木の家具UMEKAWA くらしの話 ティオペペタイムス

tiopepeume.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2015年 04月 03日

保福寺峠

醤油作りの仕込み水を汲みに、保福寺峠の手前の「一遍水」に行って来ました。
今年は雪が少なかったのか、何とかたどり着けましたが、細かな落石、倒木だらけです。
看板を見て辞めようかとも思いましたが、行ける所まで行って、だめだったら戻ればいい。
狭い山道を不安を抱えつつ、のんびり、ゆっくり、景色を眺めつつのドライブ。
c0145438_7152728.jpg

それにしても険しい山道です。山の斜面は45度くらいなのかな?
遠くの雪山は日本アルプス、ウエストンが初めて見た山塊です。
c0145438_747161.jpg

カラマツの芽が赤色を増してきて、春はすぐそこに来ているのを感じます。
c0145438_749977.jpg

白樺が点在する山肌、手前の黄色の花はジシャでしょうか。
c0145438_7493036.jpg

それにしても山奥、人の気配よりも、獣・山の精霊の気配のほうが濃厚。

帰り道、ゆっくりとカーブを曲がると、道の真ん中に鹿、一頭だけの若い雄鹿です。
気が付いても、それほど慌てるふうも無く、ひと足、ふた足であっというまに急斜面の林の中。
ほど良く距離をとり、振りかえり、こちらを観察しています。
あわててカメラを取り出し、レンズを向けると、ゆっくりと消えて行き。
尻の毛の白さ、ピンと立った尻尾、後ろ姿の若々しさが印象的な一瞬の出来事でした。

by Utiopepe | 2015-04-03 08:07 | その他 | Comments(0)


<< 白川郷      テレビ台 >>