木の家具UMEKAWA くらしの話 ティオペペタイムス

tiopepeume.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2014年 03月 24日

豊川稲荷

女房の実家は豊橋市、お隣の豊川と言えばお稲荷さん。
少しゆとりのあるスケジュールだったので行って来ました。
前日に豊橋の材木屋さんで話題に出た、お稲荷さんの正門。
鏡板がケヤキの玉杢で、幅広、それは見事だと。
確かに見事でした。巾は4尺以上、長さも3メートルはありそう。
c0145438_6485533.jpg

こんな調子で全面です。
c0145438_6491355.jpg

本殿でお参りして、奥の院まで散歩の帰り道、千本のぼりとか書いてありましたが、
のぼりで出来た迷路のよう、参道の真ん中に木が有るのもご愛嬌。いいです。
c0145438_6493068.jpg
c0145438_6494981.jpg

庭が見事で、手入れも行きとどいていました。
おまけに、甲羅干しの亀まで付いていました。
c0145438_6501197.jpg

天気は良いし、楽しい参拝でした。
商売の神様ということで、仕事が続けられますように、しっかりお参りしてきました。
c0145438_6503420.jpg


by Utiopepe | 2014-03-24 07:01 | その他 | Comments(0)


<< インチ バイ インチ      そばクレープと柚子みそ >>