
年を越え、元旦の朝にやっと飾ることができました。

暮れは31日の夕方まで急ぎの仕事をして、納品を終えて年越し。

以前から自分なりのしめ飾りを考えてきました。
が、田んぼの苗を起こす種は、出来の良い株を手刈りして、束にしたものを干します。
その株を飾れないかと考えて今年は形になりました。

しめ飾りの原点に戻るような、原始的、これだけ?てな感じかな。
自分的には、おーこれでよかったのだ、よしです。

by Utiopepe | 2017-01-01 10:43 | その他 | Comments(0)
2016年 12月 25日

横内勝司写真展

あまり説明をしたくない写真展でした。
技術のこと、時代のこと、は置いといて、とにかく実物に感動。
興味のある人は ネットで 横内勝司 で検索して見てください。

高橋節郎記念館での最終日。
中でも一番感動した写真です。大きく引き伸ばされていて、目が釘づけになりました。
戦前の若者たちの集合写真ですが、その存在感に圧倒。
何処で、どんな時に、撮られた物なのか、これはいったい何なのか?
c0145438_17304126.jpg



図録・写真集の表紙です。
c0145438_17293357.jpg
c0145438_17294421.jpg


by Utiopepe | 2016-12-25 17:37 | その他 | Comments(0)
2016年 12月 18日

雷鳥張子 Ⅳ

c0145438_642486.jpg

娘のアカネ制作の雷鳥張り子 4作目はオス。
求愛雷鳥だそうで、今までとちょっと違うパワーを感じます。
尾羽がピンと立って、目の周りも赤くなって、よくできてる。
後ろに見えるのが、左からⅡ Ⅰ Ⅲ作のらいちょうです。

by Utiopepe | 2016-12-18 06:57 | その他 | Comments(0)
2016年 12月 05日

おー見えるんだ

用事で出かけた諏訪、湖畔を走っていたら、富士山が見える、へー見えるんだ!!

c0145438_6463729.jpg

真ん中、真正面です。あまりにも決まりすぎのロケーションでビックリ。
c0145438_6465266.jpg


おまけですが、湖畔のハーモ美術館の2Fの通路にある部屋の上の階の窓から眺めたら、
これまた絶景、富士山ど真ん中、ここにベッドを置いて目覚めたら・・・・。いいな。

by Utiopepe | 2016-12-05 06:55 | その他 | Comments(0)
2016年 12月 02日

鮭の町

娘の新潟市での展示会の搬入に合わせ、新潟県の北部の町、村上市に行ってきました。
高速を使えばビックリするくらい早く(3時間半くらい)着いてしまいました。
昼頃に新潟市に到着、昼食を済ませ目的地の村上市までは海沿いに下道を北上。
雨交じりの横風の中、左側に日本海の荒波を見ながら1時間半ほどのドライブ。
村上の宿泊地、瀬波温泉への少し手前の漁港(岩瀬地区)はなかなか良さそうでしたが、
あいにくの天気で外に出る気にもなれず、旅館まで直行しました。
それにしても海辺というのは風が強い、信州では一年に一度くらいの風が毎日吹くようだ。

旅館でおいしい鮭料理を堪能して温泉につかり、翌朝お決まりの犬との散歩ですが、
風が強すぎてまともに歩けず、ほんのちょっとでギブアップ。
旅館の人に聞いたら、この時期の朝夕は毎日風が強いそうで、またビックリ。

鮭の町に来たんだから、どうしても行かなければということで、「イヨボヤ会館」へ。
鮭に関する町の歴史、道具、生活ほかいろいろ興味深い施設でした。
中でも圧巻は、鮭が遡上して産卵をする様子をガラス越しですが見ることができました。
会館の地下から三面川の産卵場所まで地下通路が作ってあり、川の中を見ることができます。
オスメス共に産卵場所の確保、受精のための縄張り争い、見ていてもつらくなりました。
水族館の魚と違いワイルド、ボロボロではありますが、必死さに感動。
c0145438_7302990.jpg

c0145438_73044100.jpg
c0145438_7305715.jpg


10月26日に受精させた卵が発眼した様子も見ることができ幸運。
ずっと見ていると所々でチョコ、チョコと動いて不思議なものでした。
c0145438_7312040.jpg
c0145438_7313643.jpg


by Utiopepe | 2016-12-02 07:52 | その他 | Comments(0)
2016年 10月 24日

三渓園

横浜本牧にある三渓園に行って来ました。
以前から行ってみたいと熱望をしていましたがやっと行くことができました。
東京で仕事の打ち合わせを済ませ、翌日横浜へ向かいました。

朝、通勤時間に都内を車で移動しましたが、怖い、神経をすり減らしました。
地上の横断歩道は歩行者が傍若無人、首都高速の走り方は気違いざた、とてもまともとは思えない。
毎日あんな所で運転をする気にはなりません、疲れた。

