木の家具UMEKAWA くらしの話 ティオペペタイムス

tiopepeume.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 09月 09日

プリンスメロン

ときどき、ふとした時に、思いもしなかった感動が潜んでいます。まったく私的な感動とは思いますが、とにかく突然目の前に現れることがあります。畑でとれたプリンスメロン、一つめはなにげなく食べてしまい、二つめはカウンターの上に置いてあった鍋敷きの上に置かれた、それをたまたまお茶を飲んだ時に目の当たりにした瞬間。そのプリンスメロンの存在の神々しさときたらこの世のすべての美の代弁者のごとき物だった。それは未知の物体Xのような存在、神からのお使い、すべてのこの世の代表、のような物が自分の目の前にある喜びと驚き。すべてが突然やって来ました。
c0145438_21262895.jpg


by Utiopepe | 2008-09-09 21:38 | その他 | Comments(0)


<< ぺぺ変身      キャベツのバジ >>