木の家具UMEKAWA くらしの話 ティオペペタイムス

tiopepeume.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2015年 02月 20日

芋やきもち

c0145438_9211738.jpg

夫からのリクエストで久しぶりに作りました。
木曽・馬篭地方で作られてきたものだそうです。
煮た里芋とその煮汁でそば粉や小麦粉を煮たものをまぜた素朴なやきもちです。

材料  皮をむいた里芋 500g  そば粉 80g  小麦粉 20g  塩少々

作り方 ①里芋にかぶるくらいの水と塩を入れて軟らかく煮る。1度火を止める。
     ②そば粉と小麦粉を硬めに水どきし、①に入れて全体をかきまぜ、もう1度火をつけ、
      木じゃくしでかき混ぜながら焦がさないように煮詰める。
     ③食べやすい大きさに丸めて焼き、しょうがじょうゆやねぎみそなどをつけていただく。

     米 焼き方は金網で焼いても、フライパンで油をひいて焼いても・・・
     米 バター焼き、砂糖じょうゆで付け焼きにしても・・・

以前作っていた頃は、すべて購入した材料でしたが、今回はそば粉、里芋、しょうゆが自家製で
ふたりで、「おいしさもひとしおだね」と喜びをわかちあいました。

SUMIYO

by Utiopepe | 2015-02-20 09:43 | 食卓 | Comments(1)
Commented by きんぴら店長 at 2015-03-10 18:16 x
お久しぶりです。
うまそう。
只今風邪引きで寝込んでいます。
明日元気回復したら森へ行きます。

焼き餅作ってみようかな。
里芋無いんで、ジャガイモで。

追記
こちらはまだ寒さ厳しく緑の雑草が目立ってきません。


<< 緑餌      今日のティオペペ >>