木の家具UMEKAWA くらしの話 ティオペペタイムス

tiopepeume.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2016年 12月 02日

鮭の町

娘の新潟市での展示会の搬入に合わせ、新潟県の北部の町、村上市に行ってきました。
高速を使えばビックリするくらい早く(3時間半くらい)着いてしまいました。
昼頃に新潟市に到着、昼食を済ませ目的地の村上市までは海沿いに下道を北上。
雨交じりの横風の中、左側に日本海の荒波を見ながら1時間半ほどのドライブ。
村上の宿泊地、瀬波温泉への少し手前の漁港(岩瀬地区)はなかなか良さそうでしたが、
あいにくの天気で外に出る気にもなれず、旅館まで直行しました。
それにしても海辺というのは風が強い、信州では一年に一度くらいの風が毎日吹くようだ。

旅館でおいしい鮭料理を堪能して温泉につかり、翌朝お決まりの犬との散歩ですが、
風が強すぎてまともに歩けず、ほんのちょっとでギブアップ。
旅館の人に聞いたら、この時期の朝夕は毎日風が強いそうで、またビックリ。

鮭の町に来たんだから、どうしても行かなければということで、「イヨボヤ会館」へ。
鮭に関する町の歴史、道具、生活ほかいろいろ興味深い施設でした。
中でも圧巻は、鮭が遡上して産卵をする様子をガラス越しですが見ることができました。
会館の地下から三面川の産卵場所まで地下通路が作ってあり、川の中を見ることができます。
オスメス共に産卵場所の確保、受精のための縄張り争い、見ていてもつらくなりました。
水族館の魚と違いワイルド、ボロボロではありますが、必死さに感動。
c0145438_7302990.jpg

c0145438_73044100.jpg
c0145438_7305715.jpg


10月26日に受精させた卵が発眼した様子も見ることができ幸運。
ずっと見ていると所々でチョコ、チョコと動いて不思議なものでした。
c0145438_7312040.jpg
c0145438_7313643.jpg


by Utiopepe | 2016-12-02 07:52 | その他 | Comments(0)


<< おー見えるんだ      さみしい秋 >>