三渓園に到着、駐車場に車を止め、入口の門をくぐったら、あっと息を飲みました。
先ほどまでの神経のいらだちが嘘のよう、絵の様な景色にすべてを忘れてしまいました。
空の広さ、水面の広がり、近景遠景の対比、どこかに忘れていたかのような空間でした。

c0145438_7113628.jpg
c0145438_7115637.jpg

戸板の風化した美しさ、思わずうなってしまいました、京都 西方寺に有った門だそうです。
c0145438_7122113.jpg

これまた同じ門の柱、日本人の執念と言うか、美意識を感じます。
c0145438_7123882.jpg

よくぞここまで、職人に脱帽です。こんな所ばかり気にかかります。
新しい板に取り換えるのは簡単、しかし古い物を残す、ぼろぼろでも。
c0145438_7135192.jpg
c0145438_7141711.jpg

縁側の束ですが、礎石の形に合わせてここまでやりますか?
c0145438_7143559.jpg
c0145438_7145555.jpg
c0145438_715128.jpg

やっぱり古いものは美しい、線がふとい、骨格がしっかりしている、思いがストレート、
構造に無理が少ない、から素材が生きる。
c0145438_7153666.jpg

三重の塔の入り口ですが、シンプルな構造ながら、見どころ満載、勉強になります。
形と言うよりも、醸し出された空気感、存在感の優雅さ、落ち着き、など見あきない。
c0145438_7154893.jpg


信州には無い、いにしえの古建築の美しさに、時々は触れなければならないと思う時間でした。

by Utiopepe | 2016-10-24 07:45 | その他 | Comments(0)
2016年 10月 06日

パリッシュ・ブルー

夕方、女房が外に出て感嘆の声。
「うめちゃんの好きなあの絵描きの様な空だよ」
あの絵描き?だれだろ?「あー、マックス・フィールド・パリッシュ だ・・・・・」

昨日もおとといもそば刈り、今日も朝からそば刈り、3時頃いったん雨あしが強くなったが作業を続け、
4時半ころ再び黒くもが押し寄せ、雨が強くなってきたので作業を中止しました。
これから台風が日本海を北東へ移動、それに伴い徐々に雨風が強くなりそう。

夜8時頃風が強くなってきて、田んぼのはざ掛けが心配で、シートの掛けなおし。
9時過ぎに突風が吹き荒れるようになったので、再び田んぼに行き、シートを調整。
作業を終え風呂に入る頃には、すさまじい風の音で、明日の朝どうなっているのか心配になる。
が、もうどうする事も出来ない。人事を尽くし天命を待つ、とはまさにこの事か。

台風は通り過ぎ、翌朝。はざ掛けのシートはほぼ問題なし、倒れてもいなくてほっと安堵、雨もそれほど
でもなく、少し濡れただけですみました。

昨日刈ったそばの島立てはほとんどが倒れていましたが、濡れているうちに立て直しを終了。
乾いてから動かすと、乾いた実がばらばらと落ちてしまいます、少しでもロスをなくしたい。

このところ雨ばかりで、久々の夕焼け、季節が移るきざしか?明日天気になあれ。
c0145438_712235.jpg
c0145438_713565.jpg
c0145438_714436.jpg


by Utiopepe | 2016-10-06 07:04 | その他 | Comments(0)
2016年 09月 02日

ソーラー・フード・ドライヤー

今年は雨もほどほど、お天気にも恵まれ、野菜がいろいろ採れてます。
が、取れる時は重なり、消費が追いつかない事も有ります。
トマト、きゅうり、ズッキーニなどがその代表なのですが、トマトをなんとかしたいと切実な思いです。

先日、女房がソーラー・フード・ドライヤーの講習会に行って来ました。
松本近辺で講習会を開いている、非電化工房 みよしや(赤羽さん) の教室です。
帰ってくるなり、キーウィーの干したのがおいしかった、ドライトマトも出来そうと興奮気味。
それではと思い翌日から作戦を練り、作ってみました。

棚板はホームセンターでバーベキュー用のアミを4枚購入、材料は家にあった杉板を使い、
裏板と側板は杉板で断熱材(スタイロフォームの27ミリ)をサンドイッチにし、
できた箱の内側には、6ミリの空間を空けて、黒のトタン板で内箱を取り付け、
透明な部分はポリカーボネイトの中空板で作り、上の方にソーラー・ファンを取り付けとしました。
作りながら、これはソーラー・オーブンかなと思いつつ完成。
c0145438_1445816.jpg


ポリカの蓋を乗せた写真です。
c0145438_14452783.jpg


昨日に出来あがり試運転。ソーラーパネルでファンを回しています。
c0145438_14455125.jpg

なかなか思いどおりには行きません、蒸気の抜けが今一つでポリカに蒸気が付いています。
c0145438_1446766.jpg


いろいろ考えた結果、吸気、排気の穴の数を増やすことにしました。
排気口は27ミリを6個増やし、ソーラー・ファンは上昇気流を作り易くなるのではと考えました。
c0145438_14462346.jpg

箱の底にも吸気口を6個増設。これで箱の中の蒸気は溜まらなくなりました。
c0145438_1446484.jpg


一輪車の上に乗せ、お日様を追いかけます。ソーラーパネルは角度調節できます。
朝一番、夕方には立て気味にすると効率が良くなります。
c0145438_1447655.jpg


昨日はあまり乾燥できなかったのでほぼ1日半でこのくらい乾燥できれば上々でしょう。
c0145438_15253731.jpg

こちらは左 ズキーニ、右 コリンキー 共にかりかりです。
c0145438_15255166.jpg


by Utiopepe | 2016-09-02 15:18 | その他 | Comments(1)