木の家具UMEKAWA くらしの話 ティオペペタイムス

tiopepeume.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2016年 11月 02日

鷲津 

またまた仕事での遠出でした。
今回は愛知と静岡をまわり、納品の次の日は、浜名湖のほとりの町 鷲津で観光でした。

最初は豊田佐吉記念館、秋の気持ちの良い散歩を楽しみました。
豊田佐吉の事を全く知らなかった、最初に作った機織り機の工夫は見習うべきことありでした
c0145438_74999.jpg


次は本興寺、谷文晁の襖絵が有名で文晁寺とも呼ばれています。
茅葺の本堂は国宝。写真よりずーと大きくて安定感も有り、シンプルで見ごたえありでした。
c0145438_7534242.jpg


庭は小堀遠州の作。池の中ほどにそれなりの大きさの島があり、そのために、
ぐるーと周りから見る景色に変化が生まれ、コンパクトでありながら見ごたえと奥行きを感じる庭でした。
c0145438_76540.jpg

c0145438_762343.jpg


これで終わりと思っていたら、女房が・・・・。龍潭寺に行けない?
また道を戻って行くの?・・・・ 結局、また次は無いかもと言う事で行って来ました。

このお寺も由緒正しきお寺で徳川家代々の菩提寺で、井伊直弼の先祖、井伊家の菩提寺でもあります。
庭はこれまた小堀遠州、先ほどとは違い横に長く、山に見立てた岡が三筋ほどあり、
岡に挟まれた谷は深く、水は流れていないながらも、深山の渓谷を思わせました。

観光客が団体で来るような処みたいですこし落ち着きませんでしたが、よい寺、よい庭でした。
ここは来年のNHK大河ドラマの舞台になるそうでした。

by Utiopepe | 2016-11-02 08:16 | 仕事 | Comments(0)


<< 11月の夕空      三渓園 >>