カテゴリ:その他( 209 )


2017年 03月 29日

こんな感じかな?

c0145438_993642.jpg

大好きなマティスの展示会に行ってきました。
マティス先生とこんな感じでお話がしたかったな。

ルオーは嫌いではなかったし、多少の興味も持っていました、
が、ビックリしてしまった。良いんです、とっても。
自分が年を取ったからか、物の見方、感じ方が変わったからか。
今回の展示会の出品作品が年代順に上手く並んでいたせいなのかもしれない。
マティスとの対比でいろいろ見えてきたところもあったような気もする。
しかし、絵画は実物をゆっくり見なければ、何も見えないし、感じない。
本の写真は要注意、見たつもりになっているけれど、何も見えない。
少しの時間と、お金の余裕があれば、本物を見なければいけないなと痛感しました。

by Utiopepe | 2017-03-29 09:46 | その他 | Comments(0)
2017年 03月 27日

また又雪です

昨日は一日雪。今朝も雪。それでも暖かいので道路には雪がありません。
c0145438_744018.jpg


先日、春めいた陽気の中ちょっとした用事でさいたま市まで行ってきました。
家を出発して20分ほどの青木峠のトンネルに近づくと周りは冬景色。
里ではフキノトウやカンゾウも見えだしたのにまだまだ春は先のようでした。
c0145438_781063.jpg


用事をすませ、観光は武蔵の国一宮「氷川神社」です。
c0145438_7295610.jpg

c0145438_7301525.jpg


いつ見てもほれぼれします。お宮の大木。下の世界とは別世界。
てっぺんで枝を伸ばし、お互いに結び付き、まさに天上の楽園を作り出しています。
c0145438_7311585.jpg


by Utiopepe | 2017-03-27 07:38 | その他 | Comments(0)
2017年 03月 17日

福寿草 2017年

四賀の赤怒田(あかんた)の福寿草自生地。
味噌たき用の麹つくりと醤油絞りも無事終わり、
今年の開花は早いかなと思い行ってきました。
昼頃に行くとお日様に向かってほぼ全開、今年はちょうどのタイミングでした。
c0145438_94815100.jpg
c0145438_949486.jpg
c0145438_9493880.jpg
c0145438_9504568.jpg

日陰の花も、日が当たると開きだします、開く向きはお日様のほうを向いています。
一年に一度しか見に行きませんが、透明感のある花びら、陽を追って開くさま、
その数の多さにも、うっとりでした。

by Utiopepe | 2017-03-17 09:58 | その他 | Comments(2)
2017年 03月 03日

伊豆は春

信州はまだまだ先になりますが、伊豆はすでに春のようでした。
c0145438_1761884.jpg

c0145438_1763472.jpg
c0145438_1764679.jpg

函南町の友達の家に泊まり、翌朝はまず「仏の里」で仏像を鑑賞。
ここは2度目になりますが、平安から江戸末期までの仏像がずらりと並んで圧巻。

函南の山奥、桑原地区のお堂でずっと守り続けられ、現在は新しい施設におさまっています。
様々な時代を生き抜き、廃仏毀釈の時も守られ続け、よくぞ今日までと思います。

仏像を見て次は、近くの畑毛温泉の桜「かんなみ桜」と菜の花で春を感じ。
その後、三津のシーパラダイス方面の海までドライブ、海岸線を西に走りお目当ての場所へ。

目的はアオサ取りでしたが、アオサは見当たらず、このまま帰るのは口惜しい。
結局、紫ウニを10個ほどと、
イイッコ(伊豆のほうではこう言いますが、潮が引いたところに居るちいさな貝)
そしてワカメと思って採集してきたが、家に帰り調べたらどうもハバノリのようです。
あまり流通していない物のようですが、美味しいそうで、干してから試食の予定です。

久々の磯遊び、やっぱりいいなー。波の音を聞きつつ貝拾い最高でした。
ウニの殻、これがきれいで、海の底で輝いて見えました。
奥が数年前に房総で拾ったタコノマクラ、手前が今回のウニの殻。
c0145438_17381053.jpg

裏側もお洒落なカラーリングでとてもきれい。
c0145438_17382350.jpg


家に帰り、イイッコで出汁を取り、そこにハバノリを刻んで入れみそ汁に。
茹で上がったイイッコは楊枝で突き刺しぱくり。ウニも二つ三つ割り食卓へ。
磯の香いっぱいの夕食になり、大満足の伊豆の旅でした。

by Utiopepe | 2017-03-03 17:52 | その他 | Comments(0)
2017年 01月 29日

車内トレー

車が新しくなって3か月ほどたちました。
スバル車は好きですが、内装の使い勝手は今一つ良くない。
それならば自分で作ればいいと思い、試行錯誤して完成。
c0145438_650789.jpg

