木の家具UMEKAWA くらしの話 ティオペペタイムス

tiopepeume.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 03月 12日

マッコリ Ⅱ

はははは・・・・やったぜ
c0145438_2241088.jpg

        最高の出来、酸味、甘み、バランス どれも良し
        作り方を書いておきます


器具: ポリ容器(15リットル用)        材料: もち米(2キロ)
     蒸し器                        麹  (1キロ)
     こしき(ステンレスのざる)            ミネラルウォーター(6リットル)
     へら                         
    大きめの布団(3枚)
    薄手のふとん(毛布など2枚)

          作り方 
1: もち米は、といで1~2時間水に浸してから、蒸し器で40分蒸す。
2: 蒸したもち米をポリ容器に入れ、へらで混ぜあら熱をとる。うちわで扇ぐのも良し。
   温度が高すぎると麹菌が死んでしまう。(45度くらいにする)
3: 手でよくほぐしておいた麹を②の容器に入れまぜる。
4: 床に大きな布団を2枚重ねて敷き、布団の中央にポリ容器を置く。
5: 45度に温めたミネラルウォーターをポリ容器に加え、ダマが無いように丁寧に混ぜる。
6: 蓋をしてから上に毛布を2枚かけ、下の布団も立ち上げ、上からもう一枚の布団をかける。
   温度を一定にして発酵を待つ(冬場はホットカーペットの上が良い)
7: 8時間経過したとき1度へらで混ぜる、このとき、発酵が進んでいると細かな泡と、
   甘い香りがする。(この時酸っぱい香りがしたら危険信号、コップ1杯のホワイトリカーを
   加えて発酵を促進させる。)
8: 3日後、ポリ容器をかき混ぜてから、ざるで濾す。
9: 残った酒かすは、3倍に薄めて温めると(好みで砂糖を加えてもよし)
   酸味のさわやかな、ちょっと変わった甘酒になります。
10: 酒粕はかす汁や、酒種パンの酵母、粕漬、などに使えます。

* 生酒のためなるべく早く飲みきるほうが良いでしょう、冷蔵庫で1週間くらい保存できますが
  味は日々変化していきます。(だんだん酸味が強くなる)
  又、ビンの蓋を完全に閉めてしまうと、発酵したガスで割れたり、こぼれたりしますのでガス
  ぬきを忘れずに、注意してください。(蓋に小さな穴を開けておくなど)

* 良く冷やして飲むとたまりません。
 

by Utiopepe | 2008-03-12 23:04 | 食卓 | Comments(0)


<< なずな+ほうれんそう      ルッコラ >>