木の家具UMEKAWA くらしの話 ティオペペタイムス

tiopepeume.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2014年 05月 29日

ちりめん本箪笥

やっと出来ました。
やってみなければ分からない事があります、
簡単そうに見えても、実際作ってみると、大変な事ってありますね。
今回が正にそれ、数がいっぱい有って、それが細かい。
やっても、やっても、終わらない、持久戦かな?
c0145438_551197.jpg

木材はキハダ、抽斗は桐、つまみは真鍮です。
c0145438_5511293.jpg

すべての抽斗にはアクリルの板が乗っています。
静電気を防ぐ、整電アクリルの4ミりです。
ガラス板の様に綺麗に中は見えませんが、割れることが無い安心感があります。
c0145438_5512485.jpg
c0145438_5513459.jpg

抽斗の深さは5種類あり、一番浅いので13ミリ、上の方の8杯です。
次からは3杯ずつあり、一番深い抽斗は最下部にひとつだけです。
出来あがってみれば、やっぱり何が大変だったのか、実感がありません。

by Utiopepe | 2014-05-29 06:21 | 仕事 | Comments(0)


<< さくらんぼ 鈴なり      ちりめん本 >>