木の家具UMEKAWA くらしの話 ティオペペタイムス

tiopepeume.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 02月 04日

南京かんな

c0145438_18234185.jpg
c0145438_18244346.jpg



30年前、親方に教えてもらいながらやっと作った鉋の刃がちびてきました。
数年前からそろそろ新しいのを作っておかないと、いざと言う時仕事にならないと危機を感じていました。
寒さの続くこの時期、まずは適当な刃物を探し、ほしい刃の厚さ大きさに整え、
次は、ストーブを背中に、じっくりと赤カシの木に刃を仕込み、削る部分に真鍮の口金も付け、
やっとできあがりました。あと何年仕事ができるか解らないけど、よろしくお願いします。
(手前が30年物、刃の長さが違います)

by Utiopepe | 2008-02-04 18:47 | 仕事 | Comments(0)


<< 雪だ      がんもどき銀杏入り >>