2017年 01月 08日

松根油

ショウコンユ と読みます。
漆塗りに使用する薄め液をガムテレピンと言いますが、これが松根油だそうです。

この油が太平洋戦争の末期、飛行機を飛ばすために使用されました。
随分前の話のように思えますが、毎日散歩道で傷跡を見ています。

右はクヌギ、左側の根元近くの傷に注目してください。
c0145438_148383.jpg

アップの画像ですが、痛々しいです。
c0145438_1481528.jpg

これは別の木
c0145438_1483824.jpg

これもまた傷がついています。
c0145438_1491799.jpg


お宮の境内の太そうな松の木にはほとんど傷がついています。
お年寄りに聞いた話では、小学生に集めさせ、学校でまとめて、
それを軍隊が管理している村の施設へ運んだそうです。

最近の若い子は、戦争が遠い国の話にしか感じないそうですが、
実はつい最近にこの国が戦争をしていたのです。他人ごとではないはずです。

松の根っこの傷跡を見るたびに、戦争のことを考えてしまいます。

by Utiopepe | 2017-01-08 14:29 | さんぽ道 | Comments(0)


<< 春の陽      2017年 おめでとうございます >>