木の家具UMEKAWA くらしの話 ティオペペタイムス

tiopepeume.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2014年 05月 22日 ( 1 )


2014年 05月 22日

ちりめん本

「ちりめん本」、え、何ですか?
数年前、お客さんから見せていただいて、びっくりしました。
え?何時の物?なんですか?これ?

とにかく、びっくりしたことを覚えています。
その美しいこと、不思議な手触り、品の良さ、凝縮された日本文化、センスの良さ、唖然でした。
何時か欲しいと思っていましたが、ついに手に入れました。

今、製作中の36杯の引き出し、これは「ちりめん本」コレクションを入れるためのものです。
実は、初めて見せてくれたお客様からの注文で製作中なのですが。
やっぱり、抽斗を作るなら、本物も持っていなきゃ、と思いたち手に入れました。

右側は外箱、左がそのちりめん本
c0145438_20293638.jpg

目次ですが、どのページもしゃれています。
c0145438_20295180.jpg
c0145438_2030415.jpg
c0145438_20301545.jpg
c0145438_20302579.jpg
c0145438_20303554.jpg

写真をクリックして拡大して見てみて下さい。
できれば、手に持って見てもらいたい。手触りがいいんです。

明治時代に海外向けにお土産として作られた物だそうです。
が、驚きです。その中身の濃い事、プロデュースした長谷川武次郎のセンスの良い事。
ところどころに、ユーモア、ウィット、技術の高さ、何もかも脱帽です。
当時の日本は、気品もあり、技術もあり、実にすてきでした。

今の時代、忘れられている気持ちのありようと言うか、何が大切かというようなことが、
手にして、見ていると伝わってきます。ありがたいことです。
大切にしていきたい、日本の文化の典型だと思っています。

by Utiopepe | 2014-05-22 20:55 | 仕事 | Comments(0)