木の家具UMEKAWA くらしの話 ティオペペタイムス

tiopepeume.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2007年 12月 07日

餃子鍋

c0145438_2125729.jpgc0145438_21415100.jpg


寒くなると鍋料理がひんぱんに登場する我が家の夕食です。
今夜は餃子鍋。

餃子の皮は強力粉400gに水220ccで80個作りました。
中国人の知り合いの方に教えていただいたやり方で、20センチほどの麺棒で
1枚ずつのばします。手間はかかりますが、この皮がおいしさの要です。
中身は白菜、豚ひき肉、ねぎ、しいたけ、しょうがで作りました。
その3分の1にはかに缶を加えて2種類にしました。

食卓でぐらぐらに沸かした湯のなかに、薄切りのかぼちゃ、餃子を入れて蓋をして
しばらく煮、途中で刻んだオータムポエム(アスパラ菜)も入れ、
餃子が透き通るようになったら、黒酢、しょうゆ、豆板醤などでいただきました。

餃子が主食なので3人で、1回12個ずつゆでて、4回ほど繰り返し、残りは冷凍しました。
この鍋ではかぼちゃが大人気、オータムポエムも大好評でした。

今回娘が図書館で借りてきた本「おいしさのひみつ」ウー・ウェン著の粉と水の分量で
作ってみました。作りやすかったし、もちもちしたおいしい皮でした。

SUMIYO

by utiopepe | 2007-12-07 21:43 | 食卓 | Comments(0)


<< オーディオ キャビネット      おひさま大好き >>