木の家具UMEKAWA くらしの話 ティオペペタイムス

tiopepeume.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 01月 14日

三九朗(さんくろう)

三九朗・信州でも松本平のあたりではこう呼びます。一般的にはどんど焼・どんどん焼
昨日の雪もたいしたことなく、良い天気で今年もできました。
c0145438_10263894.jpg

左の石塔は「庚申さま」、かく部落の境目に有り、大切な場所です。
c0145438_10304631.jpg

火が少し収まると、持ち寄った、餅や「まゆだま」をわらの灰の中に埋め、焼いて食べます。
縁起物です。

by Utiopepe | 2008-01-14 10:35 | その他 | Comments(0)


<< ジャンピング・ペペ      蕎麦の石抜き >>