エアコンのコントローラーの下の使いにくいスペースから合板で支えを突き出し、
その上に別に作ったトレーを留め、滑り止めのゴムを敷いて完成。

文章で書くとひどく簡単に思えますが、車の内装は曲線ばかりで、
支えの形を決定するのにずいぶん工夫しました、が何とかできました。
c0145438_651394.jpg


最終形を作るまでに試作もして大きさ、形なども検討しましたので、良い物ができました。
これで10年以上快適な車内空間を楽しめそうです。

by Utiopepe | 2017-01-29 06:51 | その他 | Comments(0)
2017年 01月 01日

2017年 おめでとうございます

c0145438_10355597.jpg


今年のお飾り。先ほどイメージが決まりました。
年を越え、元旦の朝にやっと飾ることができました。

暮れは31日の夕方まで急ぎの仕事をして、納品を終えて年越し。

以前から自分なりのしめ飾りを考えてきました。
が、田んぼの苗を起こす種は、出来の良い株を手刈りして、束にしたものを干します。
その株を飾れないかと考えて今年は形になりました。

しめ飾りの原点に戻るような、原始的、これだけ?てな感じかな。
自分的には、おーこれでよかったのだ、よしです。

by Utiopepe | 2017-01-01 10:43 | その他 | Comments(0)
2016年 12月 25日

横内勝司写真展

あまり説明をしたくない写真展でした。
技術のこと、時代のこと、は置いといて、とにかく実物に感動。
興味のある人は ネットで 横内勝司 で検索して見てください。

高橋節郎記念館での最終日。
中でも一番感動した写真です。大きく引き伸ばされていて、目が釘づけになりました。
戦前の若者たちの集合写真ですが、その存在感に圧倒。
何処で、どんな時に、撮られた物なのか、これはいったい何なのか?
c0145438_17304126.jpg



図録・写真集の表紙です。
c0145438_17293357.jpg
c0145438_17294421.jpg


by Utiopepe | 2016-12-25 17:37 | その他 | Comments(0)
2016年 12月 18日

雷鳥張子 Ⅳ

c0145438_642486.jpg

娘のアカネ制作の雷鳥張り子 4作目はオス。
求愛雷鳥だそうで、今までとちょっと違うパワーを感じます。
尾羽がピンと立って、目の周りも赤くなって、よくできてる。
後ろに見えるのが、左からⅡ Ⅰ Ⅲ作のらいちょうです。

by Utiopepe | 2016-12-18 06:57 | その他 | Comments(0)
2016年 12月 05日

おー見えるんだ

用事で出かけた諏訪、湖畔を走っていたら、富士山が見える、へー見えるんだ!!

c0145438_6463729.jpg

真ん中、真正面です。あまりにも決まりすぎのロケーションでビックリ。
c0145438_6465266.jpg


おまけですが、湖畔のハーモ美術館の2Fの通路にある部屋の上の階の窓から眺めたら、
これまた絶景、富士山ど真ん中、ここにベッドを置いて目覚めたら・・・・。いいな。

by Utiopepe | 2016-12-05 06:55 | その他 | Comments(0)
2016年 12月 02日

鮭の町

娘の新潟市での展示会の搬入に合わせ、新潟県の北部の町、村上市に行ってきました。
高速を使えばビックリするくらい早く(3時間半くらい)着いてしまいました。
昼頃に新潟市に到着、昼食を済ませ目的地の村上市までは海沿いに下道を北上。
雨交じりの横風の中、左側に日本海の荒波を見ながら1時間半ほどのドライブ。
村上の宿泊地、瀬波温泉への少し手前の漁港(岩瀬地区)はなかなか良さそうでしたが、
あいにくの天気で外に出る気にもなれず、旅館まで直行しました。
それにしても海辺というのは風が強い、信州では一年に一度くらいの風が毎日吹くようだ。

旅館でおいしい鮭料理を堪能して温泉につかり、翌朝お決まりの犬との散歩ですが、
風が強すぎてまともに歩けず、ほんのちょっとでギブアップ。
旅館の人に聞いたら、この時期の朝夕は毎日風が強いそうで、またビックリ。

鮭の町に来たんだから、どうしても行かなければということで、「イヨボヤ会館」へ。
鮭に関する町の歴史、道具、生活ほかいろいろ興味深い施設でした。
中でも圧巻は、鮭が遡上して産卵をする様子をガラス越しですが見ることができました。
会館の地下から三面川の産卵場所まで地下通路が作ってあり、川の中を見ることができます。
オスメス共に産卵場所の確保、受精のための縄張り争い、見ていてもつらくなりました。
水族館の魚と違いワイルド、ボロボロではありますが、必死さに感動。
c0145438_7302990.jpg

c0145438_73044100.jpg
c0145438_7305715.jpg


10月26日に受精させた卵が発眼した様子も見ることができ幸運。
ずっと見ていると所々でチョコ、チョコと動いて不思議なものでした。
c0145438_7312040.jpg
c0145438_7313643.jpg


by Utiopepe | 2016-12-02 07:52 | その他 | Comments(0)